Sunday, June 24, 2018

b6babac3


釣りをしていると誰しも経験する「根掛かり」という、とってもイヤなトラブル。
上手いこと根掛かりが解消されれば良いですが、ラインが切れてしまえばルアーはロスト。
環境に良くないばかりか、経済的なダメージと精神的なダメージも相まってなんとも惨めで悔しい思いを強いられます。
なるべくなら根掛かりはさせたくないし、した場合は絶対回収したいと思うのはアングラーとしては当然のこと。
僕も出来る限りの努力をしてスタックしたルアーやリグを回収したいと現場で粘りますが、あまり回収できた記憶がありません。
では、「いったいどうすれば根掛かりを感知し、外すことができるのか?」
今回はその方法が書かれたレオンさんの有り難いブログをご案内。
今まで自分がやっていたことが、実はあまりよろしくない方法だったってことが良く理解できました。
根掛かりは釣りとは切っても切れない関係あるトラブルなんで、全アングラー必見のテクニックなんであります。
下の関連記事にも根掛かり回収関係の記事を貼っておきますんで、あわせてご覧ください。

スポンサードリンク



by カエレバ


関連記事
ハードルアーの根掛かり回避をレオンさんが伝授
これは使える!? 鉛1個の簡単根掛かり回収術
気になるルアー回収機を4つまとめてインプレ

スポンサードリンク

ksgwd001


オンスタックルデザインさんのオフィシャル動画に、ライトワインドでのカサゴの釣り方を分かりやすく解説した動画がアップされているのでご案内。
カサゴの楽しみ方といえばテキサスリグやジグヘッドでボトムをじっくり探るというイメージですが、今回はワインドで「チャッチャッチャッ!」とやって捕食スイッチ入れ、カサゴ先輩にワームをガッツリと頬張って頂く釣り方。
使用タックルから操作法、アタリの取り方を手取り足取り教えてくれるので、ビギナーさんでも大丈夫。
アクティブでテンポの早いカサゴワインドを、是非お楽しみください。


スポンサードリンク




by カエレバ


関連記事
ダウンショットアジングを動画で優しく解説
ライトワインドでカマスを狙う実釣動画を紹介
ボトムワインドで狙う サーフのマゴチ&ヒラメ


スポンサードリンク

metal_madai

ポッキンさんがベイトタックルを使用したマダイのメタルゲームを紹介する動画がアップされているのでご案内です。
前半は潮の流れが把握できる日中で、この釣りの基本的なパターンを紹介。
潮上にキャストし流れに任せながらメタルジグを送り込んでいく、ベイトタックルならではの釣り方をチェックしておきましょう。
動画の後半は暗くなってからの実釣解説で、この釣り独特の「聞きアワセ」や探るような釣り方に注目。
メタルジグの釣りというとテンポの早いイメージがありますが、スローにじっくりと誘うこの釣りはアジングに通じるものがあるので、繊細な探るようなスタイルが好きな方にオススメかも。
関連記事にも過去に紹介したポッキンさんのマダイゲームのリンクを貼っておきますんで、興味のる方はあわせてご覧ください。


スポンサードリンク




by カエレバ
 

オフト(OFT) シャドーシュート 6g #06 ピンクバックゴールド

関連記事
ポッキンさんのマダイゲームを一部始終公開
激流の紅いヤツを攻略!ポッキンさんの実釣動画
メタルジグのドリフトでマダイを狙い撃ち!
新ジグ シャドーシュートをポッキンさんが紹介


スポンサードリンク


machinu01


チヌのボトムゲームといえば、リグを底まで落としてそのままズルズルとボトムをトレースしていくのが一般的。
この釣り方はチヌゲーというものが生まれた時からずっと受け継がれてきている基本スタイルで、今でも多くの人がこの方法で楽しんでることと思います。
底を引いてくるだけという手軽で簡単な反面、常に根掛かりの危険と隣合わせなんで好きになれない人も居るはず。
僕もそんな1人で、トップ以外のチヌ釣りはほとんどやらないんですね。
しかし、今回はそんなチヌゲーの欠点を解消する釣り方を紹介。
ボトム付近をドリフトさせる釣り方や、リグをダートさせリアクションで食わせるんで、根がかる確率は大幅にダウン。
しかもデイゲームもOKなんで気軽さも倍増!
トップに反応しない時に試してみるのも良いですな。

