Tuesday, April 24, 2018


レオンさんとこのブログに、尺超えサイズのアジについてのエントリーがアップされているのでご案内。
今回レオンさんが紹介しているのは、通常のアジングでは辿り着けない大型アジのパターンでして、かなり難易度の高い釣り。
全国どの釣り場でも1年を通して釣れるというパターンではなく、特定条件下で威力発揮するというタイプの釣り方なので、少々敷居が高いと思いますが、覚えておいて損はないかと。
文中にはこのパターンの実釣動画 が貼り付けてあるので、腕を磨きたい方は、是非ご覧くださいませ。


関連記事
アジングのイメージを覆すギガ&テラアジの世界
レオンさんがブレーキワインドを解説&伝授
レオン流 アジング&メバリング良型ゲット戦術





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

気になるPE G-soul X8 UPGRADEをインプレ

Posted by tomoshow On 10月 - 29 - 2013 ADD COMMENTS


近頃は一昔前に比べPEラインの質が向上し、価格もお手頃になってきているようで、日々海に出かける僕たちにはありがたい限りです。
とは言ってもナイロンラインやフロロカーボン、ポリエステルのラインと比べると、まだまだ 高いPEライン。
「とりあえず、なんでも良いや 」ってワケにはいきませんよね?
そんなこんなで今回は、良さげなPEをリリースしているYGKよつあみさんの「G-soul X8 UPGRADE」 の実釣インプレをアップしている、ひろぽんさんとこのブログを紹介。
良さげなラインを探している方、ぼちぼちラインの巻き替えを検討している方は、参考にされては如何でしょうか?



スポンサードリンク

スポンサードリンク



TICTさんとこのオフィシャルブログに、Mフロートを使用したリグの紹介がアップされています。
このリグは遠浅のシャローや魚の居るブレイクラインが遠いポイント、さらに強風時に威力を発揮するリグで、表層付近や浅場をナチュラルに探れるのがウリ。
使用するパーツ点数が多くリグるのがちょいと大変なのが気になるところですが、創作系リグが好きな方は試してみてくださいな。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


ターンオーバーって単語をご存知の方はスルーして頂いて結構なんですが、初めて聞くって方は今後役に立つと思いますんでご一読を。
これを知っていればなぜ海が濁っているのか、なんで魚の活性が低いのかの見当がつき、ムダにキャストを繰り返すということをしなくて済むかと。
このターンオーバーが起きると、ロッドで海面をかき混ぜ発生した泡が、なかなか消えないということが起きるんだそうです。もしこの現象が起きていたならば、水質が安定している場所に移動して釣りを再開した方が良い結果が得られると思うんですな。
ってなワケで厄介なターンオーバーを解説している34スタッフブログをご案内であります。


関連記事
濁りによるカラーの見え方とフラッシング効果
月明かりと常夜灯下でのカラーの見え方
暗闇と常夜灯下でのワームの見え方





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


家邊さんとこのブログに、ジグヘッドの重さとアジの釣り方についてのエントリーがアップされています。
アジングとジグヘッドのウェイトってのは切っても切れない関係なのは皆さんご存知の通り。
しかし、ビギナーさんにはそこんとこがちょいと難しく、どんな時にジグヘッドの重さを変更したら良いのか分からないって方も多いかと思います。
そこで今回は、「活性が低く食わない状況」と「アジの数が少ない状況」という2パターンでの釣り方を伝授。
海中の様子は実際に見ることは出来ませんが、それをイメージし考えながら釣るってことは結構大事ですよん。


 関連記事
アジングマイスターが伝授する追い風のアジング
家邊克己の表層テク&デイアジング攻略
意外と反応しない表層ライズの仕組みと攻略





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

ポッキンさんとこのブログに、OFTから発売されるマルチボックスの話題がアップされているのでご紹介。
赤い本体が印象的なこのケース、実は両面に収納可能な優れ物でして、ライトゲーム用のプラグやリグを収納するのにピッタリな防水仕様のニクイ奴。
日頃よく使う1軍ルアーたちを持ち歩くのに持って来いのアイテムなんで、必要最低限のものしか持ち歩きたくないって方にオススメ。
派手で目立つので、釣り場に忘れるってこともなくなるとか!


