Monday, June 25, 2018

dangerAngler001


非常に残念なことに、最近立て続けにアングラーの落水事故の話題を目にしました。
釣りは自然相手の趣味であって、絶対に安全とは言い切れません。
常夜灯の灯った足場の良い漁港などでの釣りはついつい油断してしまいがちですが、そんな場所でも死亡事故は起きます。
磯場やテトラ帯であればより危険度は増し、さらにあえて時化気味の海で釣るスタイルならばなおのこと。
釣りたい一心で「もう少し…」、「ちょっとだけ前へ」、「自分は大丈夫」などと思ってしまいがちですが、そんな時はすでに冷静な判断力が働いていません。
また逆にライフジャケットやスパイク等の安全装備を身に付けているから「大丈夫だろう」という過信も生まれます。
釣りたい気持ちも分かりますし、人がいない釣り場というのは魅力的です。
しかし、ここはちょっと冷静になって、いつもの自分の釣り場で落水した時のことを考えてみて欲しいのです。
単独で落ちて岸に上がれるのか?
落ちた際は緊急の連絡が取れるのか?
膨張式のライジャケのボンベを交換したのはいつか?
など、最悪の状況を連想しつつ、装備品の再チェックをしてみてください。

ここで白状しますが、僕は過去に2回落水しています。
一度は河口だったので溺れるほどの水深ではありませんでした。
もう一方は2月の夜の地磯で岩に躓き足を取られて転倒し落水しました。
両方ともスパイクを履き、ライフベストを着ていましたが、落水直後は軽いパニックに陥っていました。
そして体は浮いているにも関わらず、意外と身動きが取れませんでした。
2箇所とも単独釣行でしたが運が良く、落ちた場所の直ぐ側が岸だったので自力で上がれましたが、2月の海に落ちた時の恐怖は今も忘れられません。
慌てて岩にしがみつき這い上がったので、フィンガーレスグローブから出ていた指はアチコチ切れていました。

事故はいつ起きるか予想もつかないし、身の安全は自分でしか守れないもの。
落水して誰かに助けてもらって助かったにしても、周囲には多大な迷惑をかけるものです。
というワケで今回は、事故を未然に防ぐためにみなさんに再度チェックしてもらうために動画を貼っておきました。
関連記事にも過去のエントリーを貼っておきますので、見て頂けたらと思います。
また今回の記事を書くきっかけとなった、The fast oneさんのエントリーもあわせてご覧ください。

絶対に過信せず、海を甘く見ないで日々の釣行を楽しんでください。
そして海のもしもは118です。
釣りを楽しむ仲間としてお願い致します。

そして「10月1日はライフジャケットの日」です。





関連記事
ライジャケの膨らみっぷりをタイプ別に紹介
高級タックルより 先に手に入れるべき釣り道具
家に帰る意志 ~釣場の安全と安全対策~


スポンサードリンク

スポンサードリンク

f918bf0b


去年辺りから俄に注目され始め、一部ではあるけれど徐々に広がり始めている新たなライトターゲット「ムツ」。
僕の住む山口県では山陰方面のアジやメバル釣りでたまにヒットする魚で、基本的に外道扱いされている可哀想なお魚。
しかし、一度でもこのお魚を口にしようものなら、あまりの美味さに今までリリースしていたことを後悔すること必至。
当サイトでは実は2011年から注目していたんですが、ようやく時代が追いついて来たって感じです。
ってなワケで今回は、「この美味なライトターゲットにスポットを当てよう!」っていう梶本さんの後方支援として過去に紹介した記事を下にピックアップしておきますので、ムツゲーをやってみたいって方はお勉強してくださいませ。
専用タックルは必要とせず、お手持ちのアジメバタックルで手軽に楽しめるターゲット「ムツ」。
この釣りを埋もれさせとくのはもったいないので、未体験のアングラーさんは是非!
そうそう、去年はパゴスさんとこでも盛り上がってたんで、今年もやってくれるかもしれませんね。

