Monday, June 25, 2018

f7dd7f83


ルアー業界を震撼させた脅威の魚種限定解除ルアー「メタルマル」に待望のヘビーバージョンが!
このなんとも胸躍るニュースを発信しているのが「メタルマル」の生みの親であるレオンさんのブログでして、相変わらずワクワクさせる釣果写真と共に「メタルマル40」が紹介されています。
テストも好調な様子なんで、続報に期待致しましょう。
また、INX.LABELの製品開発も順調のようで、その模様はコチラコチラ、そしてコッチでご覧になれます。
ちなみ先日、山越え地磯釣行の際に愛用の「GRF-TE74 fortunateNB」のトップガイドがポロリしてしまった僕ですが、この「ロッドアーマー」に興味津々なのです。

スポンサードリンク



ブリーデン(BREADEN) Metalmaru(メタルマル) 28g 12プラチナ紫陽花
by カエレバ

関連記事
レオンさんが教えるメタルマル基本メソッド
レオンさんがメタルマルについて補足説明
メタルマルの大物対策とタックルバランス重要性

スポンサードリンク

スポンサードリンク


50843_lineup1

シマノさんのHPにNEWソアレCi4p+の製品ページがオープン!
数々の最新テクノロジーが搭載されているのも魅力的ですが、注目すべきは新たに「500S 」という番手がラインナップされているという点。
この軽量コンパクトなリールがソルトライトゲームシーンにどのような影響を与えるのか、ちょいと楽しみですな。

スポンサードリンク



シマノ(SHIMANO) 17ソアレ CI4+ 500S 03715
by カエレバ

関連記事
【フィッシングショー 大阪 2017 速報】シマノ「ソアレ エクスチューン アジング」を開発担当が解説
「Soare XTUNE Ajing S508L-S」を開発担当が直々にインプレッション
フィールドテスターによるシマノの新型ワーム「モモアジ」を使ったデイアジング&製品解説

スポンサードリンク

スポンサードリンク

kyuukyokusime02


以前コチラでお伝えした、美食アングラー必見の「釣った魚を本当に美味しく食べるための絞め方と保存法」ですが、やはり皆さん気になるネタだったらしく、当サイトの投稿では珍しく「いいね!」を154も頂いております。
それだけ「釣った魚を良い状態で保存して美味しく食べたい!」ってアングラーさんがいらっしゃるんだと思います。
ってなワケで今回は、「究極の血抜き」の津本さんのもとに寄せられた質問に答える動画がアップされているのでご案内。
「死んだ魚に血抜きは有効なのか?」という素朴な疑問を持っている方は是非。


スポンサードリンク





ルミカ 神経絞めset SHORT ショート (エア抜き&ワイヤー)
by カエレバ

関連記事
釣った魚を本当に美味しく食べるための「究極の絞め方と保存法」を動画で丁寧に解説!
アジ本来の旨さを味わう為の捌き方を伝授
「小さいアジを美味しく食べるために釣る」 村上さんのガッツリ豆アジングを動画で紹介


スポンサードリンク

スポンサードリンク

ajmbwmz


アジングやメバリングの最中に、ちょこちょこ水を差してくるイラッと現象のひとつに「ワームのズレ」があります。
灯りがあるエリアやデイゲームであればワームがズレていれば、すぐに気がつくことが出来ます。
しかし、闇磯や光量の少ない釣り場では、ワームがズレているのに気づかないでキャストを繰り返しちゃうこともあったり。
ワームがしっかりとジグヘッドにつけられていない状態で釣り続けていると、魚が釣れないばかりか場をスレさせてしまうことも…。
今回はそんな残念なことにならないためのアイテムが、LureNews Rさんで紹介されていたのでご案内。
このV.I.Soulさんとこの「ワムズレン」は、ワームキーパーのないジグヘッドを使っている方や、瞬間接着剤でワームを固定したくないってアングラーさんにもピッタリのアイテムだと思うんですな。
「ワームのズレが煩わしい!」って方はチェックしてみてくださいな。


