Wednesday, February 3, 2016

hrsmajmb01


LureNewsの動画にヒロセマンのデイ&ナイトメバアジ動画がアップされているのでご紹介。
本動画はメジャークラフトから新たに発売されるニューロッドを使った実釣動画。
下に実際に釣りで使われたロッドの解説も貼り付けておきますんで、気になった方はチェックしてみてくださいませ。




メジャークラフト (Majorcraft) エヌワン (N-ONE) NSL-T762L/BF (ベイトモデル) / ソルト専用ベイトフィネスロッド [OT] 【02P30May15】【P26Apr14 送料無料】【smtb-KD】【RCP】【ロッド】
by カエレバ

関連記事
かち上げ式リアクションなデイチヌゲームを紹介
ヒロセマンが教えるデイゲーム楽しみ方動画
ヒロセマンがデイ&ナイトの金属アジングを解説




step4final

ルアーフィッシングをしていると「フックが飲まれる」ってことがちょこちょこと起きまして、これがリリースを視野に入れている釣りとなると「やっちまった感」に苛まれます。
思いの外に魚たちが高活性だったり、ベイトがぴったりとマッチしていたり、合わせが遅れたりすると起きてしまう事でして、ある意味回避するのが難しい事故のようなものでもあります。
釣った魚を持って帰って美味しく戴くときは別として、純粋に釣ることだけを楽しんでるときやキープサイズに満たない魚がガッツリとフックを丸呑みしていると非常に申し訳なくなります。
使っているルアーやリグ、フックによりますが、そのままラインを切って逃がしても大丈夫な場合もあるようですが、与えるダメージを極力少なくしてフックを外すことが可能であるのなら、その方が良いはず。
とゆーワケで今回は、魚にフックが飲まれてしまった際にフックを外す方法を紹介しているhebinumaさんとこのエントリーをご案内。
魚のサイズやヒットしたルアーの種類によっては難しい場合もありますが、ある程度大型の魚をジグヘッドやテキサスリグなどで釣った場合に有効と思われるので覚えておいて損はないはず。
ただし気をつけたいのはこの方法を試みる場合、絶対にエラを傷つけないこと。
もし傷つけてしまったら、諦めてキープすることをオススメします。

そして、もうひとつは誤って釣る側である自分にフッキングしてしまった場合の対処法です。
こちらもたまに耳にする(目にする)事故でして、なるべくなら経験したくない痛々しい出来事。
釣られる魚の立場を経験するには持って来いですが、やっぱり避けたいアクシデントです。
ちょっと生々しくて閲覧注意な画像や動画が含まれていますが、動画の中の人が体を張って実演していますんで、もしものときに覚えといた方が良いかと思います。
かなり気合と根性が必用だと思いますが、自信がないときは素直に医者に診てもらいましょう。

◆PX752A◆針外しプライヤー・70mmロングノーズ◆PROX・プロックス・大阪漁具
by カエレバ

【メール便可】ダイトウブク フォーセップロング180
by カエレバ

関連記事
針を飲んだ魚でも生存率が高い可能性がある件
フィッシュグリップを扱う際の注意点について




rux9bd348rpfxi8ak2rt-d19c0277
アジングにしてもメバリングにしてもバラさずキャッチするためには、くわえた瞬間にフッキングして、フックを硬い上顎に貫通させるのが確実かつスマートで美しいスタイル。
それを実現させるには感度も必要ですが、今回はそれよりももっと重要なフックポイントのお話です。
いくら電光石火の鬼合わせをお見舞いしても、肝心な針先が鋭くないとダメ。そしてムダ。
基本的に市販されているジグヘッドは大抵刺さりが良い印象を受けますが、メーカーによって刺さりの良さ、フックポイントの鋭さに違いがあるのかどうかってのは、正直使う側として知りたいところ。
ってなワケで今回は、その気になる部分を露わにしちゃったもっつぁんさんのブログをご紹介。
メーカーさんも出荷時に検品してると思いますが、たまに爪の上に針先を当てると滑る製品もあったりするので、購入時や釣行時に確認するクセをつけた方が良いですよん。
過去に超有名メーカーのパッケージに収められたトレブルフック全てが、爪に引っかからずに滑りまくったってことを経験してますんで。
しかし、近頃は顕微鏡モードの付いたデジカメが手頃な値段で手に入るので、メーカーさんも油断できませんな。