外道扱いされている「ムツ」は実はVIPクラスの美味ターゲット

食味がS級で三ツ星なマイナー美味魚「ムツ」を狙うべき場所と釣り方を伝授

スポンサードリンク



【デコイ】ロケットプラス SV-69[ネコポス:2](アジング/メバリング/ジグヘッド)
by カエレバ

関連記事
アジはひと飲みできるツルンとした喉越しを求めて、ジグヘッドとワームを吟味しているのかもしれない
ライトタックル ショアイサキのパターン、生態など現在検証で見えてきた事まとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク


IMG_9695new0


このサイトは今よりもまだネットの世界が一般的ではない2010年に起ち上げました。
その頃は釣り情報に特化したサイトってのはほとんどなく、情報を集めるのもひと苦労。
「なければ作っちまえ!」って始めたのが「眼張鯵 メバラージ」です。
もとは魚の釣り方や日々考え出される新たなリグやメソッドの紹介をメインでやってたつもりなんですが、いつしかネタ不足を解消するためのタックル情報の方が多くなってしまい現在のスタイルとなりました。
最近では複数のスタッフで運営されているサイトさんの方が情報が早く多いので、「タックル情報を必死に追うのはもういいかな?」って感じでユルくやることにしました。
って感じで前置きは置いといて、久しぶりに初期の当サイトのネタらしい自作系の話題があったのでご案内。

スポンサードリンク



【ブレードチューン】超簡単にジグヘッドに取り付ける方法!
↑ は、おなじみの矢野さんのブログでして、タイトル通りの自作ネタです。
できるだけ財布に優しい釣りがしたいという「ロックなお魚狙い」のアングラーさんは是非。

自作スイムベイトの作り方
↑ はいろんなお魚に使えそうなネタでして、ワームサイズを変えることでライトターゲットからシーバス&フラット系まで楽しめます。
市販のスイムベイトって高いわぁ…って思ってる方はどんぞ。


ダイワ(Daiwa) フラットジャンキー ダックフィンシャッドR 5インチ コノシロ 【ネコポス配送可】
by カエレバ

関連記事
水面直下攻略系トラウトミノー「ザブリーム」で狙うメバル&メバルカスタムを紹介
「軽くする」は思い込み? ライズするアジに翻弄されるアナタはウェイトの罠にハマっているのかも。
【要チェック】ショートバイトが取れないのは実はテクニック以前の問題なのかも

スポンサードリンク

スポンサードリンク

mpcn001


9月に入り秋の気配が早足にやってきているようですね。
ここ2~3年、9月までは残暑が厳しくて夏のようでしたが、今年の西日本は秋の勢力が強く感じます。
そして僕の地元ではトップでチヌが楽しめるのは10月の頭ぐらいまででして、ぼちぼち終盤に突入してきてる感じです。
ってなワケで今回は、これからもまだまだも楽しめちゃうかもしれない、チヌのプラッギングをご紹介。
ご案内するのは、アルカジックジャパンのフィールドスタッフ木下さんのブログ
トップに出きらない個体の攻略やトップ以外でも釣りたい方は是非チャレンジしてみてください。
もちろんスピニングタックルでもOKですよん。

スポンサードリンク



【アクアウェーブ】シャローマジック50[ネコポス:5]
by カエレバ

関連記事
シャローの岩場を浮き系虫ワームで攻める! 新たなデイチヌゲームを紹介
ロックな波打ち際に潜む根魚たちをあえてプラグで狙う酔狂なゲームを紹介
ミニマルのムラソイゲーをレオンさんが徹底解説


スポンサードリンク

スポンサードリンク

IMG_7947


エステルラインといえば、現在アジングのメインラインに使われている定番ラインのひとつ。
しかし、メインラインとしての歴史はほかのラインと比べると浅く、ライトゲーム用の製品が出始めたのが2010年くらいから。
僕は今までなんとなく瞬間的な衝撃に弱く、「アワセ切れ」のイメージが強かったので使う気になれなかたんですが、ラインも進化してきているようだし「そろそろ使ってみようかな?」なんて思っています。
ってなワケで今回は、エステルラインのメリット&デメリットを生粋のアジンガーである矢野さんがブログにまとめてくれているのでご案内。
記事中にはおすすめのラインも紹介されているんで、ライン選びの参考にされてくださいな。