スポンサードリンク



ArukazikJapan/アルカジック・ジャパン コイルキーパー S[ネコポス対応:3]
by カエレバ

関連記事
釣果倍増! クリア系ワームに妖しい光をプラスする「ライン発光カスタム」をご案内
ワームのズレ防止にオススメの瞬間接着剤

スポンサードリンク

スポンサードリンク

shimekata001


実はソルトの釣りを始めた頃から「釣った魚を最高の状態で食べるためには、どうするのがベストなんだろう?」とずっと疑問に思っていたんですね。
キープした魚はギリギリまで活かしておいて帰宅する際に絞める。
アジやメバルが連続ヒットする場合はハサミでエラと頭の付け根の背骨をバツッと切って、汲んでおいた海水に入れ放血させてクーラーへ。
一応現場で美味しく食べるための処理は出来る限りやってるつもりなんですが、「もっと美味しく食べるための方法があるんじゃないか?」とずっと思ってたんですな。
そんな日々を悶々と過ごしていたんですが、先日Facebookでシェアされた動画を観て衝撃を受けました。
自分が知りたかった魚の絞め方は「これだ!」と。

ってなワケで今回は、魚本来の美味しさを堪能するための究極の絞め方&血の抜き方、そして保存法を教えてくれている津本さんの動画をご案内。
動画中には水道とホースを使って血を完璧に抜くシーンが収録されていますが、釣り場でできる血抜きの方法(水の中で魚体を振る)も伝授してくれるのでご安心を。
またこの動画を観て疑問に思ったことをコメント欄で質問しており、丁寧に回答して頂いているので、興味のある方は参考にされてくださいな。
処理後の保存法については下の動画「究極の血抜き ヒラスズキ編part2」で詳しく解説されています。
ちなみに津本さんのブログでは、動画の補足説明や美味い魚のちょっとした見分け方も紹介しているので、あわせてご覧くださいませ。
処理方法は基本的にアジやメバルも一緒のはず。
ここまでやれば本当に美味い極上の刺身が堪能できるでしょう。
「釣った魚を美味しく食べたい、魚本来の美味さを味わってみたい」っていう、すべてのアングラーは必見。
鮮やかな包丁さばきの動画はこの後すぐ!
※動画の説明文やコメント欄にもしっかりと目を通しましょうね。


スポンサードリンク





【INX.LABEL】インクスレーベル 食魚保存用 ロー引き紙袋「M」[ネコポス:不可]
by カエレバ



関連記事
手っ取り早く魚を絞める万能アイテム「ハサミ」
【お刺身注意】 まな板等でも増殖する海水常在菌「腸炎ビブリオ菌」に御用心!
新鮮なほど油断できない「アニサキス」の恐怖
鮮魚売場でよぎる違和感の実態はコレなのかも

スポンサードリンク

スポンサードリンク

strtn75


本格的な夏が目前に迫ってきている今日このごろ、もうすぐ梅雨明けって感じの時期にソワソワしちゃってるのがトップチヌが大好きなアングラー諸氏。
もちろん僕もその1人なんですが、今回はなかなか良さげなペンシルの発売をキャッチしちゃったので、水面炸裂マニアなお友達にご案内です。
その良い感じのブツってのが株式会社アグア(フラッターベイツ)さん「ストラトン75」でして、なんとミスバイトを誘発するトッププラグの欠点を補う独自の機構をもつ優れモノ。
チヌやシーバスをトップで狙ったことがある方は、水面が炸裂した瞬間にプラグも一緒に吹っ飛ぶっていう光景を目撃したことがあると思います。
そのプラグの浮力によって起きるミスバイトをなんとか軽減しようと開発されたのが、このペンシル。
水飛沫の中を吹っ飛ぶプラグを見るのも楽しいもんですが、トップに出た魚は気持ちよくキャッチしたいもの。
「水面炸裂を確実にものにしたい!」ってアングラーさんは、是非下記リンク&動画をチェックしてみてくださいな。
ちなみにフラッターベイツのコイカプラグ「ズィークイッド シリーズ」は「操る楽しみ」もあってなかなか良いですよ~。