オーナー針 フックシャープナー NO.81104【あす楽対応】
by カエレバ

関連記事
光学顕微鏡でのフックポイント画像とその考察
随一の鋭さを持つJH「レンジクロスヘッド」登場
なぜフックが伸されバレるのか?その理由を解説

 

 





hira01


たまに九州のライトゲーマーさんのブログなんかに登場する魚で、そのファイトスタイルから別名「有明ターポン」なんてかっちょいい渾名で呼ばれているローカルなターゲットがいます。
このイカした愛称で呼ばれる魚の標準和名は「ヒラ」と言いまして、ニシン科の魚だそうです。
サッパやコノシロなんかにも似ていますが、それらよりも大きくなりWEB上の魚図鑑系サイトでは最大で50cmという記述があります。
が! 下に貼り付けた動画では、なんと70とか80とかって言うちょっと信じられないサイズのお話が飛び出てきます。
そんなサイズのヤツは見たことありませんが、そんなんが水面で跳ねたりしたらマジでターポンっすねw
しかもトップでも釣れるってんだから、これは立派なゲームフィッシュですな。
しかし、バレやすい魚だそうなんで、デカいサイズはキャッチするのが難しそう…。
そしてこの魚、穫れる場所も食べる地域も、限定的であまり流通することもないので、意外と知られていない珍魚でもあるようです。
また、ウロコが剥げやすく小骨が多いので敬遠する方も多いので、釣りのターゲットとしてもマイナーな存在となっています。
しかし、基本的に釣った魚は美味しく戴くというアングラーさんは、是非リンク先の記事を読んで、「ヒラ料理」を食べてみてください。
「骨がなければ殿様に献上されてもおかしくない」ほどの味だそうですよ!
この釣って楽しい、食べて美味しいヒラが釣れる地域の方が非常にうらやまですな!
そしてこれから「有明ターポンを釣ったる」って方に、ひとつルアーマンとしてご注意したいことがありますんで、ひろぽんさんとこのブログをご覧くださいませ。


からだにおいしい魚の便利帳 (便利帳シリーズ)
by カエレバ


からだにおいしい魚の便利帳 全国お魚マップ&万能レシピ (便利帳シリーズ)
by カエレバ

関連記事
モンスタースクイッド「ソデイカ」を豪快に食す
「鮮度」をマスターすれば魚は数倍美味くなる
釣った魚を美味しく頂く補助アイテムを紹介




sp-098024300s1398128402_1
近頃気になっているロッドメーカーさんがいくつかありまして、そのひとつにヤマガブランクスさんがあるんですね。
釣りが上手な仲間が使っているっていうのも理由のひとつなんですが、なんというかモノ作りのこだわりが伝わってくるようなそんな気がするんですね。
派手さはないものの玄人好みで、一本筋の通ったイメージがあるんですな。
んで、今回はそんなヤマガさんのロッドを2本インプレしてくれちゃっている、スパイクさんとこのブログを紹介。
ブルーカレント 66/TZ LTDのインプレと、ブルーカレント 77M/Tiのインプレをそれぞれ御覧ください。


YAMAGA Blanks(ヤマガブランクス)BlueCurrent(ブルーカレント)BLC-77M/Ti【アジングロッド】
by カエレバ
YAMAGA Blanks(ヤマガブランクス)BlueCurrent(ブルーカレント)66/TZ Limited(66/TZ リミテッド)【アジングロッド】
by カエレバ



