Wednesday, February 3, 2016

scmhpe2eda6xrp7wt3u8-c594c084


照明のない薄暗い波止や磯、デイゲームでも視認性の低いカラーのプラグなんかを使っているとその存在を見失ってしまうことって結構ありますよね。
これってちょっとストレスでラインを巻きすぎてプラグをティップガイドに当てちゃったり、ピックアップ手前で見失いトレースコースや潮の向きなんかも分からなくなったり…。
釣りに集中したいアングラーとしては、そんなイラッとする瞬間とはなるべくおさらばしたいものですよね。
ってなワケで今回はひと工夫でプラグの視認性をあげる小ワザを紹介してる登石さんのブログをご案内。
好き嫌いは別れるかもしませんが、「細かいことは気にしないよん」って方にオススメです。

Ocean Ruler(オーシャンルーラー) バイトマーカー S グリーングロー
by カエレバ

関連記事
これは盲点! スナップケースにピッタリな「ス~ッ」とする、あのお菓子のケース
簡単便利なフックホルダーの作り方をご案内
スプールバンドは買わなくて良いやって思った件




takechanw01

僕がメバルを釣る時にメインで使っているジグヘッドはスミスさんとこの「ジグヘッド タケちゃん」でして、「勝手に掛かる」のコンセプト通りに的確に仕事をこなしてくれる素晴らしいジグヘッドです。
もし「ジグヘッドの中でどれかひとつを選べ」と言われれば、迷うことなく「タケちゃん」を選択します。
そんな言わずと知れたジグヘッドの名品に、この度大型のライトターゲット向きの「ジグヘッド タケちゃんワイド」が仲間入り!
監修はもちろん武田さんで、ようやく納得いくものが出来上がり満を持しての発売となったそうです。
信頼しているジグヘッドの姉妹品がリリースされるってのは素直に嬉しいニュースですな。
ってなワケで、「ジグヘッド タケちゃんワイド」の詳細はスミスのIKE-Pさんのブログでどんぞ。
これを機会にノーマル「タケちゃん」にも是非1.5gを追加して頂きたい!
タケちゃんに1.5gが欲しいと思っているのは僕だけではないと思うので、スミスさん何卒お願い致します。

【スミス】ジグヘッド タケちゃん[ネコポス:3](アジング/メバリング/ジグヘッド)
by カエレバ
 

関連記事

ギンギンに研ぎ澄まされた針先を持つジグヘッドを徹底的にインプレ
土肥富のodzからギンギンに超鋭い新型ジグヘッド&自作用フックが登場!
ジグヘッド約60種をドーンとまとめた便利なページ



a66e665e


ワームをケースに入れて持ち運び&保管している方に朗報。
ルアーケースからワーム出し入れする際にワームがフタの上に張り付いて「イライラ…」ってことがありますよね?
これを解消する小物やパウダーなんてモノも存在しますが、今回はそれらを買い足ししなくてもOKなケース「第一精工 MCケース #138P」を紹介している海の声さんのブログをご案内。
僕は今までこの製品の存在に気が付かなかったんですが、すでに御存知な感じの方はご容赦を。
しかしワンコインでお釣りが来て、しかもワームがフタに張り付かないケースってステキですな。
ワームが大好物なアングラーさんにオススメな逸品です。

第一精工 MCケース #138P フォリッジグリーン【あす楽対応】
by カエレバ
 

関連記事
魔法の粉「モエビパウダー」の使用感をレポート
ワームを真っ直ぐに収納しておく裏技を伝授
話題のタフケース浅型W210をちょいとインプレ




87f3d041


インチクといえば我が国に古くから伝わる漁具でありまして、その実力たるや素晴らしく海底に潜む根魚から、回遊する青物までをもターゲットにしてしまう万能ぶり。
ソルト業界でもその高い集魚力と実釣性能に着目して、インチクをルアー化させたアイテムをリリースしています。
そのなかでライトゲーム向きのアイテムといえば、デュエルさんのソルティーベイトがそれにあたるアイテムですね。
今回はそんな多魚種捕獲アイテムを、メタルジグ+ワームでサクッと再現しちゃう釣りを紹介している梶本さんのブログをご案内。
シングルフック化したメタルジグにお好みのワームを刺せば、オリジナルなマイクロインチクの出来上がり。
使い方次第でアジやメバル、カサゴの他にもいろんな魚が釣れると思うので、あれこれ試してみるのも一興かと。