ストラトン75発売中
ストラトン75…文章解説その1。
ストラトン75…解説その2 アクション。


スポンサードリンク






☆ストラトン75☆
by カエレバ
★ズィークイッド60★
by カエレバ


関連記事
トップに出きらない魚のやる気スイッチを入れるルアー操作を伝授
タフコンディションで年無しを引きずり出す そのテクニックを伝授
トップをとことん楽しんで釣果を得るための極意

スポンサードリンク

スポンサードリンク

keroring02


さて、今回は完全にソルトウォーターゲームとはかけ離れた個人的な趣味に走らせて頂きます。
「眼張鯵 メバラージ」はソルトライトゲームの情報サイトではありますが、面白そうな釣りであればなんでも紹介しちゃうというスタンスで運営してるんで、あしからず。

実は以前からずっと心待ちにしていた釣り道具がありまして、そのイカした粋なアイテムがついに発売になったので嬉しくてしかたないんですな。
その待望のアイテムってのがシダーフィールドさんからリリースされている「ケロリング セット」なるブツでして、なんとカエルを釣るタックルなんですな。
僕はカエルを見つけるとついつい写真を撮ったり、観察したりしてしまうほどの「カエル好き」。
んで、カエルの捕食行動を見るにつけ、「毛鉤とかルアーで、絶対釣れるよなぁ…」なんて思っていたんですな。
そんなことを考えながら幾多の夏を過ごしていたら、今年ついに遊び心満載のデビル渡辺さんが製品化してくれちゃったんですな!
このカエル釣り、まだ体験してはないんですが下に貼り付けた動画からその楽しさがジワジワと伝わってきまして、さっそくネットでポチった次第です(笑)

梅雨明けももう時期で、夏はすぐそこ。
この夏、ホットでエキサイティングな「ケロリング」を楽しんでみては如何でしょうか?
お子さんがいらっしゃるアングラーさんは是非、夏休みに親子で楽しんでくださいな。
今年の夏は麦わら帽子とバケツ持参で里山にレッツゴー!

渡辺さん、楽しい釣り道具を作ってくださって、ありがとうございます!
初夏~夏の定番アイテムになることを祈っております。


スポンサードリンク




シダーフィールド ケロリングセット
by カエレバ




関連記事
遊び心と本気が融合! 粋なショートロッドを紹介
チョメリグ&GULP!でお手軽ライトなキスゲーム
「チョメリグ」で楽しむ お手軽アジング講座

スポンサードリンク

スポンサードリンク

hmdpaj001


LureNews.TVさんの動画に村上さんのボートアジング動画がアップされているのでご案内。
当サイトは基本的に陸っぱりの釣りを紹介しているんですが、近頃ではボートアジングを楽しまれているアングラーさんもいらっしゃるようなんでピックアップしてみました。
動画には釣りを楽しみ尽くしている村上さんが、さらなる楽しみを追求するための道具やタックルに対するこだわり等がてんこ盛り。
ボートアジング動画ですが、ショアからの釣りに役に立ちそうなリグに関するアイデアもありますんで、試行錯誤なショアアジングを楽しんでいる方も是非!
issei 「海太郎」の新型(テスト中含む)アイテムもチラリと出てますよん。


スポンサードリンク






(5)【メール便配送可】 一誠(issei) 海太郎 レベリングヘッド 太軸金針 (0.3g〜1.6g) /ジグヘッド/ロックフィッシュ/メバル/アジング/ライトゲーム/ルアー/ネコポス可
by カエレバ

関連記事
「小さいアジを美味しく食べるために釣る」 村上さんのガッツリ豆アジングを動画で紹介
否ジグ単系リグで村上晴彦がアジ&メバルを釣りまくる
村上さんが伝授するメバリングのキモと海太郎