関連記事
ちょっとリッチな自作車載ロッドホルダーを紹介
当たり前すぎて気付かなかったジグヘッドの盲点とは?
デカメバルを確実に獲るためのフック考察を紹介





僕たちルアーフィッシングを嗜むアングラーが遭遇する「スレる」という現象。
これって大抵の場合ルアーが魚たちに見切られていたり、警戒されていたりして起きることですよね?
スレてきたらしばらく放置して、場を休めたりするとまた釣れたりもしますが、沈黙しているケースもあります。
また、アングラーが多く訪れるポイントってのは人的プレッシャー も多く、「昔は釣れたのに釣れなくなってきたね」ってこともよくあるお話。
環境の変化や個体数の減少で、釣果を得に難くなっているってこともありますが、実は魚たちは普通にそこにて、学習しているってことも考えられます。
得てして僕たちは、魚に対して知能が低いような勝手なイメージを持ってしまっているようですが、どうやらそれは間違った認識のようです。
彼らは僕らより厳しい自然環境の中で、生きるか死ぬかの瀬戸際を毎日生き抜いている存在。
こと「生きる 」って事においては、安全に守られた生活をしている人間よりも敏感だと思うんですね。
ってなワケで今回は、魚に対する認識を改めなくっちゃ いけない「魚の記憶力」に関するコチラコチラのお話を紹介。
そしてさらに、釣った魚に対する扱いをもっと考えなくちゃダメだなと感じた「魚も痛みを感じる」という話題も紹介です。
フックが刺さって痛みを覚えた魚たちは、それをしばらくのあいだ記憶している可能性は大きいってことですな。


※メバルの画像はダイバーShujiの気まぐれ日記!さんからお借りしています。
魚は痛みを感じるか? [ ヴィクトリア・ブレイスウェイト ]
by カエレバ

関連記事
フィッシュグリップを扱う際の注意点について
リクエスト…続リリース方法の確立を願って



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


直接「釣り」に関係する話題じゃないけれど、魚にまつわる話だし個人的に興味深く、そして面白かったのでピックアップしてみました。
僕たち釣りを趣味とする人間は、基本的に釣ることとおなじくらい食べることが好きで、魚の鮮度とか美味しさにこだわる方も多いと思います。
そんな僕たちがアングラー目線で見る鮮魚売り場ってのは一様に納得できるものではなく、「小さいのに高いな…」 とか「リリースサイズやん」とか「目が死んでますがな…」とか「国産じゃないし」とか、まぁいろいろあるワケです。
もちろん普段の釣りではゲットできない魚種や珍しいヤツ、美味しいモノだって売っているんですが、 なんかこう違和感があるんですね。
そして、値段やサイズを見て思うのは「漁師さんは食っていけてるのか?」とか「このままじゃ、漁師がいなくなるんじゃ…」ってこと。
今回の話題は、魚を釣って持って帰る僕たちにも少なからず 関係のあることだし、魚を食べる側でもある消費者としても知っておくべきことでもあると思うので、結構長い記事ですが、コーヒーを飲みつつ、または晩酌のお供にでも読んで頂けたらと思います。
我が国の漁業ってやつは、実はかなりヤバイ状況に陥りつつあるんですな。
水産資源は無限では無いのです。


関連記事
「鮮度」をマスターすれば魚は数倍美味くなる
新鮮なほど油断できない「アニサキス」の恐怖





当サイトを立ち上げた頃に紹介して好評だった、神奈川県水産技術センターのコンテンツ「マアジのあれこれ」
しばらくリンク切れの状態で表示されず、もったいないと思いつつ記事を削除していたんですが、いつの間にか復活していたのでお知らせです。
今やライトゲームのメインとなったアジングですが、意外とそのターゲットに関する情報というのは少なく、習性や生態についてなんとなく知っているって感じの方も多いかと思うんですね。
ここに書かれていることはすべてのエリアに共通するというワケではないと思いますが、マアジという魚の基本的な生態などが綴られているので、もう少し詳しく知ってみたいと思っている方は是非ご覧になってください。
きっと、日々の釣行に役立つ情報があると思います。
また、スズキカマスサバなどのお話もありますんで、これらも合わせてどんぞ。
ちなみに神奈川県水産技術センターさんとこでは、神奈川県近海の海況なども見れますんで釣行にお役立てくださいませ。