石井工芸 爆釣ジグ2 5g アジングSPピンクバック
by カエレバ
 

デュエル ソルティーベイト 10g
by カエレバ

関連記事
メタルジグの使い方と落下速度調節のアイデア
障害物回避に優れたタコベイトチューンルアー
ちょいと新しいスプーンを使ったキジハタゲーム
釣れるのに使われないカブラという逸品ルアー




yt3zcxivxjm9472xt6o8-e13b8bda


最近僕がアジを釣る際に好んで使っているジグヘッド&フックといえば土肥富さんとこのレンジクロスヘッド&レンジクロスフックでして、そのフックポイントの鋭さはルアーケースを探る際、指先が針先に触ろうものならチクッとするほど。
触れただけで指の皮に引っ掛かるジグヘッドってのはそうそうありません。
ジグヘッドに関してはあれこれ試しましたが、アジングでは土肥富さん一択で決まりです。
針先は釣りをする際に一番重要なポジションでして、ここが鈍っているようではまず釣果に恵まれませんし、鋭くなければそれは針ではありません。
フックの先端を爪の上に乗せ、先端が滑るようなものはすぐに交換しましょう。
超メジャーな針メーカーの製品でも、パッケージを開けた状態で上記なのようなナマクラがたまに存在しているので、交換の際は必ずチェックです。
ってな感じで前置きが長くなりましたが、今回はレンジクロスヘッドとフロードライブヘッドを徹底的にインプレしている古賀さんのブログをご紹介。
ジグヘッドにこだわりを持ち、いろいろ使い込んでいる方の記事なんで読み応え十分ですよん。

【odz】レンジクロスヘッド ZH-38-N[ネコポス:1]
by カエレバ

【odz】フロードライブヘッド ZH-39-F[ネコポス:1]
by カエレバ

関連記事
土肥富のodzからギンギンに超鋭い新型ジグヘッド&自作用フックが登場!
気になるジグヘッドの要の部分を超拡大でお届け
光学顕微鏡でのフックポイント画像とその考察




8e6a388921d362b29c7c270f1e8f68c6


メバリングのリグの中で、釣れるのは分かっているんだけど好きになれないリグ「フロートリグ」。
リグるのが面倒臭いうえにトラブったり、「しっかりとバイトが取れないんじゃないか?」っていう不信感、なんとなく「スマートではない」その見た目などで未だに僕の中では出番が少ないリグなんですな。
たまに試しに使ってみるものの、上記の理由からモチベーションを維持するのが難しく、あえなくリグ交換…。
ってな感じで僕とおなじように「フロートリグが好きになれない」って人も居らっしゃるんじゃないかと思うんですね。
っつーことで今回は、しっかりと手元にバイトを感じることができるというリグシステムを紹介しているブリーデンフィールドスタッフの津田さんのブログをご案内。
フロートリグが好きな人も、イマイチ好きになれない人もご覧くださいませ。
きっとこのリグへの理解がより一層深まることでしょう。

アルカジックジャパン ぶっ飛Rocker II /フロート/飛ばしウキ/アジング/メバリング/ライトゲーム/キャロ/ぶっ飛びロッカー2/キザクラ/Arukazik Japan/
by カエレバ
 

関連記事
藤原真一郎がFシステムを実釣解説&大解剖
ピン狙う「黒原流 巻かないフロートゲーム」
「フロートリグ? 面倒くせぇ…」って方に朗報




aa2cab2c
ソルトターゲットのなかでもメバルほどルアーに対して多彩な反応を見せてくれる魚はいないと思うんですね。
水面直下でしか食わない時もあればトップオンリーの時もあったり、ほっとけメソッドの時もあればボトム放置でズドンって時もある。
上昇アクションに反応したかと思えば、動きをピタッと止めてちょっと待った後に食ってくる時だってある。
彼らがルアーアクションに見せてくれる行動は、ホント様々です。
おなじ場所、おなじ日に釣行していても、その時々によってパターンや付き場も変わりアングラー側もそのシチュエーションにアジャストしていかないと釣果に恵まれないこともしばしば。
そこにこの魚の面白さがあり、たまにびっくりするようなパターンや釣れ方を見せてくれるのもメバルの魅力です。

ってなワケで今年最後の更新は、ライトゲーム情報を締めくくるには相応しい話題をレオンさんが提供してくれているのでご案内。
おそらくこれからのメバリングのスタイル変えるであろう内容ですんで、全国のメバルを愛しやまない方はじっくりとご覧くださいませ。
ロマン溢れるビッグプラグでのメバリングですよん!