スポンサードリンク



by カエレバ


関連記事
ボトムバンプでバイトを掛ける! ハイテンポなチヌゲーを紹介
かち上げ式リアクションなデイチヌゲームを紹介
エビやカニ、小魚だけじゃない!? まさに雑食というチヌの偏食パターン


スポンサードリンク



3921d2f7


テクニックやタックルを語る以前に、それなりに魚を釣るのには必要な事柄があるんですね。
それを意識するのとしないのとでは釣果にも影響が出てくるし、意識することを常に心掛けていれば、さらに価値ある魚に近づくことか可能になります。
「釣れた」から「釣った!」を変えるには、ターゲットの習性や生態を知ること。
大切なのは捕食する側の視点に立って観察し、考えること。
どうしてヒットしたのかを考えると、ルアーフィッシングはもっと楽しくなるはず。
彼らの捕食場所、捕食行動を理解して、食べやすい状況を作ることって結構重要なんです。
今回紹介する健太郎さんのブログを読んで、いろいろな生き物に好奇心を向け、「なぜ?」って考えることも訓練になるかもと思った次第です。
彼らの視点で観察してみると通い慣れた釣り場がまた違った風に見えて、楽しみも増えるかもしれませんよ~。

スポンサードリンク



by カエレバ

関連記事
やっかいなウィードエリアの攻略はメバル目線&状況にマッチしたタックルが重要
釣れる魚の見つけ方を体験談を絡めつつ分かりやすく解説
「透けているのになぜ釣れる?」 クリアカラーの正体とリブの秘密を解き明かす


スポンサードリンク

leonplug01


アングリングソルトの動画に、メバリングアングラー必見のハウツー動画がアップされているのでご案内。
メバルをプラグで釣る場合「タダ巻きで釣れる」とか「ほっとけで釣れる」、「水面直下が良い」とか「トゥイッチを入れる」などいろいろと操作や食わせ方について言われますが、実際どれくらいのアクションやレンジ、スピートが良いのかが文章や写真でははっきりと分かりません。
僕もこの辺りが良く分からなくって、悶々とすることがあったんですが、この動画を観て一気に腹落ち。
自分の釣りを振り返って「あ~、動かし過ぎだったんやね…」って思い当たることもあったんで、プラグでメバルを狙っている方は必見。
なかなか釣果に恵まれないって人は「ルアーは動かすもの」ってイメージが強すぎて、それが裏目に出てるんだと思うんですね。
この動画をじっくりと観て、リーリングスピードやルアーのアクションをしっかりと覚えてくださいませ。

余談ですが最近ちょいと気になってる事柄を。
一般のアングラーさんや業界関係者さんまでもが結構「プラッキング」って言葉を使いますが、正式には「プラッギング(plugging)」が正しいと思うんですね。
ちょいと引っ掛かってたので、念のため。

スポンサードリンク



by カエレバ
 

by カエレバ

関連記事
アミパターンのメバルプラッギングで重要なトゥイッチの質とキモを解説
レオンさんが教えるメバルプラッキングの極意
釣れるメバリングプラグのリトリーブ速度を伝授


スポンサードリンク

4d92d348


毎度濃ゆいネタを教えてくれる梶本さんのブログに、攻撃的スタイルのオリジナルリグが紹介されているのでご案内。
このリグの名称に使われている「BBS」とは「ブラインドバックスライド」の略でございまして、読んで字の如くリグをバックスライドさせちゃう技なんですな。
バックスライドで思い出すのがブリーデンさんの「バイスライダー」とかtictさんのMキャロでして、「それほど目新しいモノじゃないじゃん」って思うかもしれませんが、それはちょいと早とちり。
このBBSの凄いところは、マイクロワーム単体をバックスライドさせてしまうところ。
キャロやスプリットのように間になにもかますことなく、ごく軽量でシンプルなリグでバックスライドが可能になる。
これは「極力シンプルなリグで繊細な釣りを楽しみたい」と願っているライトゲーマーのみなさんにピッタリなライトリグ。
魚を誘うえでも有効だし、物陰の奥にリグを送り込むのにも役に立つアクションなんでメバリングやアジング、そしてライトなロックフィッシュにもグッドなはず。
詳しいことが知りたい方は、今すぐリンク先へGO!

