Thursday, November 15, 2018

yaakj01
アングリングソルトの家邊さんのアジング動画をご紹介。
シンプルゆえに奥が深いジグヘッド単体のアジング。
ロッド操作がダイレクトにリグへ伝わるので、なかなかごまかしが効かないシビアな釣りでもあるんですが、そこがまた面白いんですな。
今回はそんな釣りのキモの部分を家邊さんが解説。
ナイトゲームに入ってからは、秋の虫の声をバックに家邊さんが解説する風情ある動画となっております。


(株)34 アドバンスメント HSR−610【smtb-ms】【釣具のポイント】
by カエレバ


関連記事
家邊さんが教えるドシャローと表層のアジング
ジグヘッドの重さと鯵の釣り方を家邊さんが伝授
家邊克己の表層テク&デイアジング攻略




hhlsj01
イカ係長こと広川嘉孝さんが防波堤からの青物ゲームを伝授
ウチのサイトで扱うにはちょいとヘビーな釣りですが、一応ライトなショアジギっつーことでピックアップしてみました。
50cmとか60cmオーバーの、「ややデカ魚」なんかも楽しみたいって方はご覧くださいまし。
タイトルにショアジギとありますが、ブレードベイトでの釣りも紹介されてますよん。


コアマン(COREMAN) PB−24 パワーブレード レアメタル 24g #023 コットンキャンディー
by カエレバ


関連記事
イカにカサゴに尺メバ、尺アジな欲張りゲーム
沖の獲物を狙い撃ち!ライトショアジギ操作法





ntimak01
ポッキンさんのアコウ攻略メソッドってのはたくさんありまして、そのどれもがオリジナリティに溢れていて興味深いんですが、今回紹介する動画は至ってシンプルなテクニック。
ロックなお魚を攻略する場合テキサス系がメインですが、本動画はライトゲーマーお馴染みのジグヘッド+ダート釣法で幻をゲットする方法を伝授。
解説ではレバーブレーキのリールを使ってますが、普通のスピニングやベイトタックルでも応用可能だと思いますんでチャレンジしてみてください。
しかしポッキンさんのロッド捌きはカッコイイですな。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


lkmtlm01

レオンさんがメタルマルを使ったカマスゲームを紹介している、アングリングソルト動画をご案内。
お馴染みの分かりやすい解説でメタルマルのカマスゲームのツボを伝授。
やはり魚種限定解除アイテムであるメタルマルの魅力に、カマスたちも例外なくイチコロのようでガンガン当たってくる様子。
動画中にはプロトのメタルジグも登場するので、カマス共々気になる方はチェックしてみてくださいませ。

【ブリーデン】メタルマル 19g/13g[メール便:6]
by カエレバ


関連記事
武田さんオススメのカマスゲームを動画でお届け
ライトワインドでカマスを狙う実釣動画を紹介

 




akht01
アンソル動画に、金丸さんの陸っぱりハタゲームの解説動画がアップされているのでご案内。
個人的にハタと言えば最初に浮かぶのがキジハタですが、今回紹介する動画はアカハタ、オオモンハタなどのハタの仲間の釣り方を解説。
ロッド&リグの操作法から、ハタの性格、使用したルアーの説明などを収録しているので、とにかくハタを釣ってみたいって方は参考にしてくださいませ。


【オーシャンルーラー】クレイジグ波動 SWIM
by カエレバ


関連記事
金丸流「フォール中に確実にバイトをとるコツ」
慣れれば1分! 金丸流お手軽FGノットを伝授




a6d7c54e
先日レオンさんのブログにアップされた謎のシンカーですが、その用途が公開されたのでご案内。
上の画像見て、普通にプラグかワームかを装着するんだろうなぁとは思ったんですが、実はまさかのアイテムでした(笑)
数年前に観たシーバスのDVDに「シーバスがまだメジャーでなかった頃は、ジェット天秤にルアーをつけて投げてた。あり得ないよね(笑)」って会話があったのを思い出しました。
しかし、ルアーフィッシングってやつは、魚が口を使ってヒットすればそれが正解で、邪道ものクソもないと思うんです。
なので、思いついたらやってみるってのが大事だと思うんですね。
反則って言われようが、邪道って言われようが、ヘンテコなリグで笑われようが、口を使わせる事ができれば勝利です。
そんな面白そうな釣りをやってるアングラーさんを当サイトでは応援しております。