バスデイ S.P.M 75mm HF−104 クリアーチャート
by カエレバ
 

関連記事
イカつきメバルに効くトッププラグとその動き
デカトッププラグで「ポチャパク」メバリング
ちょいデカペンシルがやはりメバルに有効な件




GPV01


日々の釣行の際に必ずチェックする情報と言えば、釣り場の潮汐と気象情報ですね。
とくに軽いリグを扱うライトゲーマーが気にするのは、やっぱり風向きや風の強さ。
良い天気でも風がビュービュー吹くような日は釣り難いし、風の影響をモロに受けない場所で釣りたいものです。
また、風の向きが大切ってシチュエーションもあったりするので、可能であれば数時間先の風の動向もチェックしたいって時もあると思うんですな。
しかし意外と海上や沿岸部の風の情報で無料で良い感じのサイトってのはなくて、いまでも僕はコチラの「GPV 気象予報」を使ってるんですな。
ですがここもパソコンで見る分には良いんですが、スマホ対応じゃないんでモバイル端末では見難いことこの上ない。
見る度に「もうちょっと見やすくしておくれよ…」って思っていたんですが…。

ってなワケで、僕とおなじ思いを抱いていたGPVファンのスマホユーザーに朗報です。
完全スマホ対応ではないんですが、普段見ているGPVがある程度ピンポイントで、しかもちょいと拡大されて表示される裏技がu24さんのブログで紹介されているのでご案内。
詳しいカスタマイズ方法はリンク先で読んでもらうとして、ここで少々補足を。
設置方法にある「位置x」と「位置y」の数字を変更すると表示される地図の場所を変えることができます。
デフォルトの表示エリアは大雑把なので、表示したい希望の地域がずれている場合、上記の方法で調整してみてくださいませ。
これで普段見慣れているGPVがちょいと使い勝手が良くなって、スマホで見られるようになりますよん。
あ、そうそう風向きや風速以外にも波浪情報や降水情報もありますんで、そちらもあわせてご活用ください。
なんだか痒いところに手が届いた感じです(笑)
山口県用を作ったんで、県内アングラーさんはブックマークに入れて使ってくださいな。

【送料無料】PROTREK(プロトレック) 【国内正規品】 PRW−2500T−7JF【SMTB】
by カエレバ

関連記事
日本気象協会製作の気象情報サービス「潮さん」
リアルタイムで風向きを表示するサイトが最高!
地味ながらも凄い! 国土地理院の「ウォッちず」




o0600040013490299720


いよいよクリスマスがやって来ました。
このイベントが終わった途端に年末感が加速度的に増しまして、年の瀬に突入していきます。
しかしこの冬はまだ「寒くて寒くてブルッっちまうぜ!」っていう日がない気がします。
今年は暖冬だとか異常気象だとか言われてますが、数年前から季節を問わず「今年の天気は異常だ」と耳にすることが多いんで、既にこれが「普通の状態」になっている思うんですね。
しかし、いくら暖冬とは言え冷え込む日もありまして「寒いもんは寒い!」ワケで、寒風吹きすさぶなか極寒の釣り場に身を投じるアングラーは過酷な状況下での釣りを余儀なくされます。
僕たちはたとえ身も凍るような外気に晒されていても、体はホットで居たいワケです。
釣果は寒くても、せめて体はホットで居たいワケです。
つーことで今回は、極寒地に自ら赴くおバカな酔狂なアングラーさんたちのために、冬の重ね着の基礎知識を書かれているナカムラさんのブログを紹介。
僕は寒いのが大嫌いなので冬の間はコタツでぬくぬくしながらミカンを食べてますが、皆さんは鼻をすすりながらホットな釣りを楽しんでくださいませ!
レッツ エクストラコールドウィンターゲーム!

しっかし、コタツはえ~わ~。

ハヤブサ フリーノット 光電子 レイヤーテック アンダーシャツ エクスペディション厚手 Y1614 チャコール
by カエレバ
 

関連記事
ちゃんと押さえておきたい防寒対策のキモ
結局どれが良いの? 主力アンダーウェアを検証
スタイリッシュなダウンジャケット風の救命着が登場!