スポンサードリンク



YGKよつあみ チェルム アンバーコードSG S−PETポリエステル 150m 0.25号【あす楽対応】
by カエレバ

関連記事
【強度データあり】GOSENのアジング用エステルライン「ルミナシャイン」0.3号のインプレを紹介
ほぼ同比重のライトライン「シンカーアジング」と「オードラゴン」を比較インプレ


スポンサードリンク

スポンサードリンク

cngz001


ルアーによるチヌ釣りの歴史は「Mリグ」から始まって、それとほぼ同時期にトップでの釣りも現れて、それぞれメジャーになっていきました。
それがどれくらい前なのかと気になってGoogleで検索してみたところ、「Mリグ」というワードが引っかかるのが2005年から。
僕たちアングラーがチヌゲーを楽しみ始めてから、もう12年ほど経つんですな。
その間にメソッドが確立されチヌ用リグやプラグも進化して、今では手軽に楽しめる癒やしのターゲットとして親しまれる存在になりました。
基本的にチヌゲーは「トップで釣るか、ボトムを探るか」の釣りなんですが、ストラクチャーにつく個体を狙った玄人好みのフォールゲームもあったりして、これはこれで楽しそうです。
んで、今回はそれらの釣り方と違う「新たなチヌ釣り」を紹介してくれている、エバーグリーンのプロスタッフである木下さんのブログをご案内。
シャローな磯場に点在する岩についたチヌを拾い釣りしていくという、渓流釣りのようなスタイルでして、使うルアーはなんとバスに使う虫系のフローティングワーム「ギズモ」
岩から落ちるフナムシなどをイメージし、ここぞと思った場所にキャストしてシェイク。
反応がなければ次へというテンポの速い釣り。
読み通りに魚がヒットした時の快感はひとしおだそうです。
トッププラグの釣りが「動」ならば、こちらは「静」の釣り。
ちょっと地味な感じですが、これはこれでマニアックで楽しげですね!
(防波堤際のシェードに隠れたヤツで試してみるのも良いかもしれません)
興味のあるアングラーさんは、是非トップの釣りの合間に試してみてください。
ちなみに上記のワームの釣りとは関係ありませんが、木下さんがトップチヌで使ってるコチラのプラグはチヌがガンガン釣れちゃうみたいですよ~。
今度、使ってみよっと!


スポンサードリンク


エバーグリーン ギズモ (ブラックバスルアー)
by カエレバ


関連記事
トップでもボトムでもない黒鯛の岸壁ゲーム
まんま「フナムシやん!」的なワームが誕生
まるで専用! あつらえたようにピッタリなビーローチにオススメなジグヘッド


スポンサードリンク

スポンサードリンク

uc4brs4auz9r386bziyg-52c12ce3


近頃グッとくるアイテムをリリースしてくれるシマノさんから、またまた魅力的なブツが登場するそうなんでライトソルトなお友達にお知らせ。
今回「ソアレCi4+ 500S」との相性が抜群な4フィートクラスのアジングロッド「ソアレ S408ULS」を紹介してくれるのは、お馴染みのシマノの丹羽さん
基本的にショートレングスのロッドは感度重視傾向で「掛けて獲る」ことに重点を置かれたモノが多いかとお見受けしますが、シマノさんちの「S408ULS」はしっかりと魚とのファイトも楽しめる味付けになってるんだとか。
掛け重視のショートモデルとなると「曲がる」という部分は二の次にされてしまいがちのようですが、このロッドは掛ける瞬間からキャッチするまでの一連の過程を楽しめる贅沢仕様になっているようです。
ショートレングスで魚とのやりとりまでも楽しめちゃうロッドを探しているアングラーさんは、是非チェックしてみてください。
またブログでは、なにやら良さげなライトゲーム用の新型ラインもチラリと紹介されてますよん。


スポンサードリンク



(5)【送料無料】シマノ 17' ソアレ CI4+ 500S (2017年モデル) /スピニングリール/アジング/メバリング/ライトゲーム/SW/SHIMANO/Soare CI4+
by カエレバ

関連記事
シマノの「ウルトラシュート」はフロートに革命を起こす最新にして最終形態なのかも!
「Soare XTUNE Ajing S508L-S」を開発担当が直々にインプレッション
【フィッシングショー 大阪 2017 速報】シマノ「ソアレ エクスチューン アジング」を開発担当が解説