【ブリーデン】メタルマル 19g/13g[メール便:6]
by カエレバ

関連記事
新たに考案されたボトム用リグ「ブライトリグ」を大公開
この発想はなかった! ワームのダブル装備リグ
チチワを応用したリグ「チチワリグ」って何だ?
スーパーボールでお手軽簡単にフロートを作る






gyakuL
34スタッフブログに、表層のアジを攻略する「逆L字」なるメソッドがアップされているのでピックアップ。
34さんの関係者ブログでよく使われるのが「L字」っていう釣り方でして、今回紹介するのはその逆の動かし方をする釣法。
なんでも表層のアジングを攻略するのに効果テキメンだったそうなんで、覚えておいて損のないテクニックだと思うんですな。
アジングに慣れ親しんでいる方は、すでに似たようなアクションで楽しんでおられると思いますが、操作がイマイチ分からないって方は参考にされてくださいませ。


(株)34 ザ・豆 0.9g【釣具のポイント】
by カエレバ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ajista002
TICTさんとこのアジスタが発売になったそうで、オフィシャルブログの方ではこのジグヘッドの魅力を紹介しています。
また、youtubeに動画もアップされておりまして、こちらの方では看板テスターである松浦さん富永さんがアジスタについて語っています。
個人的に近頃はショートシャンクの「ジグヘッドタケちゃん」をメインに使っておりまして、改めてショートシャンクの良さを再確認していたところ。
そんなタイミングで現れたこのアジスタ、ちょいと気になる存在なんですな。
しかし、なぜにSサイズにも1g以上をラインナップしないのか、やや疑問であります。


TICT(ティクト) アジスタ! S−1.0g
by カエレバ


関連記事
金バリジグヘッドのアジスタを松浦宏紀が紹介
ジグヘッド35種をドーンとまとめた便利なページ





ks
武田さんが強烈にオススメする、カマスゲームの動画がアップされているのでご案内。
今回紹介する動画で使われているのは、以前コチラで紹介したGo-Phishのカマサーでして、とにかくその釣れっぷりの激しさは笑っちゃうほど。
もうなんてゆーか、動画中ではとにかく良く釣れておりまして武田さん曰く「99.5%カマサーの能力」だそうです。
まぁ、営業トークってのもあるしカマスの活性もあるんでしょうが、このキーパプースってプラグは良く出来たヤツなので、ルアーの性能も手伝っての釣果だと思われます。
スレやすくって意外と気難しいところもあるってお話ですが、干物にすると美味しいカマス。
食欲の秋ってことで、プラグを使った旬の味覚ゲームを楽しんでみては如何かと。
しかし、武田さんは相変わらずおもろいですなぁ(笑)




Go-Phish(ゴーフィッシュ) カマサー 60mm #4 ダブルチャート QPA60GP
by カエレバ

スポンサードリンク

スポンサードリンク


lurekaisyuu01
「根掛かり」や「ロスト」ってやつは、できれば避けたい不運な出来事。
財布に与えるダメージもデカけりゃ、環境に与える影響もよろしくない。
精神的なダメージも大きけりゃ、回収する時間も苦労ももったいない。
素直に回収できれば良いんですが、ラインがブレイクした時、諦めてラインを切るときの「やっちまった感」と「喪失感」は、なんともやりきれませんね。
ってなワケで今回は、誰もが購入を考える「ルアー回収機」の登場。
なんとなく胡散臭さが漂うそのテキトーなフォルムと、安易な発想で作ってみました感。
買ってはみたものの「使えなかったらどうしよう…」って、思うのはなにもアナタだけではないはず。
さてさて、このアイテム本当に使えるのかどうか?
その答えはトプ・ガバチョさんとこのブログで明かされるのです!



スポンサードリンク



ルアー回収器サン・マジック レスキューロボ
by カエレバ

関連記事
ハードルアーの根掛かり回避をレオンさんが伝授
これは使える!? 鉛1個の簡単根掛かり回収術
やっちゃダメ!ロッドの扱いをイラストで紹介

スポンサードリンク

rbist01


「ロッドが折れた…」ってお話って意外と耳にするもんで、気の毒なことになぜか高価なロッドが折れちゃう事が多いようなんですね。
実はこれには理由がありまして、感度を追求するあまり極限までに贅肉を削ぎ落とし、肉薄なロッドに仕上げているかららしいんですな。
んで、アジングロッドとかメバルロッドってのは繊細な釣りを楽しむために生まれてきたもんだから、とってもデリケートにできていて無理すると「パキッ…!」っと逝っちゃうんですね。
ってなワケで今回は、そんな高感度パッツン系ロッドや高弾性のロッドの扱いを、味のあるイラスト入りで解説してくれちゃっているもっつぁんさんのエントリーをご紹介。
釣りに夢中になって、ついついやってしまわないように日々心掛けましょう。
ロッドが折れるってのは精神的なダメージがデカイっすからね…!