関連記事
必見! ライトゲーマー必須のタックルBOX誕生
使い勝手が良さげなTICTの小物ケースを紹介
話題のタフケース浅型W210をちょいとインプレ
全ライトリガーが待ち望んだルアーケースが登場





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


リールのインプレでお馴染みのいまたろうさんとこに新たなブツが取り上げられているのでご紹介。
今回ピックアップされているのは以前コチラで紹介した「のソアレCi4+ C2000PGSS」でして、実際にバスを釣ってみた使用感が綴られています。
いつもなら動画などが添えられているのですが、本エントリーはご多忙なようでサラリとした内容です。
が、ポイントを抑えたインプレなので購入を検討中の方は是非ご覧くださいませ。



スポンサードリンク

スポンサードリンク



先日コチラで紹介させて頂いた、献上さんとこのLegacy SCのインプレ記事ですが、またまた他モデルのインプレがアップされているので、皆さんにご案内です。
今回は前回の「63ULS AIR STINGER」に加え、「73MLT NOBLE MOON」と「 80MT  BULL FORCE」を紹介しておりまして、なんと実釣インプレでございます。しかもターゲットは岩国名物の旬のマルアジさんでございます。
サラリとした解説ですが、1本1本ツボを抑えた内容ですんで、このシリーズが気になってる感じな方は是非ご覧くださいませ。



スポンサードリンク

スポンサードリンク



トップウォータープラグを使った釣りってヤツは一度その魅力に取り憑かれると、やめられなくなるほどエキサイティングでして、他のルアーでも釣れる魚をあえてトップでのみで勝負するっていう拘りが出てきたりするのも、この釣りの面白いところ。
今回は中毒者を多く出しているトップゲームのコツを紹介しているDUELさんとこのオフィシャルブログ をピックアップ。
クロダイに限らず、おそらくシーバスや青物等にも共通すると思うので、トップの釣りを愛してやまない 方々は参考にされてくださいな。


スポンサードリンク


by カエレバ


スポンサードリンク

スポンサードリンク


アジングやメバリングなどに使われるリーダーと言えば大抵の場合フロロカーボンでして、そのラインの特性からお約束のように愛用されている定番です。
しかし、フロロの特性である「比重が重い」というキャラクターが時として仇になるケースってのがあるらしく、ある特定のシビアな状況下ではナイロンラインに軍配があがるということがあるそうなんですな。
んじゃあ、その特定な状況下とか、ナイロンリーダーが有利な時ってのはなんなのさ?ってことが知りたい方は34スタッフブログをご覧くださいませ。
もちろんアジングだけでなく、メバリングにも応用出来る事なんで、覚えておいて損は無いですよん。


スポンサードリンク


関連記事
アジングにおける「レンジとフィネス」の考え方
ナイトゲームのイメージを覆すデイアジのススメ
メタルジグの苦手を克服させるたった一つの名言


スポンサードリンク


軽量タックルを使用するライトゲームの世界では風の存在はいろんな意味で重要でして、これを利用するのか、それとも避けるかによって釣果も変わってきます。
一般的に風の強い日はアジングやメバリングに向いていないと思われがちですが、実は風がベイトを運んできてくれて爆釣モードに突入なんてこともあるので侮れません。
風のある日の釣り方は関連記事を見て頂ければ分かるかと思いますので、参考にされてください。
そして今回は、向かい風でも横風でもなく「追い風」の釣りをテーマにしている家邊さんとこのブログをピックアップ。
へなちょこアングラーな僕ちゃんなんかは、単純に「飛距離が稼げてサイコー!」なんて思っているのですが、釣りが上手な人ってのはちゃんと考えて釣りをされているようです。
でも、やっぱり「ロングキャスト最高!」ってのは譲れませんが、そればっかりやってると成長しないので、良い子のみんなはマネしちゃダメです。


関連記事
厄介な「風」と上手に付き合うための心得と対策
家邊克己が爆風時のアジング攻略法を伝授





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

先日コチラで紹介したハードルアーを使ったハゼ釣り。これぞまさにライトゲームと言える釣りでして、エサでハゼを釣るのとおなじくらいお手軽かつ簡単で、癒やしの釣りに最適なターゲットであります。
今回はそんなハゼのルアー釣り「ハゼクラ」 に適したタックルを紹介。
興味のある方は参考にされてくださいませ。