スポンサードリンク

スポンサードリンク

IMG_9357


いつもアジング関係のタックルのインプレをアップしている矢野さんが、ラインに関する興味深いネタを書かれているのでご案内。
今回のネタは、ほぼ同じ比重のライン「オードラゴン」と「シンカーアジング」の実釣比較
どちらも懸命なアジングファンにとっては、ちょいと気になる存在ですね。
公開されているのはあくまでも個人で取ったデータや感想なので完璧なものではありませんが、新たに巻くラインに悩んでいる方はきっと参考になるはず。
これから迎える秋のシーズンに向けて、良さげなラインを物色中のアングラーさんはチェックしてみてくださいな。
また「シンカーアジング」と「オードラゴン」、それぞれのラインのインプレを読みたい方は、下の関連記事へGO!

スポンサードリンク



フジノナイロン 141シンカーアジング 100m 0.2号 L-12
by カエレバ
YGKよつあみ G−soul オードラゴンWX4F−1 SS140 150m 0.4号 ウグイスグリーン【あす楽対応】
by カエレバ


関連記事
YGKよつあみ 注目のシンキングPE 「オードラゴン」のインプレを紹介
【強度データあり】GOSENのアジング用エステルライン「ルミナシャイン」0.3号のインプレを紹介
第五のライトライン「ゼクシオン®」を使用した「141シンカーアジング」のインプレをご紹介


スポンサードリンク

スポンサードリンク

fbzdmrhfth2fwcd4ggey-40c10e91


以前からずっとフロートに対して「飛距離に拘るのに、なぜ重心移動を搭載しないのか?」という疑問や不満を抱いていたんですね。
おそらくそれには「コストや価格の問題」とか「メーカーの規模」、「そもそも必要ない」などいろいろな理由があったんだと思います。
しかし、これだけアジングやメバリングが浸透すると、さらに沖へと攻略範囲を広げたくなるのがアングラーという生き物。
やはり圧倒的な飛距離がほしくなるワケですな。
そこでこの度、満を持してのリリースとなるのがシマノさんちの「ウルトラシュート」。
今回はこの革新的かつフロートの最終形態と言っても過言ではない、素晴らしいアイテムを紹介しているシマノテスターの丹羽さんのブログをご案内
なにやら某ヒーローが放つ必殺技チックな響きのアイテムですが、これがまさに既存のフロートの不満を解消するとってもスペシャルな逸品。
AR-C重心移動システム搭載し、リグに無駄な動きをさせないリアリップを装備。
これにより今までのフロートアイテムより、さらにリグを彼方にぶっ飛ばしナチュラルに誘うということが可能となるのです。

ちなみにブログでは痒いところに手が届く、丹羽さんオススメの接続方法も紹介。
詳しくは本文を読んで頂くとして、ここでは補足説明を。
これは「編み込み」にスナップを貫通させラインに通すというもの。
「なんのこっちゃ、わからんわ!」ってご立腹の方は、丹羽さんから頂戴したコチラコチラの画像をご覧になればご理解して頂けるかと。

そうそうコチラには「ソアレ Ci4+ 500S」についての解説がチラリと書かれてますんで、気になる方はあわせてどんぞ。

スポンサードリンク



シマノ ソアレウルトラシュート 20g SF-L20Q (メバル 飛ばしウキ)
by カエレバ

関連記事
気になる「ソアレ Ci4+ 500S」の話題をアップしているブログを紹介
アジ&メバルのジグ単愛好家は必見! 状況に合わせたフック形状の使い分けのヒント
フォールの釣りを左右するジグヘッドのバランスとシマノのおすすめワームをテスターが紹介


スポンサードリンク

スポンサードリンク

256c34e7


以前当サイトのピックアップアイテムで、「メバルに良さげよね?」ってな感じでちょこっとお知らせした、アングラーズリパブリックさんとこのトラウトミノー「サブリーム」
覚えておいでのアングラーさんもひょっとしたら居るかもしれませんが、今回の主役は淡水アイテムであるこのインセクトルアー。
「淡水用は淡水で、ソルト用は海で使う」なんて固定観念にとらわれているようでは、プラグの釣りの楽しみは半減しちゃいます。
そんな野暮な考えは捨てちゃって「良さげなモノはなんでも使う」ってスタイルが、釣りもそして人生さえも楽しくするってもんです。
ってなワケで今回は、トラウトルアー「サブリーム」の特徴を見抜き、メバリングでエンジョイしちゃってる海の声さんのブログを紹介。
フッキングがイマイチだったノーマルをメバル用にカスタムした記事はコチラ
なかなか面白そうなプラグみたいなんで、メバルプラッガーのお友達は是非。