スポンサードリンク



【釣り】【カハラジャパン】たんたんたぬきのルアーリトリーバー【110】
by カエレバ

関連記事
ハードルアーの根掛かり回避をレオンさんが伝授
これは使える!? 鉛1個の簡単根掛かり回収術
もう迷わない ロッドについての基礎知識

 


スポンサードリンク

3motypob86nbizer62ha-ec7beabd
今年の夏は夏らしくなく、中途半端な梅雨が続いているようで、なんともスカッとしない夏でした。
夏の終わりも感じることなく、季節はすでに秋めいて夜なんかは秋の風情を感じるようになりました。
こうなってくると夜風は心地よく、虫の声を聞きながらの釣りってのは情緒あふれる粋な夜遊びって感じがしますな。
ってなわけで今回は春夏秋冬、四季ある国のアジングをご案内。
ローカルなお話なので全国共通ってワケじゃないんですが、パターンが似てる場所もあるかと思うので、アジングファンは読んでみてくださいな。
ってワケで、シーズナルアジングを紹介している34スタッフの大石さんのスエントリーは以下から。


シーズナブルアジング春・夏編

シーズナブルアジング秋・冬編


34 アドバンスメント FPR-57 (アジングロッド)
by カエレバ

関連記事
釣りウマが教える 狙うべき漁港のピンスポット
移動するか?粘るか?の悩みどころの判断基準
ナイトゲームのイメージを覆すデイアジのススメ



z2vstge6xs749ieuvhk5-e50c10aa
連日お伝えしているサブマリンヘッド情報ですが、今回はジグヘッドの性能を左右する重要な要素である「フック」部分のお話
バーブレスであることは以前お伝えしたとおりですが、その他にも「バレ難い」というとっても大切な機能が備わっておりまして、そこんとこを分かりやすく図入りで解説されているので、興味ある方は動画とあわせてご覧くださいませ。
しかし、バーブレスフックとバーブありを「釣ったアジで刺して確かめてください」ってのはちょっとねぇ…。
一応こんな研究結果もあるんで、その辺のモノを刺しても確かめられるかと。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


kinnbari 01
TICTさんとこのテスターを務める松浦さんのブログに、新型ジグヘッド「アジスタ」の紹介記事がアップされているのでご案内。
ラウンドヘッドの正面部分を斜めにスパッとカットしたフォルムが印象的なアジスタですが、このヘッド部分がキモでして金バリとおなじくこのジグヘッドの特徴を現す重要な要素となっているそうです。
ショートシャンクで外向きのフックを装備したこのアジスタ、ちょいと刺さりが良さげで使いやすそうですな。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



bc779118
ショアからマダイを釣る場合、メタルジグを使ったり、ジグヘッドにワームってパターンが多いかと思います。
シーズンやベイト、ポイントの状況に合わせて、上記のリグ(たまにプラグも)を駆使してゲームを組み立てていることと思いますが、今回紹介するのはスプーンを使用したマダイゲーム。
釣りをしていると意外と多いのが「飛距離は欲しい、でも早く沈ませたくない…。」っていう悩み。
実はそんな悩みを解決してくれるのがスプーンでして、スローフォールが可能で、しかもリトリーブすれば浮くという特徴を持っているモノも存在するのが、これまたなんとも心強いんですね。
ってなワケで、スプーンでマダイを狙う「スプーン・マダイ」を紹介しているオフィスユーカリ テスターの竹下さんのスタッフブログを御覧くださいませ。


オフィスユーカリ インターセプト 海鷹(かいよう) 610
by カエレバ

スポンサードリンク

スポンサードリンク


tre001
TALEXといえば僕たちアングラーの憧れの偏光グラス。
アングラーだけでなくアウトドア界、スポーツ界でも愛用されている偏光グラスで、その快適さは折り紙つき。
僕は使ったことがないので何とも申し上げられませんが、最近ゲットした友だちは「全く目が疲れない」と申しておりました。
今回は、そんな信頼の厚いタレックスに新型レンズが6モデル追加されるというニュースをお伝えしてくれている梶本さんとこのエントリーをご案内。
タレックスファンのみならず、偏光グラスを購入予定の方も是非御覧くださいませ。


デスクホルダー ペンホルダー 【あす楽17時まで】 FISH DESK HOLDER フィッシュデスクホルダー Fiiiiish【ペンスタンド ペン立て 文具  魚 fish 釣り ルアー 海  おもしろ雑貨 】 【楽ギフ_包装】 (-)
by カエレバ