スポンサードリンク

スポンサードリンク

買い逃しちゃったアングラーさんに朗報!
以前コチラで紹介した、「ソリッド&チューブラーの2つのティップが交換可能!」というお得な限定のアジングロッドを紹介しました。
このロッドはルアマガソルトさんレジットデザインさんのコラボのロッドで「LMSM-LG655SUL」という5ピースのアジングロッドで、その画期的かつ個性的なキャラクターでかなりの反響があったようなんですな。
ソリッドとチューブラーのティップが交換できちゃうっていうだけでも驚きなんですが、さらに仕舞寸が48cmというコンパクトさ!
「こいつが話題にならないワケがない!」って感じの素晴らしいロッドだったんですな。
そしてこの度、ルアーマガジンさんとこのグループが釣具・タックルアイテムブランド「LML」が始動!って情報をキャッチ。
そのラインナップのなかに、なんとこのロッドの姿が!
発売が確実かどうかは定かではないですが、再販を検討中の模様。
欲しかった方、悩んでた方は、早速チェックしてみてくださいな。


スポンサードリンク



【ファイブコア】ジャストエース ファンクスターマグナム FS-682MG-T[ネコポス:不可]
by カエレバ


関連記事
1本で豆アジから尺超えまでもが楽しめるとっても「マグナム」なアジングロッドをさらに詳しく紹介
1本で豆サイズから尺オーバーのアジが楽しめる「マグナムなアイツ」に衝撃の追加情報が発覚!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

spr6502


レオンさんのブログにINX.LABELの新型プラグ「スープラ65PD」に関する記事がアップされているのでご案内。
今回紹介するプラグはレオンさん曰く「一粒で3度美味しい」プラグだそうで、ペンシル、スイッシャー、ダイバーという役割をこれ1つでまかなえてしまう優れモノ。
ブログ中には、そんなマルチな才能を持つデキるやつのアクション&実釣を交えた動画も貼ってあるので、興味のある方は是非!
このプラグの使い方や紹介だけではなく、トッププラグの基本的な使い方もあわせて解説されているので、トップのプラッギングのお勉強がしたいアングラーさんにもオススメです。
美しい「超色」で仕上げられたこの「スープラ65PD」、頭部があえてクリアになっているところが気になりますな。
ちなみに発売は今秋11月末頃の予定だそうですよん。


スポンサードリンク



インクスレーベル(INX.label) リールアーマー TB340 無垢チタン
by カエレバ

関連記事
メバリングの固定観念を覆す映像は必見!「メバルプラッギングの全て・号外」配信中
【祝全国発売】 「ジェイド INXサスペンドカスタム」の動作説明&マイナーチューンを動画で解説
ジャストサスペンド!「ジェイド INX.カスタム」に秘められたプラグの楽しさに迫る


スポンサードリンク

スポンサードリンク


以前コチラで紹介した、ジャクソンさんで開発中だった子イカ型ワーム「タイニースクイッド」が今秋発売予定ってんで、テスターである梶本さんのブログで紹介されています。
ご存じない方に簡単に説明すると、ネイルシンカーを仕込むことでバックスライドが可能となり、ストラクチャーの奥の方までワームを送り込むことができるという、ソルトワームのなかで唯一無二の個性派ワーム。
もちろん巻いてもOK、ドリフトさせてもOKという普段使いにも対応した優れモノで、小イカが大好きなお魚さんにバッチリ。
ちょいと難しそうなイメージ漂うアイテムですが決してそうではなく、テクニカルな釣りを楽しみたいアングラーさんも、気軽にライトゲームを楽しみたい方でも使えるんでそこんとこはご安心を。
リトリーブ、ドリフト、バックスライドでバランスを崩さないように作られているそうなんで、普通に使っても釣れるワームってことをお忘れなく。