魚の行動習性を利用する釣り入門 [ 川村軍蔵 ]
by カエレバ

関連記事
常夜灯と水色とデカアジの習性とは?
釣果を左右する「沖の灯り」を意識しよう
効率良くアジを釣るために狙うべき場所とは








※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


フィッシングショー大阪2014で収録された、[イグニス Type-R」 RCSエア スプール2の解説動画のご案内です。
イグジストに迫る性能を持ったフロロ専用セッティングの最新リールと、最新のドラグシステムである「UTDフィネスチューン」を搭載したスプールの紹介をじっくりとご覧くださいませ。
ちなみに動画をアップしてくれているのはneoさんでして、この動画以外にも最新情報をアップされているので、是非チェックしてあげてくださいな。
あ、イグニスType-Rは淡水カテゴリーですが、海水も対応しているようですよん。



関連記事
これは凄いぞ! ダイワの新技術マグシールドBB
村田基がNEWステラをササッ紹介するFS動画



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


最近ロッドの新製品なんかでチラリと目にするキーワードに「トルザイトリング」ってのがあります。
いったいどんなモノなのか知りたいんだけど、イマイチその正体が分からなかったんですが、メジャークラフトさんとこのブログに「トルザイトリング」の解説がアップされていたのでご紹介。
SiCガイドに比べてトルザイトを使用したガイドが、どれほど優れているのかが分かりやすく説明されているので 、注目の新ガイドが気になっちゃてる感じの方はご覧くださいませ。
ちなみに、いろんなメーカーさんもこの新型ガイドに注目しているようで、今後の動向がきになるところ。


関連記事
新ガイド「トルザイトリング」搭載のアジ竿登場
レガーメ アジングロッドX-ARMATURA牙突 発売





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


勝手知ったるいつもの釣り場ってのは、時合いや魚の居場所、季節ごとのベイトなんかが把握できていて安心感もあり、釣果も見込める癒やしのポイントです。
そんな場所をいくつか持っているだけでも幸せってなもんですが、時にはポイント開拓の旅に出るのも楽しいもの。
あれこれ考え、いつもと違う風景や素晴らしいロケーションのなかでロッド振り、自分だけの穴場を見つけた時の嬉しさと快感は、獲物をヒットさせた時とはまた別の充実感を得られます。
ってなワケで今回は、そんなマイポイントを見つけるためのコツが綴られた、家邊さんとこのブログをご紹介。
いつもの釣り場を飛び出して、ポイント開拓のワンデイトリップってのも、たまには良いもんですぜ、旦那。


関連記事
新規アジングポイント その開拓の秘訣を伝授
実は美味しい「小場所ランガン」という選択肢
地味ながらも凄い! 国土地理院の「ウォッちず」
Google Mapで『釣り場を探す&調べる方法』



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

ターンオーバーって単語をご存知の方はスルーして頂いて結構なんですが、初めて聞くって方は今後役に立つと思いますんでご一読を。
これを知っていればなぜ海が濁っているのか、なんで魚の活性が低いのかの見当がつき、ムダにキャストを繰り返すということをしなくて済むかと。
このターンオーバーが起きると、ロッドで海面をかき混ぜ発生した泡が、なかなか消えないということが起きるんだそうです。もしこの現象が起きていたならば、水質が安定している場所に移動して釣りを再開した方が良い結果が得られると思うんですな。
ってなワケで厄介なターンオーバーを解説している34スタッフブログをご案内であります。


関連記事
濁りによるカラーの見え方とフラッシング効果
月明かりと常夜灯下でのカラーの見え方
暗闇と常夜灯下でのワームの見え方





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

今年の夏は全国的に酷暑のようで、それに加えて豪雨や落雷の被害が多いようです。
僕たちアングラーがこの時期に気をつけたいのが「雷」の存在。自然相手の趣味だからこそ、過信は禁物。
ってなワケで大切なことなんで、過去記事をピックアップ。雷が鳴り始めたら撤収準備を!