スポンサードリンク


by カエレバ

関連記事
ジャクソンの新型トッププラグ「エビパニック」で尺メバル捕獲!その状況と使い方を解説
「軽さ」だけで選んでない? ライトゲームでのリール選びをもうちょっと深く考えてみよう!
メバルプラッギングで重要なフッキングを成功させるためのロッドワーク


スポンサードリンク


ndkurodai


春も盛りを過ぎて初夏っぽい気候となってくれば、気になってくるのがチヌのトップウォーターゲーム。
早いところではもう釣果が聞こえてきているんですが、僕の地元では梅雨明け頃から本格的にスタートって感じです。
今の時期は追っては来るものの、トップには出きらずUターンってパターンが多いように思います。
技術的な部分もあると思いますが、もうちょっと水温が上がってこないとダメなのかな?と毎年思うワケです。
んで、トップチヌをやっているとチェイスはあるものの、なかなかバイトして来ないというもどかしい場面に出くわすことが結構あります。
あくまでもトップにこだわるっていう粋なスタイルもありですが、「見えた魚は釣らないと気が済まん!」って方に試して頂きたいのが、今回紹介するnadaの黒田さんのブログに書かれた方法。
「居るのに! 追ってくるのに!」ってもどかしい状況下に是非!
ちなみにnadaさんでは、この夏に新型トッププラグの発売が予定されているそうですよん。

スポンサードリンク


by カエレバ

関連記事
タフコンディションで年無しを引きずり出す そのテクニックを伝授
トップをとことん楽しんで釣果を得るための極意
ボトムバンプでバイトを掛ける! ハイテンポなチヌゲーを紹介


スポンサードリンク

hokkupoint


アジングやメバリングをやっていると、バイトがあるのにフッキングしないってことが多々あります。
それはレンジが合っていなかったり、ルアーがマッチしていなかったりと原因は1つではないんですが、実は意外と見落としがちな基本的なことが原因だったり。
そこんとこをしっかりと解消してやらないと、どんな最先端の高級タックルを使おうが、リグや誘い方がバッチリだろうがお構いなしにバイトは取れません。
オマケにそれを怠っているがためにみすみす釣れる魚を逃し、場を荒らして魚たちをスレさせちゃうってな自体にまで発展しかねません。
ってなワケで今回は、その基本にしてキモの部分を教えてくれている矢野さんのブログをご案内。
この部分にこだわってる人ってのは、新品購入時からすでにチェックしているほど。
僕も気がついたら必ずやっていることでして、確かにこれをやらないでいると釣れる魚も釣れません。
これはアジングやメバリングに限らずすべての釣りに共通することなので、アングラーの皆様におかれましては速やかに習慣とされることを推奨させて頂きます。

スポンサードリンク


by カエレバ

関連記事
ベイト変化でチェンジ! レンジクロスヘッド&フロードライブヘッドの使い分け動画
ギンギンに研ぎ澄まされた針先を持つジグヘッドを徹底的にインプレ
気になるジグヘッドの要の部分を超拡大でお届け


スポンサードリンク


スポンサードリンク

d9ef22003e97f40585171d3fc670edc7-559x370


アルカジックジャパンさんのオフィシャルブログに、春から梅雨にかけての瀬戸内海のゴロタのメバリングについて書かれた記事がアップされているのでご案内。
今回のターゲットは、潮通しの良いゴロタや磯場にベイトを求めて回遊してくる個体や居付きの大型。
それらをキャッチするためにはどのようなリグで、どのような釣り方をすれば良いのかをブランドビルダーの木下さんが解説してくれちゃいます。