関連記事
デイゲームだけじゃない 実は夜でも有効な偏光グラス




kijihata_grub
エコギアさんとこから、キジハタ専用ワーム「キジハタグラブ」が発売されるのでご案内。
見た目がオオサンショウウオっぽくってとってもキュートなフォルムなんですが、キジハタを陸っぱりから釣ることをメインに想定して生まれたのがこのカタチなんだそうです。
特徴的な穴あきテールやボディーとテールのジョイント部は、ロックフィッシュを釣るためにデザインされたキジハタグラブならではの重要なポイント。
キジハタ専用と謳われてますが、それはイメージみたいなもんなのでロックフィッシュやバス釣りにもお使い頂けます。
ってなワケで、キジハタグラブを使った釣行は以下のブログでどんぞ。


SevenSter's Field Voice

Master ofthe GameFishing! (エコギア オフィシャルブログ)


エコギア(ECOGEAR) キジハタグラブ 4インチ 115(パール×スモークシルバーGlt.バック)
by カエレバ

関連記事
全根魚を震撼させるフリーショットリグ動画解説
テキサス+ブレードでキジハタを魅了するリグ
基本的に食べきれる分だけキープするって考え方




kr-x_kurodai
アブガルシアのKR-X黒鯛といえば、個人的にトップチヌ用に欲しいと思い続けているロッド。
残念ながら今年は天候の所為もあり、ろくにトップでチヌを釣らないままシーズンを終えてしまいそうです…。
なもんで、今年もまたこのロッドを買わずに終わってしまいそうなんですが、「KR-X 黒鯛 SKS-832PL-AR-KR」をインプレしてくれちゃっている、竹さんとこのブログを見っけちゃったんでご案内。
結構長く濃くこのロッドについて書いておられるので、購入予定の方、気になっている方は参考にされてくださいませ。


●アブガルシア Abu ソルティーステージ KR-X クロダイ SKS-832PL-AR-KR 【送料無料】
by カエレバ


スポンサードリンク

スポンサードリンク

2buy8hm82mkgnztvs9wn-8fa8750f
海に到着して投げたい気持ちを抑えつつ準備をして、いざ投げてみると「ロッドにラインが絡んでた」とか、「リールにラインが通ってねぇぇぇぇ!」とか、「マジで?バックラシュ…」とか、たまにあるワケです。
んで、ラインを切ってリグを作り直しとか考えると、イラッとくるワケです。
今回は、そんなときに覚えておけばイライラせずに鼻歌交じりで解消できる小技たちを紹介。
すでにご存知のものもあるかと思いますが、そーすれば良かったんだ!って思うものもあるかと思いますんで、ちょいとご覧になってくださいませ。
とくにライトゲームを始めたばかりのビギナーさんは必見です。
それでは34のフィールドガイドを務める米本さんが伝授する小技集をどんぞ。


するするタケちゃん S PI(ピンク)【釣具のポイント】
by カエレバ

初心者へ送る『困ったときは!』①

初心者へ送る『困ったときは!』②

初心者へ送る『困ったときは!』③

初心者送る困った時は!(続)

初心者送る困った時は!(続)

初心者送る困った時は!(続)

 

関連記事
フロロラインのトラブル対処法と防止法

sp-098024300s1398128402_1
近頃気になっているロッドメーカーさんがいくつかありまして、そのひとつにヤマガブランクスさんがあるんですね。
釣りが上手な仲間が使っているっていうのも理由のひとつなんですが、なんというかモノ作りのこだわりが伝わってくるようなそんな気がするんですね。
派手さはないものの玄人好みで、一本筋の通ったイメージがあるんですな。
んで、今回はそんなヤマガさんのロッドを2本インプレしてくれちゃっている、スパイクさんとこのブログを紹介。
ブルーカレント 66/TZ LTDのインプレと、ブルーカレント 77M/Tiのインプレをそれぞれ御覧ください。


YAMAGA Blanks(ヤマガブランクス)BlueCurrent(ブルーカレント)BLC-77M/Ti【アジングロッド】
by カエレバ
YAMAGA Blanks(ヤマガブランクス)BlueCurrent(ブルーカレント)66/TZ Limited(66/TZ リミテッド)【アジングロッド】
by カエレバ



関連記事
ちょっとリッチな自作車載ロッドホルダーを紹介
当たり前すぎて気付かなかったジグヘッドの盲点とは?
デカメバルを確実に獲るためのフック考察を紹介




【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]