夏の風物詩である雷。遠くで雷鳴が聞こえているうちはまだ良いけれど、近づいて来るにつれて不安な気持ちが徐々に増してきますよね? そんな状況下でありながら「まだ大丈夫」、「俺は平気」、「まだ釣りたい」って竿を出していませんか? 実はコレ非常に危険な行為なんです。今回紹介するベスタさんのブログには、雷の時にロッドに起きる現象が書かれています。夏場の釣行時に役に立つ知識なので皆さん、是非ご一読を。

ちなみに僕はリールが共鳴し、青白い火花を散らすのを経験したことがあります。
ロッドの帯電&放電現象が起きてからでは遅いので、雷が近くなってきたから必ず撤収しましょう!


関連記事
家に帰る意志 ~釣場の安全と安全対策~
もう一度確認しておきたい「釣行中の安全管理」


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


なんやかんやとヒットカラーについて語られることもありますが、ルアーのカラーってのはつくづく厄介なヤツでして、書き手の真意と技量を読むことを覚えないと散財したあげく、極彩色に彩られたルアーケースを抱えて釣場で途方に暮れることになったりするのでビギナーさんは要注意。何を隠そう僕がそうでしたからw
んで、そのカラー云々ですが、海と魚の状況によって変わるものなので、現場で答え合わせしていくことになるんですが、スレていない場所に限っては参考になるんじゃないかな? ってエントリーがありましたんでご紹介。
今回はいろいろとコアな情報を発信しているライゼンバイトさんとこの記事なんであります。


関連記事
カラー選択でシルエットを調節するという考え方
濁りによるカラーの見え方とフラッシング効果
月明かりと常夜灯下でのカラーの見え方
暗闇と常夜灯下でのワームの見え方
そこが知りたい! ルアーカラーの常識と非常識





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


「つり環境ビジョン」って言葉を初めて目にしたのは、ブリーデンの社長さんとこのブログでありまして、一体何だろう?って思っていたワケですが、いつの間にやら忘却の彼方へ…。んで、本日その記憶が蘇ってきましたので、ちょいと調べてみました。
「つり環境ビジョン」の詳しい説明は下記のリンクで読んで頂ければわかると思いますが、ここで超簡単に説明すると、今年の4月から「僕たちアングラーと釣り業界とで少しずつお金を出し合って、釣り場周辺の清掃や稚魚放流、閉鎖されている防波堤の開放なんかをしていこうよ」ってプロジェクト。
基本的にユーザーである僕たちが負担するお金は微々たるモノで、2円~20円ほど。じゃあそれは一体、いつどこで払うの?っていうと、そのお金は釣り道具代に含まれていますよってお話。実はこの取り組みは既に一部で実施されていて、上の画像のマークが貼られている釣具には適用されています。
そして今回、来年の2014年からは「すべての釣り関連用品」にコレを対象とするという話し合いが行われたようです。
普段から「釣り業界は道具を売るだけ売って、なんもしないのか? あぁ?」って態度だったんですが、反省します。
すいません。
しかしながら、こんなに素晴らしくも重要なことをひっそりと決めるのではなく、もっと広く多くのユーザーに知らせる努力や工夫をするべきではないかと思うんですね。
業界の方々は、そこんとこをビシッ!とお願いします。

「つり環境ビジョン」関連記事は以下から

釣りG(爺)メン千釣万魚:
FJC日本釣りジャーナリスト協議会2013初定例会~ ~釣り界にも“アベノミクス”が起こる!
“ツリノミクス”動き出す! FJC日本釣りジャーナリスト協議会2月定例会で環境・美化マークなど発表

フライの雑誌社
「つり環境ビジョン2012」は本物か。

関連サイト
社団法人 日本釣用品工業会
公益財団 日本釣振興会





キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食味で僕達を楽しませてくれるターゲットとなりました。今回は山口県限定のローカルな話題ではありますが、そんなキジハタに捕獲の規制が掛けられるという話題です。

とかく海の魚ってのは禁漁期間などが設定されておらず獲り放題、持ち帰り放題なワケで、メバルやアオリイカなんかはその辺の影響をモロに受け、数もサイズも年々減ってきています。そんなことを繰り返していると、せっかく稚魚放流をしているキジハタも個体数は減るばかり。今回のこの動きに関しては漁業関係者だけの問題でなく、僕達アングラーにも関わってくる大事なことですので、堅苦しいお話かもしれませんが、しばしお付き合いください。