スポンサードリンク


by カエレバ

関連記事
ピン狙う「黒原流 巻かないフロートゲーム」
藤原真一郎がFシステムを実釣解説&大解剖
ゴロタの尺超えメバルをゲットするジグ単&フロートリグ実釣講座


スポンサードリンク

e31a68c3


海でのベイトタックルの釣りはタックルの進化のお陰で認知されてきてはいるものの、ソルトアングラーの間ではまだまだ普及しておらず一部の人に楽しまれているように感じられます。
とくに軽いリグを扱うライトアングラーにとってはベイトリールは扱いにくく、あえて使わなくてもスピニングタックルで普通に釣れるというのも浸透しない理由ではないかと思うんですな。
しかし今回紹介する梶本さんのブログに書かれているスピニングリールには絶対に真似できないフォールテクニックなどを読んで「そんなことできんの? マジで!?」って感心しちゃったのでご紹介。
ナウでヤングなベイトリールの使い方が書かれているので、ベイトフィネスな釣りを諦めちゃった人やイマイチ使いこなせない方、このタックルを使い熟したい方は是非ご覧ください。
ベイトタックルはリールの操作さえも楽しんでしまえるマニュアルチックなところも魅力のひとつ。
小難しいイメージはありますが、楽しみ方が良く分かると思いますよん!

スポンサードリンク


by カエレバ

関連記事
ベイトタックルの誤解や先入観を解消しちゃう話
ソルトベイトフィネスの可能性を探る第3弾
SWベイトフィネスの可能性と問題点を考察


スポンサードリンク

96daaa6b-s


ルアーやリグにはその存在は知っていてもなかなか手が出せないモノってのがありますが、ソルトライトゲームの場合その最たるものがフライなんじゃないかと思うんですね。
フライをやったことがなくても渓流や川、湖などで普通に釣れることは知っていると思うし、歴史の古い釣りであることも知っているはず。
またソルトフライを楽しんでいるフライフィッシャーマンも実際に居るわけだから、釣れないワケはないんですね。
使われない理由というのも結構思い浮かぶんですが、結局は「わざわざフライを使わなくても魚が釣れる」ってことなのでしょう。
しかし、プラグやメタルジグ、ワームを使っても反応しなかったメバルが、カブラを投入したら釣れるということもあるように、フライにもそんな側面があるようなんですね。
ってなワケで今回はいつの間にか復活していたおさかな釣る釣りさんから、フライに関する記事をピックアップ。
なにをやっても反応しない時の最後の手段、また極小ベイトパターンのメインリグとしても効果的なんで、興味のある方は是非ご覧くださいませ。

スポンサードリンク



by カエレバ

関連記事
釣り上手が伝授するアミパターンおすすめプラグ
釣れるのに使われないカブラという逸品ルアー
海面で無数に蠢く浮遊性微生物群の正体とは


スポンサードリンク


ikaptnaj01


じょーじ山本さんの自画撮りアジング動画が、アンソル動画にアップされているのでご案内。
今回は8gから20gのメタルジグを使って遠投し、沖を探るアジングを紹介。
本動画の見どころは、実況解説付きでじょーじさんの多彩なアクションがじっくりと見られるところ。
魚の様子を窺いながらウェイトをチェンジし、食い気のあるヤツを釣っていきます。
予想外の大きなゲストとの緊張感走るやりとりも収録。
約13分の短い動画ながら、濃ゆい内容となっております。
下の関連記事にもメタルアジングのネタを貼っておきますんで、興味ある方はあわせてどんぞ。

スポンサードリンク


by カエレバ
 

スポンサードリンク

odzajing001


ライトゲームのジグヘッドの中で1番尖ってるヤツと言えば、土肥富さんちの「レンジクロスヘッド」&「フロードライブヘッド」ですね。
スッ…と刺さってくれるギンギンに研ぎ澄まされたフックポイントは、ちょいと狂気を感じるほど。
僕もアジングの時は絶賛使用中のお気に入りでして、まだ使ったことがないお友達には絶賛オススメ中の逸品でございます。
んで、この2つのジグヘッドですがパッと見が似たような雰囲気なので、使い分けが良くわからんって方もいらっしゃると思うんですね。
ってなワケで今回は、これらを使い分けている実釣動画を開発担当の矢野さんがアップしてくれちゃってるのでご案内。
以下に貼って起きますんでご覧ください。
ジグヘッドをチェンジする理由と、キャストからヒットまでのロッドアクションに注目です。
ちなみにコチラでは「tict UTR-58T」のライトなインプレが読めますよん。
興味のある方は、ぜし!