スポンサードリンク



アングラーズリパブリック サブリーム 40mm C−144 オーロラヒゲナガ×チャート SU-40F
by カエレバ

関連記事
低比重合金のヒラヒラ回転フォールが決め手! バス用ジグ「コライダー」でメバルを楽しむ
プラグのチューンに活用したいスプリットリング&トレブルフックの重量表
ジップベイツの「カムシン Tiny SP-SR」がバスルアーだけどメバルに良さげな件

スポンサードリンク

スポンサードリンク

IMG_9362-768x512


ライトゲームの世界のなかで一番進化スピードが速いジャンルはやっぱりアジングでして、「そろそろ打ち止めかな?」なんて思っていても毎年新たに魅力的なアイテムがリリースされます。
今回紹介するシマノさんのリール「ソアレ Ci4+ 500S」もまたそんなヤツでして、巷のアジンガーたちから熱い視線を浴びている今一番ホットなリール。
ってなワケで早速パーツごとの重量を載せた矢野さんのブログと、店頭で動作チェックしてきたなまこさんのブログをご案内。
購入検討中の方、とりあえず気になっちゃってる方は、参考にされてくださいませ。

スポンサードリンク



シマノ(SHIMANO) 17ソアレ CI4+ 500S 03715
by カエレバ

関連記事
シマノ 「17ソアレ Ci4+」の製品ページを公開! 新番手「500S」も仲間入り!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

yotuamig


先日コチラで紹介した、YGKよつあみさんのシンキングPE「オードラゴン」のインプレ。
今回はさらに、この気になるラインのインプレをしてくれている2本のブログをご案内。
ライトゲーマーのお友達が大注目しているアイテムなんで、良い部分も悪い部分もひっくるめてお届け。
わかっておいでかと思いますがインプレ記事は、使用環境やラインの太さの違い、個人の使用感などがあるので、あくまでも参考ってことでお願いします。
ともあれ、購入を検討されているアングラーさんには嬉しい情報だと思いますんで、興味のある方は以下のリンク先をチェックしてみてくださいな。

YGKよつあみ OHDRAGON(オードラゴン)を使ってみた

:[D] 超高比重PE時代の幕開け – ついに来た大本命”オードラゴン”


スポンサードリンク



YGKよつあみ G−soul オードラゴンWX4F−1 SS140 150m 0.4号 ウグイスグリーン【あす楽対応】
by カエレバ

関連記事
YGKよつあみ 注目のシンキングPE 「オードラゴン」のインプレを紹介
【強度データあり】GOSENのアジング用エステルライン「ルミナシャイン」0.3号のインプレを紹介
フィネスなソルトゲームの定番となった超極細PEによるFGノットの注意点を動画で解説



スポンサードリンク

スポンサードリンク

IMG_9121-768x512


YGKよつあみさんちの「オードラゴン」といえばライトリガーから熱い視線を浴びている、現在大注目のシンキングPEですね。
実は発売前からチェックはしていたんですが、当サイトで紹介するタイミングを逃してしまっていて、誰かが詳しいインプレをしてくれるのを待っていたんですね。
んで、そんなタイミングで「オードラゴン」の使用感をアップしてくれたのが、今回紹介する矢野さんのブログ
なんと嬉しいことに実際にフィールドで使った感触から新品時の強度データ、そしてアジを300匹ほど釣った後に計測したデータなども公開してますんで、このラインが気になっているアングラーさんは必見。
また気になる「糸鳴り」や「毛羽立ち」についても書かれているんで、購入時の参考にされてくださいませ。
ちなみに関連記事には、ほぼおなじ比重の編み糸である「シンカーアジング」のインプレを貼っておきますんで、興味のある方はあわせてご覧くださいませ。
果たして「オードラゴン」は、ライトゲームのニュースタンダードとなり得るのか?