o0800045013514393167


先日ちょろっと時間が出来たので2時間ほど海に行ってきたんですが、愛用のリールが持病の逆転現象を発症…。
この持病を持つメーカーさんのリールとは長い付き合いですが、そろそろこの逆転現象が起きないと言われている某社さんのリールも使ってみたいなぁと思う今日この頃です。
さて、そんなワケで漠然とリールが欲しいと思ったんですが僕はアジングでもメバリングでも、チヌでもイカでも、時としてシーバスでも使うリールは2500番一択。
それはなるべく多くの釣りを少ないタックルで、そしてリーズナブルに楽しむために汎用性を考慮した選択。
僕がタックル選びで重要視するのは、何よりも頑丈さと使いやすさ。
しかし、近頃は「繊細な釣りにはそれなりのタックルの方が良いかな?」って、2000番のモノが気になっております。

ってなワケで今回は、メバアジなライトゲームに使うリールの選び方を紹介しているもとくんさんのブログを紹介。
この記事を読むまではバットガイドの径などは気にしたことなかったんですが、意外と大切だったんですね。
なので「どんなリールが良いか分からない」って、リール選びに悩んじゃったり躓いちゃったりしてるビギナーから中級者さんは必見。
最近のリールは低価格でもひと昔前のハイエンドと変わらないくらいのモデルが出てきているので、ビギナーさんは無理して高価なリールを買うことはないと思うんです。
最初は「洗える」エントリーモデル、もしくはミドルクラスで十分かと。
そこから少しずつレベルアップして行けば、「良いタックルとはどんなものか?」ってのが良く理解できますよん。

シマノ(SHIMANO) ストラディック C2000HGS
by カエレバ
 

関連記事
実はダイワ派だけどこれは欲しいと思った! シマノのストラディックを動画で解説
覚えておきたいロッドとリールの基本メンテ
中古リールを選ぶ際の注意点を動画で紹介




fa49905ee35bfea43b370fe8bbf94c54


思うように釣りに行けてない日々が続いております。
しかし本来「時間」というのは作るもの。
本当に遂行したいミッションってやつは、無理してでも時間をこじ開けてコンプリートさせるもです。
ってなワケで久しぶりに「え~、その日は予定がありますんでムリです。休みます。」って感じ行ってきました、愛しの山陰、日本海方面へ。
「雪が降る前に遊びに来んさい」って言ってくれる友達を放っておくわけにもいかないし。
ところが、喜び勇んでやって来た海の状況はよろしくなく、あっちのポイントもこっちの釣り場もターンオーバーによる濁りが入っており沈黙。
どこもかしこも生命反応ナシのトホホな感じ。
「んじゃ、あそこに行ってみようよ」って、友達がターンオーバー対策で連れて行ってくれた場所は…。
ってことで、いったい僕はどんなところに案内されたかは、お友達であるチバさんのブログを見てくださいませ。
キーワードは「流れ」。
そいつがすべてを「水に流してくれる」ようです。

「っていうか、おい、ターンオーバーって何よ? カッコつけて横文字で説明すんなよ」って方は、下の関連記事をお読みになりやがってください。
ちなみにゆーすけさんとこのブログでは美味しそうな河口エリアの見つけ方が書かれているので、興味を持たれた方は参考にされてくださいな。

【モリックス】Molix サターワーム2.5インチ「NEWカラー」[ネコポス:4]
by カエレバ
 

関連記事
魚の活性に影響を与えるターンオーバーとは?
これは便利! 日本全国の河川と湖沼を分かりやすく表示する「川だけ地形図
穴場スポット「河口」でのアジ攻略を動画で紹介
河口の釣りに欠かせない「塩水くさび」って何?




ajplg001


アジングという釣りが世に現れてからメインとして使われるルアーはワームでして、定番の釣りとなった今でもその地位は揺るぎなくスタンダードとして支持されています。
アジング黎明期はスプリットショットやライトキャロライナが主な釣り方でしたが、最近ではシンプルで奥が深いジグヘッドオンリーな釣りが人気でビギナーからベテランに至るまで幅広く楽しまれています。
ジグヘッド単体の釣りは手軽にできてコストパフォーマンスも高い反面、ごまかしが効かずテクニカルで魚からのコンタクトや海の状況がダイレクトに伝わってくるのがこの釣りの魅力。
ライトゲーム好きなお友達が、ついついハマってしまうのもうなずけますね。
しかし、せっかく「疑似餌を使った魚との知恵比べ」を楽しんでいるんだから、1種類のルアーだけ使うのはもったいないと思うんですね。
あの手この手で魚たちの裏をかき、騙くらかすのがルアーフィッシングの醍醐味。
ひとつのルアーを突き詰めるのも楽しいですが、いろんなルアーを使うのもオススメなのです。