スポンサードリンク



ODZ(オッズ) フロードライブヘッド 6号/1.0g ZH-39-F【あす楽対応】
by カエレバ
 


ODZ(オッズ) レンジクロスヘッド 1.0g KN ZH-38-K【あす楽対応】
by カエレバ
 

関連記事
ギンギンに研ぎ澄まされた針先を持つジグヘッドを徹底的にインプレ
土肥富のodzからギンギンに超鋭い新型ジグヘッド&自作用フックが登場!
気になるジグヘッドの要の部分を超拡大でお届け


スポンサードリンク

skup001

さてさて今回は、溜め込んでしまったスキルアップ系のブログのご紹介です。
製品情報より濃度が濃い目のお話なんで、本来はじっくりとお伝えしたいところなんですがご勘弁を。

スポンサードリンク



まずは大人気で瞬時に売れてしまう、レオンさんプロデュースのINX.Labelのルアー関連の話題から。
いつもプラグ系の情報を提供してくれているゆーすけさんがS.P.Mの使い方シュガーミノースリム70Fの使い方を書かれているので、気になっている方やイマイチ使い方がわからないって方はどんぞ。
また、S.P.Mに関する質問についてレオンさんがお答えしているコチラのブログも参考になります
実際にS.P.Mのアクションを確認したいって方は、コチラの動画の冒頭部分にチラッとスイムレンジとアクション、そしてフォールの映像が紹介されているのでチェックしてみてください。
さらにレオンさんのブログからソルトベイトタックルの話題です。
「ソルトでベイトタックル使ってみたい」って方や、「本当のところ必要なの?」って方は読んでみてくださいな。

お次はWackyさんのスプーンの使い方講座です。
オフィスユーカリさんのスプーン「KOKORO SALT」の使い方をコチラコチラで解説されています。
またギガスクリューをスプリットショットで使う方法も紹介されているので、「引き抵抗がなくって使い難い…」って方は参考にされてください。

んで、ちょっと面白いかもと思ったのが、しゅんさんの「シーバスにブラックバスのミドストを試してみた」
バス釣りのテクをソルトターゲットで試してみるのも楽しいかもしれませんね!

さて、皆さんはプラグのラインアイにデフォルトで装備されているスプリットリングを外して使っているのか、それともそのまま付けて使っているのでしょうか?
コチラの記事を読んでちょっと疑問に思ったんでリンク貼っておきます。
モノによってはスプリットリングやスナップをつけた状態で使って欲しいってのもあるようなんで、基本的に外しちゃう派の僕は悩むのでありました。
そんなアイテムはパッケージに書いてくれれば良いのにね。

BlueBlue(ブルーブルー) ブローウィン 80S 80mm #12 ゴールドサバ【あす楽対応】
by カエレバ

アジングではちょっとの差で釣果が分かれちゃったりするんで、その「ちょっとのこと」に気づけるか否かが意外と大切。
その大切な「ちょっと」の部分をちょろり書かてる古賀さんのブログはコチラ
アジのショートバイトに悩んで方はお試しあれ。

そしてなんだか良い釣りされるなぁと思ったのがナオフィッシュさんのブログ
相変わらずフロートリグが苦手な僕ですが、こんな釣行記を読むとゴソゴソとケースに眠っているぶっ飛びロッカーを引っ張り出してくるのです…。

最近ずっとメバルをプラグ縛りで修行しているんですが、プラグ経験の浅い僕はワームやカブラに逃げたい気持ちをグッとこらえて、迷いながら疑いながら使うワケです。
このプラグで良いのか? ちゃんと意図したレンジを泳いでいるのか? アクションは合ってるのか? とか。
そして、「ひょっとしたら評判のあのプラグが釣れるかも!」とか「新作のプラグのあのコンセプトは素晴らしいから釣れるかも!」とか思っちゃうんです。
しかしそれって結局、「いま持っているプラグたちの特性が理解できてないから、不安になるんだよねぇ」って気づかせてくれたのがIKE-Pさんのブログでした。
最近プラグばかり買い漁っていましたが、いま持ってるプラグ達をしばらく使い倒してやろうと心に誓った次第です。