実は僕たちが釣っている魚たちは性転換する魚が多く、メバルやカサゴ、クロダイそしてスズキにしても性転換して繁殖している魚たち。キジハタもそのひとつで成長に伴いメスがオスに性転換する魚で、40cm未満は大部分がメス。約30cmになると産卵が可能になるそうで、卵が産める大きさに成長するまで捕獲禁止にして、水産資源として保護するというのが今回の規制の考え方です。
ちなみにキジハタの成長スピードは遅く、40cmになるまで10年近く掛かるそうです。同様にメバルも似たようなもので20cmになるのに5年、尺になるには10年ほど掛かるそうです。

今回の規制は漁業関係者メインのお話に聞こえるかもしれませんが、「県民全体での取組(効果的に資源管理に取り組む):キジハタは、レジャー(釣り)でも採捕されることから、漁業者だけでなく遊漁者も含めた資源管理に取り組むことにより、一層の資源管理効果の発揮を目指します」と明記されています。この採捕制限は平成25年10月1日から実施されることとなります。

個人的にはこの考え方には概ね賛成で、他の海の魚も渓流の魚同様に、禁漁期や今回のような捕獲の規制が必要だと感じています。


山口県水産振興課 :キジハタ・採捕制限の概要 




関連記事
フィッシュグリップを扱う際の注意点について

 

ハンドメイドルアーを製作販売しているライゼンバイトさんとこに、「ルアーのすべてがわかる」wikiページが開設されたので、皆さんにご紹介。 僕達ソルトアングラーが愛して止まない釣り道具と言えば、ルアーフィッシングの主役である「ルアー」ですね。ロッドやリールにももちろん拘りますが、このルアーがないとすべてが始まらないし、釣果を左右する超重要アイテムです。そんな愛すべき道具にもいろんなヤツがおりまして、とくにこの釣りを始めたばかりのビギナーさんなんかは、種類が多すぎて何がどんな性格を持っているのか分からず、非常に困ると思うんですな。ソルトルアーを始めてもう8年程になる僕でさえ、「ちゃんと説明して!」って言われたらかなり怪しい(笑) 本日紹介するwikiページは、ルアーの定義からその生い立ち、種類や形による特徴など、あらゆる情報が網羅されているので、ビギナーから中級者の方にオススメ。意外と知っているようで、知らないことも書いてあるので楽しめますよー。

関連記事
「あなたの握力がロッドの感度を殺す」
プロが勧める魚の最高の絞め方と保存法
超簡単!「簡易アラバマリグの作り方」


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


「見目麗し系女子アングラー」の元祖と言えば、コジレイこと児島玲子さんですな。つい最近ではこんな話題で注目されちゃってるようですが、当のご本人は我関せずって感じで釣師街道まっしぐらなようです。そんな見た目も腕前も、とってもナイスな彼女の連載がマリアのオフィシャルサイトで始まっちゃうというのうでピックアップ。釣りに関するコラムに加え、動画も配信されるようなんでコジレイファンは要チェック。更新は毎週火曜日だそうなんで、皆様お忘れなく。
実はコジレイって、オフィス北野所属なんだぜ。これ豆な。