FCT HAZE ディープクラピーSFT BELL ゴールドクラウン【釣具のポイント】
by カエレバ

関連記事
メジャーターゲットだけなんてもったいない!
使用済みワームで楽しむリサイクルフィッシング



スポンサードリンク

スポンサードリンク

minimaru65にDEEP仕様? 現在鋭意テスト中

Posted by tomoshow On 9月 - 29 - 2013 ADD COMMENTS


レオンさんとこのブログに、ミニマル65のヘビーウェイトバージョンの話題がアップされているので、皆様にご報告。
ミニマルにDEEPがあって、メタルマルにも違うウェイトが存在するように、いよいよミニマル65のDEEP仕様の胎動が聞こえてきました。
釣れ筋ルアーにウェイトの違う仕様、サイズアップやダウンサイジングが望まれるのは必然。
ライトゲーマーとして嬉しいこのニュース、詳しく知りたい方は是非レオンさんブログに遊びに行ってくださいませ。
しかし、個人的に気になるのは、ミニマルやメタルマルがキレイに収まっているルアーケースだったりしますw

【ブリーデン】ミニマル65[メール便:3]
by カエレバ

関連記事
ミニマルのムラソイゲーをレオンさんが徹底解説
シーバスも思わず食いつくminimaru65動画
ライトなスズキゲームのためのちょいテクを伝授
ブリーデン 2013 横浜FSトークライブ動画アップ





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


ライトゲームで使用されるラインは現在、PEにナイロン、フロロカーボンにポリエステルとあるワケですが、どのラインも一長一短があって「これがベスト!」ってものが存在しません。
ここ最近アジングではポリエステルのラインが注目されて、実際に使われている方も多くなっているようです。
ですが、良く聞くトラブルに「アワセ切れ」 があり、これが原因で使うのを止める方もいっらしゃるのも事実。どんなラインもそうですが、その特性を理解せずに使っていると釣果に影響したり、思わぬトラブルに見舞われてしまいます。
ってなワケで今回は、ポリエステルラインの特性を3回に渡って詳しく解説している 0☆3★6さんとこのブログを紹介。
ポリエステルを使ってみたい方、アワセ切れが頻発する方は必見です。
ただ、ラインの好みや使い易さは、使う人のスタイルやタックルバランスなどに影響しますんで、そのことを頭に入れて使用するラインをチョイスするのが良いかと思いますよん。

Pinky(ポリエステルライン)の特性! ①

Pinky(ポリエステルライン)の特性! ②

Pinky(ポリエステルライン)の特性! ③


関連記事
ライトゲームに使われるラインの特性と使い分け
仙人が教えるフィネスゲームのライン選択
ラインの特性を知る 「フロロとポリエステル」







※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー


先日紹介したアピアのライトゲーム用ロッド「Legacy SC 63ULS AIR STINGER」のインプレが、献上さんとこのブログにアップされているのでご案内。
「妥協のないライトリガーへ」という印象的なコピーのこのシリーズの中でも最も短く、操作性および感度が高い63ULSの使用感を解説。
サラリとした記事ですが、実際に魚を釣った生の感想とツボを抑えたインプレなので、このロッドが気になっている方は是非ご覧くださいませ。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


ライトゲームにニューターゲット登場かも! ってネタがありましたんで、ライトゲーム大好きっ子の諸君にお知らせ。
今回ご登場願うのは釣りのなかでもベーシックな部類に入り、ビギナーからベテランまでが親しんでいるハゼ。
僕たちアングラーもチョイ投げで狙ってみたり、ガルプ!なんかを使って釣ってみたりと、馴染み深いお魚ですね。
んで、そんなハゼがクランクを使っても釣れちゃうって事を知ってちょっとビックリ。僕はこの魚の性格や生態は知らないんですが、好奇心旺盛で結構アタックしてくるってんだから、これは釣らない手はありませんね!
そんなこんなで、詳しくはハゼのクランキングを紹介している ファイブコアさんちの記事を読んでみてくださいな。

関連記事
メジャーターゲットだけなんてもったいない!
ショアゲーで秋の風物詩を釣る ~ハゼ編~
使用済みワームで楽しむリサイクルフィッシング


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー

本日は、先日メールを頂いたペディグリーチャムさんとこのブログのスーパーボールを使った自作ネタをご紹介。
自作ネタっていうのはそこそこ紹介させて頂いてるんですが、自作フロート系のネタっていうのは無かったような気がするんですね。
今まで自作のフロートに関しては意識していなくって、チャムさんとこの記事を読んで気がついた次第です。
ビジュアルさえ気にしなければ、コスパも高く、簡単に作れるスーパーボールフロート、コスパと実用性重視って方は下記リンクを参考にしてくださいな。