このワームを作るのには、メーカーさんもテスターさんもいろいろな苦労があったと思います。
どこかで見たようなルアーが続々と発売されるなかで、オリジナリティ溢れる個性的なアイテムを生み出すってのはハンパなものではありません。
このような製品を創り出すメーカーさん、テスターさんを応援しましょう。
そうそう、ちなみにブログには新型ワームっぽいブツの画像もありますよん。


スポンサードリンク



ジャクソン(Jackson) ステープルフライ 2インチ KML(ケイムラメ)
by カエレバ
 

関連記事
流れのあるエリアで実力を発揮するベイトタックル使い方講座
食味がS級で三ツ星なマイナー美味魚「ムツ」を狙うべき場所と釣り方を伝授
ライトタックル ショアイサキのパターン、生態など現在検証で見えてきた事まとめ


スポンサードリンク

スポンサードリンク

ajcm01


アジングの主戦場といえば常夜灯の灯る防波堤などの足場の良いポイントでして、釣りやすく魚が集まる場所は常に賑わっている人気の釣り場ですね。
しかし、そのような場所は思う場所に入れなかったり、好きなポイントへキャストできなかったりとちょっとストレスを感じることもあります。
ってなワケで今回は、ビギナーさんのために「漁港の他にどんな場所でアジが狙えるのか?」、「どこをどのように攻めれば良いのか?」を優しく教えてくれている、アングラーズリパブリックさんの動画をご案内。
アジングビギナーさんやポイント開拓を始めてみたいってアングラーさんは必見ですよん。

スポンサードリンク



アングラーズリパブリック(Angler’s Republic) パームスエルア ピンウィール Ajing custom PTASS-69
by カエレバ


関連記事
激戦区を回避してアジングを楽しむ。雨後の濁った河口は絶好の竿抜けポイント!
【夏アジング】海水よりも冷たい水が流れる河口域はアジの避暑地なのかも
回遊するアジを迎え撃つ際に知っておきたい釣り場のピンとメタルジグの使い分け

スポンサードリンク

スポンサードリンク

wdad001
ウェーディングといえば真っ先に思いつくのがシーバスですが、ところがどっこいライトな釣りにも有効でメバルやチヌなんかをウェーディングで楽しんでいるアングラーさんもいらっしゃいます。
ウェーダーというアイテムは馴染みのない方にはちょっぴり敷居の高いアイテムかもしれませんが、これを履くことによって行動範囲や狙えるポイントも増え、さらに釣りを楽しくしてくれるステキなウェアです。
ってなワケで今回は、そんな素晴らしいウェーディングの注意点を紹介しているBlueBlueさんのオフィシャル動画をご案内。
長靴では行けない場所でも気にせず行けて、非日常的なシーンで釣りができちゃうウェーディングゲーム。
しかし、自然相手の気象条件に左右される釣りなんで油断は禁物。
危険と隣合わせな部分も結構あるので、この釣りを始めてみたい&始めたばかりのビギナーさんは必見です。
実は死亡事故も起きているので、絶対にナメちゃいけませんよ!
とくにはまり込んだら身動きが取れなくなるヘドロ地帯は、単独での脱出が困難なので危険です。
また行けるからといって胸の下まで浸かるのもやめましょう。
下の関連記事にも注目です。

スポンサードリンク




プロックス(PROX) ブリザテックチェストラジアルウェダー M フェザーグレー PX5555M
by カエレバ

関連記事
過信は禁物! 命を奪いかねないウェーダーの盲点をしっかりと理解しておこう
その手があった!100均商品でウェーダーを干す
【その手があった】ティップに絡んだラインをササッ!とスマートに外す方法をご紹介