ジャクソン(Jackson) ピグミーボックス シャローミノー S 46mm CGR アカキン
by カエレバ
 

ってなワケで今回は、ワームが主人公っていうソフトなアジングは置いといて、ハードルアーで楽しむアジングを紹介している梶本さんのブログをご案内。
「メタルジグなら使ってるよ!」って方はそこそこ居らっしゃると思いますが、やはりまだメタルアジングを楽しんでいるアングラーさんは少ないんじゃないかなって感じるんですね。
つーことで興味のある方は「マイクロメタルジグによるアジングメソッド入門編。(基本操作とアタリの取り方)」をどんぞ。
※ちなみに文中にある「テンションスライド」はメタルジグのフォールに合わせてロッドティップを下げ、その動きに追従させるようなロッド操作だそうです。
そしてお次は注目の「アジのプラッギング」。
ちょいとハードルが高そうなイメージですが、読んで頂ければ「釣れる気がしてきた…!」ってなること間違いなし。
ってことでプラグで釣ってみたくなったら「アジングにおけるプラッキングゲームの魅力。(Jackson PY シャローミノーのアジングゲームでの魅力)」を是非。
きっと楽しみの幅が広がると思いますよん。

関連記事
ジグ単、キャロ、スプリット、メタルジグだけじゃない。アジングプラッギングを紹介!
アジング&メバリングのライトなナイトジギングはグロー系がおすすめ
武田さんがSHORES ストリーマーでアジング


oiigbke94aomeh3bmydu-4107fa4c

土肥富さんちのodzのテスターを務めるあおむしさんとこのブログに、ギンギンに鋭い新型ジグヘッドスッ…と刺さるフックの話題がアップされているのでご案内。
実はここんところ僕がキャロ用に好んで使っている自作のジグヘッドと一軍ケースに入ってるお気に入りのジグヘッドのひとつはodzさんとこのアイテムでして、その鋭さと刺さりの良さは折り紙つき。
そんな研ぎ澄まされたフックポイントを持つ新作ジグヘッド「フロードライブヘッド」と「レンジクロスヘッドS」が、なんと水面下で開発されていたってんだから紹介せずには居られないってもんです。
フロードライブヘッドはボチボチ店頭に並ぶそうなんで、見かけたらゲットしていきたい所存です。
刺さりの良いフックってのは使っていて気持ちが良いし、安心して使えますな。

ODZ(オッズ) フロードライブヘッド 6号/1.0g ZH-39-F
by カエレバ
ODZ(オッズ) レンジクロスフック S/6号 ZH-35-F

関連記事
随一の鋭さを持つJH「レンジクロスヘッド」登場
気になるジグヘッドの要の部分を超拡大でお届け
光学顕微鏡でのフックポイント画像とその考察




RYU_8936

以前コチラでお伝えした34さんとこの鋭意製作中プラグですが、いよいよ最終プロトが出来上がりお披露目となったので皆さんにご案内。
この嬉しい新作プラグの話題をアップしてくれているのは34の大石さんでして、記事中にはこのプラグの名前「LINK 50」の由来から仕様、特徴などが綴られてますんで楽しみにして居られた方は是非。
リトリーブによりアクションが変化するシンキングペンシルなのでメバルやセイゴ、シーバスなどのライトなプラッギングゲームにぴったりかと。
シンペン愛好家の僕ちゃんは、ちょいと期待しつつ発売を楽しみに待つことにします。


関連記事
注目のメバリングプラグ「 SHORES オルガリップレス」の特徴を解説
固定観念をぶっ壊し出来上がった拘りのプラグ「FCTストリームドライブ45CB」が誕生!
近頃ソルト業界をざわつかせているブランド「nada.」の正体が明らかに





4380aaa0


レオンさんのブログに、トリプルフックに纏わる興味深い話題がアップされているのでご案内。
レオンさんが立ち上げたFish.INで販売されているトッププラグには「赤針」が使用されていますよね。
これはしっかりとした理由があってのことでして、これらのプラグたちが持っている実釣性能を更に引き出してあげるためのチューニングなんだそうです。
そして、話題はこれだけには留まらず、国内で生産されているフックのちょっとした小ネタや、レオンさんがメバリングでオススメする「刺さりやすく、鬼掛け仕様にする」トリプルフック&スプリットリングなども紹介されているので、メバリングプラッガーの皆さんは必見。
そしてこのフックはFish.INでオリジナル大量パックとして販売するそうなんで、プラグ大好きっ子は要チェックのこと。