以上、技術向上系のブログやコラム的なもの取り上げてみました。
一気に読むのは大変かと思いますので、コーヒーでも飲みながら読んでみてくださいませ。

それでは皆さん

「May The "釣果" Be With You.」(釣果と共にあらんことを)

関連記事
紹介しきれなくて溜め込んじゃったライトゲームな情報をドッギャーンと放出
ウカウカしててお知らせのタイミングを逃しちゃった、ちょいと気になる情報をリンクで紹介


スポンサードリンク

mjmeba001


アングリングソルトの動画に、レオンさんの堤防メバリングの動画がアップされているのでご案内。
メバリングの主戦場は何と言っても常夜灯のある防波堤。
闇磯やゴロタ、サーフなんかで釣りをするスタイルもありますが、今回は基本の明かりつきのメバルです。
しかし、明かりがあるからといってどこでも良い釣りができるってワケじゃないのがメバル釣りの難しいところ。
本動画では「釣れる防波堤」の見つけ方をレオンさんが伝授。
また、ボトムのエサを捕食しているディープなメバルを狙うためのメタルジグも解説。
センター、フロント、リアといったバランスの違うものを用意し、それぞれの特徴を紹介していきます。
そして動画の後半からは、いよいよ実際にメタルジグやちょいデカ系プラグを使って実釣開始。
風が強くシブい状況のなか、いかに魚を見つけ釣っていくかをご覧くださいませ。


スポンサードリンク


【ブリス】海楽疑似餌 メバジーFW 2g/4g[ネコポス:3]
by カエレバ
 

関連記事
使い方はアイデア次第! 可能性にあふれた異色のメタルジグ「シーライドミニ」の遊び方
バイスライダーで解説するレオン的カラーチョイス
メバジギ名手の必殺技・ツーチョンメソッドとは


スポンサードリンク

kenmeba001


メバルがそこの居るってわかっていても、ちょっと手を出し難いポイントと言えば藻場ですね。
フックが藻に掛かってイラッとするし、釣った魚に潜りこまれちゃったり、ラインブレイクしちゃったり…。
ついついそんなネガティブイメージが頭のなかでグルグルしちゃって、手が出せなくなっちゃいます。
しかし、そこを克服しさえすれば藻場に潜むメバルはキャッチしたも同然。
アプローチのやり方と状況にマッチするタックルさえあれば、そんなに恐れることはないんですな。
ってなワケで今回は、そんなウィードびっしりエリアの攻略を紹介している健太郎さんのブログをご案内。
具体的な釣り方からタックル、そして魚目線での考え方の重要性などが書かれているので、全国のメバルっ子に読んで頂きたい1本です。
ちなみに僕が藻場攻略で良いなと思っているのはコチラ
現在ライトゲーム用は名称を変更してスライディンヘッドとして売られているようです。
釣りの世界も人間関係と一緒で、おなじ目線や立場で物事を考えるってのは大切な事なんですな。


カツイチ(KATSUICHI) DECOY スライディンヘッド SV−46 2g
by カエレバ
 

関連記事
【藻場攻略】ウィードエリアで活躍するスプーンのロッドワークを解説
飛距離だけじゃないフロート系リグの使い方
藻からぶち抜く! カバーメバリングのすすめ


20160418_1654349


ルアーの釣りってヤツはどうしても「泳がせて釣る」、「動かして釣る」ってイメージが頭から離れないものです。
かく言う僕も以前まではワームもプラグもすべて「巻きの釣り」。
「動かしてナンボ」でやってたんですが、「巻かない釣り」、「動かし過ぎない釣り」を覚えてから釣果も上がりました。
そして今回ご案内する武田さんのブログにも、タックルハウスさんの「オルガリップレス」や「ピットスティック47」を使ったスローな釣りが紹介されています。
「オルガリップレス」を巻いて使っている方は、是非「タケダ式スーパーロングドリフト釣法」をお試しください。
ポーズの時間は魚の状況に合わせて、もうちょい長めにとっても良いと思いますよ~。
しかし、オルガリップレス&ピットスティック47のGo-Phishオリジナルカラー、とっても可愛いですな!