スポンサードリンク

スポンサードリンク

sutemeba01


サンラインさんとこのyoutubeチャンネルに、テスターである武田栄さんがメバリングの楽しみ方を紹介している動画がアップされているのでご案内です。
メバルというお魚は手軽に釣ろうと思えばお気楽に、そしてがっつりとマニアックに楽しもうと思えばなかなか手強くなるヤツでして、狙うサイズやスタイル、釣り場によって難易度が変わる(難易度が選べる)非常にゲーム性の高い類まれなるライトでディープなターゲット。
最近ではプラグでの釣りが再注目され、ライトゲーマーのメバル熱も再燃してきているのかな? なんて思います。
しかし、ビギナーさんにはちょいと難しい釣りと思われている感もありそうで、ちょっぴり心配なんですな。
ここ数年、スマホの爆発的な普及で大量の情報が簡単に得られるようになり、釣り情報も濃くなる一方。
そんななか流行りの影に埋もれてしまっているのが、メバル釣りの「癒やしの釣り」としての側面。
でかいサイズをストイックに狙うのも良いですが、レギュラーサイズの数釣りも楽しいもの。
ってなワケで今回は、意外と難しいと思われがちなメバリングの基本とタックルチョイスを分かりやすく教えてくれている武田さんの動画をご紹介。
空いた時間にちょっとだけってスタイルでも十分楽しめるのがメバリングの良いとこなんですな。
メバリングを始めたい、始めたばかりってビギナーさんは必見。
関連記事のセミナー動画もあわせてご覧くださいませ。


スポンサードリンク




サンライン(SUNLINE) ソルティメイト・スモールゲームFCII 120m 0.4号/1.5lb ナチュラルクリア
by カエレバ

関連記事
大阪FS 武田さんセミナーが親切丁寧すぎて感動
武田さんオススメのカマスゲームを動画でお届け

スポンサードリンク

スポンサードリンク

a6a7e518


レオンさんのブログにINX.labelの新製品「GOT'n vib(ゴッツンバイブ)」の情報がアップされているのでご案内。
スペックなどの詳細は明かされていませんが、根掛かり回避性能が抜群なメタルバイブだそうで、レオンさん曰く「恐れずボトムにゴッツンゴッツン当てて釣ってください」とのこと。
リンク先のブログにはその釣果の一部が掲載されてまして、お馴染みのターゲットから「こんなヤツまで(笑)」ってのがヒットしているのが印象的。
あまりルアーフィッシングでは見かけない魚までもが釣れちゃうってことは、なかなかの可能性を秘めたルアーってことでしょうか?
ボトムの釣りといえばロストの恐れもありワームを使うことが多いかと思いますが、この「GOT'n vib(ゴッツンバイブ)」なら根掛かりを恐れずに果敢に攻められそうなんで、今まで怖くて底を探れなかったアングラーさんも「攻めの釣り」ができそうですな!
テスト終了らしいので、続報に期待しましょう。


スポンサードリンク



インクスレーベル(INX.label) リールアーマー TB340 陽極酸化チタン
by カエレバ

関連記事
INX.LABEL メバペン&メバペンマグナム【超色GreenEyes】の秘密を解説
細部に拘ったINX.labelのリールスティック「リールアーマー」が遂に発売!
ジャストサスペンド!「ジェイド INX.カスタム」に秘められたプラグの楽しさに迫る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

xstaw00


XESTA(ゼスタ)さんのyoutubeチャンネルに2017年の夏までに発売予定の新作ワーム「アジングニードル 2.2in」(発売中)、「豆アジ フリッピー 1.35in」、「シャッドスター 1.75in」のスイミング動画がアップされているのでご案内。
シェイク後にピタッと止まる「アジングニードル」、わずかなアクションや潮流でもテールがなびく「豆アジ フリッピー」、V字カットテールがデッドスローやフォールでもしっかりアピールする「シャッドスター」。
これらゼスタさんの出来たてホヤホヤのワームが気になる方は下の動画をチェック!