関連記事
コジレイ流ワームセッティングに注目





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


僕達ライトリガーの主な釣行時間は夜間が多く、ヘッドライトや常夜灯などの「明かり」にお世話になることが多いかと思います。常夜灯に照らされている漁港や波止なんかは比較的明るくて、ライトなどを使わなくてもリグ交換やルアーチェンジができます。しかし、それが照明の一切ない闇磯やサーフ、河口域になると、このありがたい明かりの存在がちょっと厄介になってきます。暗闇での突然のライト点灯は釣り場を潰し、魚に警戒心を与えます。魚の姿やベイトを確認するために水面に照射するなんてもってのほか。その辺を心得ているアングラー諸氏は魚に警戒されないように、リグやルアーチェンジの際の点灯時間をなるべく短くし、水面に光があたらないよう、周囲に光が漏れないように気を使っています。できることならライトなど使わずに交換したいし、使わない人もいるほどです。んで、今回紹介する自作ライトさんとこのブログの記事は、暗闇で釣りをするアングラーさん達にとって非常に興味深い内容で、今後の釣りのスタイルが変わっちゃう可能性だってあり得るほどのお話。ライトリガーだけでなく、シーバスアングラーさん達にも読んでもらいたい、ちょっとありがたいネタなのです。
薄暗い場所で水面を照らしたり、海に向かって堂々とライトをつけてリグ交換する等の行為は、釣り場で嫌われます。心当たりのあるビギナーさんは、気をつけましょうね。これもひとつのマナーですよん。

関連記事
メバルには見えない!? レッドライトを紹介



僕達が日々お世話になっているプラグは基本的にプラスチック素材がメインとなっていて、バルサや発泡素材なんかのルアーってのは少数派のような気がします。しかし、昔からルアーフィッシングを楽しんでおられる先輩方のバルサに対する信頼は厚く、「プラスチックよりも優れている」なんてことを耳にします。たしかにバルサで作られたモノには名品が多く、ラパラの製品が支持されているところを見ればそれも頷けますよね? またバルサ製のハンドメイドルアーをプラスチックでリリースする際、それを再現するのに「かなりの苦労と時間が必要だった」みたいなことも良く聞きます。そしてユーザーとしてはプラという安価な素材で作られたモノに対して「どうしてルアーって高額なんだろう?」、「安い素材なのに!小さいのに!なんで値段があんま変わらんのじゃ!(怒)」などという疑問や不満もありますよね? はじめは素材に関することだけをアップしようと思ったんですが、読み進めていくうちに面白くなっちゃったんで、本日はそんな業界の事情が書かれたDUOさんとこのスタッフブログをご紹介。 日頃あまり気にしない様なルアー業界の話なんかもたまには良いかな?と思って、お腹一杯になるほど詰め込んでみました~。

素材に関する話
ルアーにとって理想の素材は何か?

コピー製品学 第一章

コピー製品学 第二章

コピー製品学 第三章

コピー製品学 第四章 (完)

パクリ学(海外版) 

ルアーの販売(生産)数に関する話
パーツマメ知識
飛距離について
ルアー業界の話・・
テスターになるには・・
テスター契約
メーカーから見たテスターの善し悪し
ルアーの価格

ルアーの価格 2
ルアーの価格 番外編


 

関連記事
すべての釣り人が覚えておきたい大切なことがら


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

大寒波が来てもウズウズしちゃう! アナタのための道路情報リンク

日本列島が大寒波の襲来でガクブルしてますね。 今年は暖冬だとか言ってたんで「恒例の道路情報リンクはいいかなぁ?」って思ってたんですが、一応再掲載しておきます。 こんな状況でも、とりあえず釣りしたい。 行ける時に行きたい。 […]

お役立ち気象情報「GPV 気象予報」をスマホで見やすくする裏技を伝授

日々の釣行の際に必ずチェックする情報と言えば、釣り場の潮汐と気象情報ですね。 とくに軽いリグを扱うライトゲーマーが気にするのは、やっぱり風向きや風の強さ。 良い天気でも風がビュービュー吹くような日は釣り難いし、風の影響を […]

釣人マナー悪化でアジングの聖地が釣り禁止へ

ついにこの時が来たかと、なんとも残念な気持ちでいっぱいです。 上関に釣りに行かなくなって、もうずいぶんと時間が経ちます。 僕がアジングという釣りにハマったのが約7年前。 その頃の上関は今ほど人や車、ゴミも少なく、快適に釣 […]

ご活用ください! ルアーメーカーリンク集

アングラーの皆さんの気になる情報のひとつである、新製品情報やメーカー情報。 新しい話題は何かと心踊るものがありまして、それが知りたくて当サイトに訪れてくださる方も多いかと存じます。 さてこの度、年末年始の休みを利用しつつ […]