タックルハウス(TACKLE HOUSE) ショアーズ オルガリップレス 43(アミボール)
by カエレバ
 
タックルハウス(TACKLE HOUSE) ショアーズ ピットスティック 47 15(アミ/ラメ)

関連記事
注目のメバリングプラグ「 SHORES オルガリップレス」の特徴を解説
タックルハウスの新型小型プラグ「オルガリップレス」の水中映像をドドンと紹介
ショアーズ ピットスティックの水中アクションを動画で観察しちゃおう


DSC07002

ヤマガブランクスさんのスタッフブログに、メバルのアミパターンにおけるプラグ操作のキモが書かれてるのでご紹介。
ここんとこ集中的にメバルプラッギングのアミパターンネタを扱っていますが、本日はそのキモの部分であるアクションの質についてです。
プラグ操作でよく使われる「トゥイッチ」ってのがありますね。
ロッドをチョンチョンってやって、プラグにアクションを与えるアレです。
アミパターン攻略でも「リトリーブ後にトゥイッチを2、3回入れてポーズ」ってのが良く出てきます。
しかしこの「トゥイッチ」ですが、実はその強さで釣果が変わってくるらしいんですね。
もしそれがホントであれば、これはちょいと無視できない事実。
「じゃあ具体的にどんな操作をすれば良いのか?」ってのが、プラグっ子としては知りたいところ。
その辺の力加減から釣れるアクション、そしてオススメのプラグや「なぜアミパターンにはプラグが有効なのか?」ってことまでも書かれてますんで、ジグ単で釣り悩んでいる方、「自分、プラグ使ってもちっとも釣れないんすけど…」って方に是非読んで頂きたいエントリーなのです。


スミス(SMITH LTD) ガンシップ 36F 04(クリアーグリッター)
by カエレバ
 
タックルハウス(TACKLE HOUSE) ショアーズ オルガリップレス 14(クリアグローバック)

関連記事
「アミ、バチ、コイカ」のメバルゲームで使用するプラグ達をご紹介
常夜灯周辺のアミつき尺メバルの狙い方を岩崎林太郎が紹介
思い込みは排除してベイトの切り替わりを見極めパターンを見つけるプラグ術


twwwvjnpvr2w6b4dtooo-7310b225


ルアーって釣道具は使い込んでいくと良い面も悪い面も分かってくるもので、それらが分かってくると今よりもずっと奥深い面白い釣りができると言われています。
僕はこんなサイトをやっていますが、まだまだその辺の腕前はヒヨっ子。
更新に追われながらも日々精進しているワケです。
まぁそんな僕のことは置いといて、今回の主役ルアーはブルーブルーさんとこのメタルジグ「シーライドミニ」。
このライトゲーム向けのメタルジグはちょいと特殊な形状をしておりまして、裏側にぽっこりと膨らみがあるんですね。
まさにこの部分がシーライドミニのキモ。
この膨らみがボディー形状とあいまって独特の使い心地やアクションを生み出し、通常のメタルジグとはちょいと違う使い方ができるそうなんですね。
この辺りが使い込んでみないと見えてこない部分であって、噛めば噛むほど面白みが分かってくるというところ。
ってなワケで今回は、このスルメのようなシーライドミニをマニアックな使い方で楽しんじゃってるもっつぁんさんのブログをご案内。
僕も「こんな使い方あるんだ!」って関心しちゃったんで、みなさんも何か発見があるはず。
メタルジグの魅力や使い方がイマイチ分からないって方や、シーライドミニを使ってみたいって方は必見でございます。
もっつぁんさんのブログは濃ゆい内容のものが結構ありますんで、ほかの記事もオススメですよん。


スポンサードリンク




BlueBlue(ブルーブルー) シーライドミニ 6g #M17 マットチャート
by カエレバ

関連記事
やっちゃダメ!ロッドの扱いをイラストで紹介
気になるジグヘッドの要の部分を超拡大でお届け
回遊するアジを迎え撃つ際に知っておきたい釣り場のピンとメタルジグの使い分け



スポンサードリンク

スポンサードリンク

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]