スポンサードリンク




YGKよつあみ G−soul オードラゴンWX4F−1 SS140 150m 0.4号 ウグイスグリーン【あす楽対応】
by カエレバ
 

関連記事
第五のライトライン「ゼクシオン®」を使用した「141シンカーアジング」のインプレをご紹介
【強度データあり】GOSENのアジング用エステルライン「ルミナシャイン」0.3号のインプレを紹介
ちょいと気になるラインの話題を見掛けたので、ズバンとまとめてご紹介


スポンサードリンク

スポンサードリンク


以前コチラで紹介した、ジャクソンさんで開発中だった子イカ型ワーム「タイニースクイッド」が今秋発売予定ってんで、テスターである梶本さんのブログで紹介されています。
ご存じない方に簡単に説明すると、ネイルシンカーを仕込むことでバックスライドが可能となり、ストラクチャーの奥の方までワームを送り込むことができるという、ソルトワームのなかで唯一無二の個性派ワーム。
もちろん巻いてもOK、ドリフトさせてもOKという普段使いにも対応した優れモノで、小イカが大好きなお魚さんにバッチリ。
ちょいと難しそうなイメージ漂うアイテムですが決してそうではなく、テクニカルな釣りを楽しみたいアングラーさんも、気軽にライトゲームを楽しみたい方でも使えるんでそこんとこはご安心を。
リトリーブ、ドリフト、バックスライドでバランスを崩さないように作られているそうなんで、普通に使っても釣れるワームってことをお忘れなく。

このワームを作るのには、メーカーさんもテスターさんもいろいろな苦労があったと思います。
どこかで見たようなルアーが続々と発売されるなかで、オリジナリティ溢れる個性的なアイテムを生み出すってのはハンパなものではありません。
このような製品を創り出すメーカーさん、テスターさんを応援しましょう。
そうそう、ちなみにブログには新型ワームっぽいブツの画像もありますよん。


スポンサードリンク



ジャクソン(Jackson) ステープルフライ 2インチ KML(ケイムラメ)
by カエレバ
 

関連記事
流れのあるエリアで実力を発揮するベイトタックル使い方講座
食味がS級で三ツ星なマイナー美味魚「ムツ」を狙うべき場所と釣り方を伝授
ライトタックル ショアイサキのパターン、生態など現在検証で見えてきた事まとめ


スポンサードリンク

スポンサードリンク

a6a7e518


レオンさんのブログにINX.labelの新製品「GOT'n vib(ゴッツンバイブ)」の情報がアップされているのでご案内。
スペックなどの詳細は明かされていませんが、根掛かり回避性能が抜群なメタルバイブだそうで、レオンさん曰く「恐れずボトムにゴッツンゴッツン当てて釣ってください」とのこと。
リンク先のブログにはその釣果の一部が掲載されてまして、お馴染みのターゲットから「こんなヤツまで(笑)」ってのがヒットしているのが印象的。
あまりルアーフィッシングでは見かけない魚までもが釣れちゃうってことは、なかなかの可能性を秘めたルアーってことでしょうか?
ボトムの釣りといえばロストの恐れもありワームを使うことが多いかと思いますが、この「GOT'n vib(ゴッツンバイブ)」なら根掛かりを恐れずに果敢に攻められそうなんで、今まで怖くて底を探れなかったアングラーさんも「攻めの釣り」ができそうですな!
テスト終了らしいので、続報に期待しましょう。


スポンサードリンク



インクスレーベル(INX.label) リールアーマー TB340 陽極酸化チタン
by カエレバ

関連記事
INX.LABEL メバペン&メバペンマグナム【超色GreenEyes】の秘密を解説
細部に拘ったINX.labelのリールスティック「リールアーマー」が遂に発売!
ジャストサスペンド!「ジェイド INX.カスタム」に秘められたプラグの楽しさに迫る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

fdd332aa


レオンさんのNX.LABEL(インクスレーベル)からメバペン&メバペンマグナムのスペシャルチューニングモデルがリリース!
今回紹介するのはお馴染みの「超色」を纏い、さらに浮き姿勢にまでも配慮した特別仕様。
なにげにメバルたちはルアーの姿勢にもうるさくて、浮き姿勢やフォール姿勢が気に入らないと口を使わない神経質な一面を持っているナーバスなお魚。
彼らのそのあたりの微妙な拘りをトップでメバルを釣りまくってきたレオンさんが、メバル好みにチューニングしたのが「メバペン 超色GreenEyes」。
今回の販売は会員限定の予約制というスタイルだそうなんで、トップでのメバルプラッギングをとことん楽しみたいって方は今すぐFish-inへGO!
ちなみにデリバリーは次回の秋のメバリングシーズンだそうですよん。