スーパーボールフロート作ったよ

ペテボールまた増産

今回は当サイト見て頂いているチャムさんから、わざわざメールにてネタを紹介して頂きました。
ってなワケで眼張鯵 メバラージさんちでは「こんなリグを作ったよ!」、「インプレ書いてみたよ!」、「こんな面白い釣り方あるんだぜ!」、「諸君、実はルアーでこんな魚が釣れるのだよ!」ってな記事がありましたら教えてくださいませ。
自薦他薦でも構いませんので、できるだけ分かりやすく、詳しい説明で画像付きのブログ記事がありましたら、当サイト上部のContact Meまでお知らせ頂けたら幸いです。
少しでも皆さんの釣りとネットサーフィンの楽しみのお手伝いができたら考えておりますので、よろしくお願い致します。

眼張鯵 メバラージ
なかのひと:トモショー


※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへGyoNetBlog ランキングバナー


クロダイのボトムゲームで使われるルアーってのはいろいろありまして、チヌゲーの元祖であるMリグから発展していったプラグを使用するもの、ジグヘッド、ラバージグ系などいろいろとあります。
このズル引き系のリグは自作も簡単で、コストパフォーマンスも高く良く釣れるので、ズル引き愛好家の方々はアレコレ試して楽しんでおられるようです。
んで、今回はちょっと良さげな自作リグを紹介している猫ユキさんとこのブログを紹介。
全国のどんな釣具屋さんでも入手可能なナス型オモリを使用するリグなので、材料調達から加工、作製まで簡単お手軽なんで、不器用なお友達にもオススメなんでございます。
ちなみに「さるカニ」なんてリグも紹介されてますんで、合わせてお楽しみくださいませ。
レッツ ボトムノック!



スポンサードリンク

スポンサードリンク



ルアーのロストってヤツは切ないもので、特にそれが良く釣れたり、長いこと愛用していたヤツだったりすると精神的にも経済的も深い傷を負い、なんとも言えないガッカリ感に苛まれます。
ことボトムを意識した釣りともなるとロストの確率が上昇し、いつの間にか恐怖心から底を取らなかったり、狙わなくなったりしちゃいます。
実は僕がそうでして、「ボトムを探れば良い釣果が得られるんだろうなぁ…」なんて 思いつつも、お気に入りを失うことの恐ろしさのあまり、ついつい敬遠しちゃってたんですな。
んで、以前地元の釣具屋さんのレオンさんセミナーの時に「根掛かりが怖くてミニマルをボトムで使えない。」と悩みをお話した時に頂いたアドバイスが「釣らない釣りをするんだよ。フックを取っちゃうの。それで底を取る練習をして、さらに数秒間放置したルアーに魚がバイトしてくるという事実を体験して欲しい。それを覚えるまで、ひたすらやること。釣れるようになる人と、ならない人の差はそこだよ。」という、ありがたいお言葉。
ボトム恐怖症の方は是非この機会に上記のアドバイスとリンク先のエントリーを読んで、ステップアップして頂ければと思っております。
ってなワケで前置きが長くなりましたが、レオンさんとこのエントリーをお楽しみくださいませ。



スポンサードリンク



ルアー回収器レスキューテポドン
by カエレバ

関連記事
ミニマルのムラソイゲーをレオンさんが徹底解説
レオン流 アジング&メバリング良型ゲット戦術
雨好き仙人が伝授する13VIBの操り方


スポンサードリンク

今年の夏は全国的に酷暑のようで、それに加えて豪雨や落雷の被害が多いようです。
僕たちアングラーがこの時期に気をつけたいのが「雷」の存在。自然相手の趣味だからこそ、過信は禁物。
ってなワケで大切なことなんで、過去記事をピックアップ。雷が鳴り始めたら撤収準備を!

夏の風物詩である雷。遠くで雷鳴が聞こえているうちはまだ良いけれど、近づいて来るにつれて不安な気持ちが徐々に増してきますよね? そんな状況下でありながら「まだ大丈夫」、「俺は平気」、「まだ釣りたい」って竿を出していませんか? 実はコレ非常に危険な行為なんです。今回紹介するベスタさんのブログには、雷の時にロッドに起きる現象が書かれています。夏場の釣行時に役に立つ知識なので皆さん、是非ご一読を。

ちなみに僕は雷が間近に来ている時にリールが共鳴し、青白い火花を散らすのを経験したことがあります。
ロッドの帯電&放電現象が起きてからでは遅いので、雷が近くなってきたから必ず撤収しましょう!



スポンサードリンク



関連記事
海、山、川でフィールドの危険から身を守るために知っておきたいこと
【要確認】 釣行時の安全対策をもう一度しっかりと見直してみよう
ライジャケの膨らみっぷりをタイプ別に紹介

 



スポンサードリンク

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]