スポンサードリンク




ゼスタ(XeSTA) ブラックスターソリッド TZチューンド S53−S ショートレンジセンサー
by カエレバ

関連記事
ワームについてしまった致命的な「曲がりグセ」を簡単&確実に治す裏技を紹介
「使い所がわからない…?」 ブリーデンの多毛類ワーム「BACHI」の特徴を解説
【ソルト業界初】 バックスライドでストラクチャーの奥へ送り込めるジャクソンのイカ型ワームが発売間近

スポンサードリンク

スポンサードリンク

frrybg01


3~4年愛用していたバッグがボロくなってきたので、いろいろとタックルバッグを物色中です。
基本的に僕はあれもこれも詰め込んで釣り場へ向かうんで、なるべく大容量なヤツが欲しいんですね。
しかしなかなか思ったようなバッグがなくて悩んでいたワケです。
そして、沢山の荷物をひとつにまとめるのではなく、「分散されば良いんでは?」と思いついたんですな。
んで、世の中にはポーチ等をお好みで付けたり外したりできる便利なMOLLEシステムってのがありまして、これを採用しているバッグが良いなと注目。
そして探してみたところTHIRTY34FOUR(サーティーフォー)さんが、かなり良さげな「FREELYレッグ&バッグ」ってのを最近リリースしたという情報をキャッチ。
ちょうどギアステーションで紹介している動画もあったんでペタリと下に貼っておきますんで、気になる方はご覧くださいませ。
考え抜かれたデザインは使いやすそうだし、糸くず収納ポケットはなにげにポイント高いです。

スポンサードリンク





【34】FREELYレッグバッグ フォリッジグリーン
by カエレバ

関連記事
タックルバッグと膨張式救命具がドッキング! BSJ-7120が便利で安心でクールな件
充電型チェストライト 「インティレイ・リチャージブル」を動画でインプレ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

pzdrw


このところ立て続けに各地で「梅雨入り」の発表がありました。
いよいよジメジメのムシムシで暑かったり肌寒かったり、おまけに雨も降っちゃったりする鬱陶しいことこの上ない季節の幕開けです。
しかし、こんな時期に最高なのが「梅雨メバル」でして、味もファイトも最高潮に達しており、なにげにメバルシーズンのなかで一番楽しい時期なんですな。
ってなワケで今回は、梅雨入りにピッタリなレインウェアの話題を網羅しているパズデザインさんのブログをご案内。
レインウェアの基礎知識からメンテナンス、選び方などが丁寧に解説されているので、レインウェアの購入を考えている方は必見。
そしてさらにラッシュガードやウェーダー、果てはエイガードのお話までアップされているので、興味のある方はチェックしてみてくださいな~。
雨の日のフィールドは濡れることさえ気にならなければ、人も居ないので快適。
関連記事にもレインウェアに関するネタを貼っておきますんで、あわせてどんぞ。

ちなみに上のリンク先は、パズデザインさんのブログの「ウェアの基礎知識講座」のタグが付いている記事が全て表示されるので気になる記事は各自でクリックしてご覧くださいませ。


スポンサードリンク


パズデザイン リストシーム ブラック ZAC-854
by カエレバ
ニクワックス ニクワックス よく使う3点セット【あす楽対応】
by カエレバ

関連記事
この時期お世話になるレインウェアのメンテ方法
専用補修剤不要 ウェーダー補修の裏技を公開
自宅でも出来る 超簡単ゴアテックスのメンテ法


スポンサードリンク

スポンサードリンク


IMG_9100-768x512


アジングがライトソルトゲームの代名詞となり、現在ではアジングタックルも数え切れないほどリリースされるようになりました。
なかでも「ロッド」の進化には目を見張るものがあり、また「ライン」もひと昔前とは比べ物にならないほど細くて強く、さらに使いやすくなっています。
そして、それらとおなじくらい進化してきたのが「ジグヘッド」。
種類も多く形状も似通っているので、「いったいどれを選べば良いのか分からない…」という悩みを抱えている方も多いかと思います。
選択肢が多いというのは良いように思われますが、実は多すぎる選択肢はストレスの原因にもなるんですな。
ってなワケで今回は、針屋のテスターを務める矢野さんがアジングのジグヘッドの選び方をブログ上で紹介しているのでご案内。
ジグヘッドの選びや使い分けが知りたいって方、必見ですよ~。