スポンサードリンク



スミス(SMITH LTD) メバペン・メバルF 45mm 20(グルーヴァークリアー)
by カエレバ


関連記事
ジャストサスペンド!「ジェイド INX.カスタム」に秘められたプラグの楽しさに迫る
【祝全国発売】 「ジェイド INXサスペンドカスタム」の動作説明&マイナーチューンを動画で解説
ジグヘッドでは攻略不能な美味しい距離とレンジを狙い撃つ「インクス S.P.M&JADE 」の実釣動画


スポンサードリンク

スポンサードリンク

r56tgms5ev4bvozrsuyr-5be7f021


「釣り」に魅了されてしまった人ってのは道具にこだわるものでして、ハマればハマるほどその数は増えていきます。
かく言う僕も所有しているルアーは数知れず。
リールだって6機種あって、ロッドは淡水&海水のルアーロッドだけで13本。
まぁ、それなりにあるんですね。
結局メインで使ってるヤツは、そのなかの数本なんですが…。
んで、いっちょ前にロッドホルダーなんか持っててズラ~ッと並べているワケですが、全部収納できてません(笑)
ってなワケで今回は、ロッドを多数所持していて、その収納にお困りのアングラーさんに的を絞ったネタをご提供。
「たくさん持ってるけど収納には困ってない」って方にはスルーして頂いて、「できる限り安く、自宅のロッドをスッキリと整理したい!」って人にぜひ見て頂きたいエントリー。
今回紹介するyoshitakaさんのブログは、なかなか良いアイデアかと。
見た目より機能性重視ってアングラーさんはマネシてみては如何ですか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク


gntcod


先日コチラで紹介した、ジェントスさんのリーズナブルで使えるヘッドライト「NR-001D」。
今回はその強化版ともいえるLED装備モデルである「NR-003S」を、またまたひろぽんさんがインプレ
「ヘッドライトに予算は避けない、でも使いやすく明るいモノが欲しい!」って方は必見。
常夜灯周辺の釣り場で使うには十分な明るさで照射範囲も広いんで、ちょっとした暗がりでの釣り場でも使えそうですよん。

【追記】2017.4.26
本日、さらに実釣レポートである
【実践編】ジェントスのヘッドライトNR-003S インプレその2
が、ひろぽんさんのブログにアップされているので、そちらも合わせてご覧ください。


スポンサードリンク



ジェントス GENTOS ヘッドライト NR-003S
by カエレバ

関連記事
常夜灯周辺の釣りならコレでOK! リーズナブルだけど侮れない「ジェントス NR-001D」
ストレスフリー! 釣り場で快適に使えるブリーデンLEDライトの特徴を詳しく解説
【フィッシングショー 2017速報】 ハピソンが充電式チェストライト 「インティレイ リチャーザブル」を紹介


スポンサードリンク

スポンサードリンク

sumoh001


健太郎さんのブログに、いよいよ発売となったブリーデンさんのジグヘッド「SUMO HEAD」に関するログがアップされたのでご案内。
メバリングやアジングというカテゴリーが確立されて以来、いろんなメーカーさんから多種多様なジグヘッドが発売され、最近では「アミパターン」や「ダート性能」、「掛けやすさ」などのひとつの性能に秀でた特化型の製品が数多くリリースされています。
この度ブリーデンさんからリリースされた「SUMO HEAD」は「ジグヘッドの基本性能と安定感」に重点をおいた逸品でして、ジグヘッドに求められる基本性能のクオリティーが高いモデルのようです。
見た目は平凡で地味なフォルムですが、実はこれがキモでしてスイミング、フォール、ボトムステイ、そしてスナッグレス(根掛かり難さ)効果など、全てを実現させる「奇跡のバランス」を凝縮したカタチがすばりこのヘッド形状。
そしてジグヘッドの安定した操作感だけでなく、フックにもこだわっているという抜かりのなさは流石。
特筆すべきはフックが伸されてしまいがちなライトターゲットのランカーにも負けない「太軸」の存在。
この「太軸」に関する使用上の注意も本文中に書かれているので、ライトなビッグゲームを楽しむアングラーさんはご一読を。

エクセレントな使いやすさを追求したこの「SUMO HEAD」、僕も山陰メバル&ヒラセイゴ釣行、そしてライト級ヘビーゲームのお供に使ってみたいと思います。
普段使いのノーマルタイプのジグヘッドに迷ってるなら、これで決まりかも。
環境問題が気になっているアングラーさんも要チェックですよん!

そうそう、健太郎さんブログのタイトルにある「ジグヘッド&ワーム発売開始!」の「ワーム」の件ですが、おそらく13luepearのブログにあるコチラのことと思われます。
下の関連記事にも、ちょいと目を通しておくと、いろいろ面白いかも。


スポンサードリンク



【ブリーデン】SUMO HEAD(スモウヘッド)[ネコポス:2]
by カエレバ
【ブリーデン】SUMO HEAD(スモウヘッド)「太」[ネコポス:2]
by カエレバ

関連記事
なぜフックが伸されバレるのか? その理由を解説
バーブレスってどうよ? その貫通力を数値で計測
デカメバルを確実に獲るためのフック考察を紹介
新フックの尺ヘッドDXをレオンさんが解説


スポンサードリンク

スポンサードリンク

RIMG0813


ここ数年の間でコンデジやスマホの写真機能が飛躍的に向上して、ブログやSNSにアップされた釣果写真も驚くほど綺麗に撮られたものが見受けられるようになりました。
そんな画像を見る度に「綺麗な魚の写真を撮ろう!」と思うのですが、実際は非常に難しいんですよね。
テクニック云々もあるんですが、その前に相手は生き物。
じっとしていてくれないし、なるべく苦しい思いをさせたくない。
陸に上げられ口をパクパクしている様や、水中でエラをフコーフコーとやってる姿を見ると…。
手早く魚にダメージを与えないように撮影できる技術があれば良いのですが、これがなかなか。
こればっかりは数を重ねて撮影技術を磨いていくしか道はないんですが、上手に写真が撮れるポイントってのもあるようなんですな。
僕と同じように「海から上がってきたばかりの生命感あふれる綺麗な魚の写真が撮りたい!」ってアングラーさんもいるはず。
ってなワケで今回は、そんな美しい魚を記念に残すためのちょっとした撮影術を教えてくれているブログを紹介です。
生きている魚が放つ彩りと輝きをとらえた写真ってのは目を奪われるし、魚への愛が伝わってくるので僕は大好きなんですな。
ちなみに上の画像は僕が撮った写真の中で比較的上手く撮れた1枚。
アングラーのみなさん、魚本来の美しさを残し、釣りの楽しさや素晴らしさを伝える写真技術を磨きましょう!

【写真館】カッコいい撮り方♪
実験】夜ニコパチの撮影方法♪(ブツ持ち)

釣りカメラ:魚体の白飛びの対処
大切な思い出はRAWで撮ろう!
1インチコンデジ:G7Xが良い理由ダメな部分 RX100M3とも比較。(マニア向け)


スポンサードリンク



【代引不可】NEEWER CN-160 LED ビデオライト 160球LEDを搭載 Canon Nikon Sigma Olympus Pentaxなどのカメラ ビデオカメラに対応 【並行輸入品】【05P03Dec16】
by カエレバ
Viltrox L116T プロ 超薄型 LED ビデオライト 写真 フィルライト 輝度と色温度 調整可能 最大輝度 987LM 3300K-5600K CRI95+ キヤノン ニコン ソニー パナソニック デジタル 一眼レフ カメラ ビデオカメラ用
by カエレバ

関連記事
【やっぱ良かった!】 パズデザインの「ターポリンモバイルポーチ」はデジタル時代のアングラーにオススメ
感動を「よりステキ」に伝える撮影テク講座
松尾道洋&濱本国彦が教えるデジカメ撮影術

スポンサードリンク

スポンサードリンク

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]