スポンサードリンク



【odz】レンジクロスヘッド ZH-38-N[ネコポス:1]
by カエレバ
【odz】フロードライブヘッド ZH-39-F[ネコポス:1]
by カエレバ

関連記事
開発担当が伝授する「レンジクロスヘッド」&「フロードライブヘッド」の使い分け
発売前から既に「名品」の予感がする odz(土肥富)の「ラッシュヘッド」を紹介
「軽くする」は思い込み? ライズするアジに翻弄されるアナタはウェイトの罠にハマっているのかも。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

intry001


以前コチラで紹介したTHIRTY34FOUR(サーティーフォー)&ハピソンのコラボライト「インティレイ・リチャージブル」のインプレ動画を中山聡さんがアップしているのでご案内。
ヘッドライトを首から下げて使い、必要に応じて咥えて使うというアングラーのために開発された「初期型インティレイ」。
首から下げて使うことを重視して造られた独特なフォルムと、広範囲を照らす拡散型の明るいライトとして話題になった個性的なアイテムで、デビュー前から今に至るまで注目されているライトです。
そしてこの度、改良を重ねて使い勝手を向上させ新たにリリースされたのが、今回紹介する「インティレイ・リチャージブル」
電池式からUSB充電式となり、さらに光量がアップしたという本機が気になっている方は結構多いと思うんですね。
もちろん初期型を使っている僕もその1人で、場合によっては買い替えも視野に入れたほど。
初期型を使っている人の買い替えはアリなのか?
ニューモデルは購入するべきなのかどうなのか?
いろいろと悩んでいる方は是非ご覧くださいませ。
(以下は僕個人の感想)

スポンサードリンク





現在「初期型」を使っている僕の感想としては、インティレイはあくまでも移動時の補助ライトです。
灯りのない地磯などがメインフィールドである僕の場合、移動時に役に立っています。
(あと夜の田んぼ見回りなどに重宝しています)
ただこのライト、構造上の問題で上方向への照射ができないため傾斜のある場所、岩などを登る際にはあまり役に立ちません。
その場合は普通のヘッドライトを使用しております。
要するに地磯釣行の時は2つのライトを持って行ってるんですね。
結局、インティレイだけだと頭が向いている方向を照らしたいという時に、すごくストレスを感じるんですな。
また明るさに関しては暗いというワケではないですが、「思ったよりも明るくなかった」というのが正直なところ。
友人は「十分、明るいやろ!」って言ってましたが(笑)
初期型よりも純粋に性能はアップしているようですが、価格もそれに応じてアップしているので、これを高いと思うか妥当と思うかは人それぞれ。
僕的にはこの価格は高すぎるかなと。
わがままを言わしてもらうならば、充電機能ありきでレッドライトをもっと明るく&ブーストは不要なんで拡散光をもっと明るく、通常ライトは手元やバッグの中が確認できる程度でOK。
あとは上方向への照射を追加なら多少高くても買い。
使わない機能と改良されていない不満点に、お金は払いたくないですからね。
モデルチェンジに期待しましょう。
拡散型の明るいコンパクトなヘッドライトがあれば、最高なんですけど。
しかし、明るさの感じ方も人それぞれだし使い方も違うから、メーカーさんも苦労してるんでしょうなぁ。

ハピソン(Hapyson) 充電式チェストライト INTIRAY(インティレイ)リチャージャブル YF-201【あす楽対応】
by カエレバ

関連記事
【追記あり】コスパ最強のCOBヘッドライトにLEDを追加装備した「NR-003S」をインプレ
ストレスフリー! 釣り場で快適に使えるブリーデンLEDライトの特徴を詳しく解説


スポンサードリンク

スポンサードリンク

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]