関連記事
注目のヘドンのプラグたちをレオンさんが紹介
トップウォーターメバリング新時代の幕開け
イカつきメバルに効くトッププラグとその動き




pki8z9de8zdvvr2odz6v-58735a87


じょーじ山本さんのブログにメタルアジングについての話題がアップされているのでご案内。
まぁ普通メタルジグを使ったアジングは「専用のライトなタックルで」という感じですが、じょーじさんのスタイルはひと味違うようで、場合によっては20~60gクラスも投入することもあるそうです。
んで、アジをメタルで釣る時ってのはアクションとかベイトとかってのが重要な要素でして、その辺りのこともしっかりと書かれてますんでメタルアジングの世界にどっぷりハマりたいって方はご一読を。
お手軽イメージのアジと言えど「やっぱり青物なんだよね」って思った次第です。

【メール便可】STORM 五目ジグ 8g
by カエレバ
 

関連記事
50UPを捕獲したメタルアジングテクニック公開
じょーじ山本 メタルアジングを実釣親切解説
じょーじ山本が伝授する「金属片アジングテク」




285f500b

基本的に僕はカラーで迷うってのが好きじゃありません。
だから自分で使うカラーってのはだいたい決めてまして、持ち歩くルアーの色もそれほど多くありません。
ワームに関してはブラック、グリーン、イエロー、ピンク、クリア、クリアグリッター、ホワイト、グローくらいで、プラグはそれこそクリアとイワシ系、適当なチャート、適当に好きな色のホロ系といった具合でこだわりもなく、好きな雰囲気で選んでいます。
メーカーさんが気を利かせ豊富なカラーラインナップを展開してくれるのはありがたい話なんですが、それらをひとつひとつ試す時間もお金もないので、ほぼ見た目と「釣れそう」な感じで選んでいます。
それでも普通に釣れますし、過度なカラーバリエーションってのは正直必要ないと思っています。
大切なのはレンジや大きさ、そしてアクションでして、それらがマッチしているという条件でカラーの威力は発揮されると思っています。
色の違いによる釣果ってのは、そーゆーもんだと理解しています。
んで、今回はメタルジグのカラーのお話。
個人的にメタルジグはアクションが命だと思っていて、色がどーのってのは考えたことがなかったんですね。
それこそ適当にキラキラしててくれてればいーやとしか思ってませんでした。
しかし、ナイトゲームのことを考えれば光源が限られていたり、光線が深い場所に届かなかったりするワケで、そんな状況下でのホログラムの反射なんてどれほどの効果がるのかな?って思ったんです。
この梶本さんのエントリーを読んで。
やっぱり光が届かないエリア、届きにくいエリアでのグローの力ってのは侮れないようでして、今までほとんど使ったことのないグローのメタルジグってやつの必要性を感じた次第です。
そしてその昔、レオンさんのブログにグローのメタルジグのネタがあったのを思い出したので関連リンクに貼っておきますので、あわせてご覧くださいませ。

Jazz(ジャズ) 爆釣JIG メバルチューン センターバランス 3g 009(オールグロー) BJ3C
by カエレバ

関連リンク
爆釣ジグの秘密?
売れないけど釣れるカラー…

関連記事
メタルジグの苦手を克服させるたった一つの名言
メタルジグの使い方と落下速度調節のアイデア
メバジギ名手の必殺技・ツーチョンメソッドとは




stcb001


僕たちの身のまわりには「これってこーゆーものだから」とか「昔からこーだったから」とか、「それであることがあまりにも普通だったから、そーゆーもんだと疑う余地がなかった」ってことが結構あるワケでして、身近にあるものほどそんな思考に囚われがち。
しかし、ちょっとしたアイデアや何かにつまずいた時のヒントってのはそんな「当たり前のこと」を疑ったり、違った視点から見た時に生まれてきたりします。
それは釣りの世界にも言えることでして固定観念や既成概念のなかだけで思考を巡らせているだけでは、突き抜けたものってのは出てこないと思うんです。
誇り高いモノ造りの精神が受け継がれている我が国の釣り具メーカーさんは、どこかで見たような製品を焼き直して我が物顔でリリースするようなことはまさかしないと思いますが、そのようなことではコピー製品をしか作れませんね。
おなじような性能をもつモノでも、何かしら独自の考えやアイデアをプラスすることができていなかったら、それはただの「コピー」ですから。

ってなワケで今回は、「手にとって納得してもらえる良い製品を作ろう!」っていう心意気が伝わってくる、そんなルアー「FCT ストリームドライブ45CB」の魅力を徹底的に解説してくれているバンダナさんのブログを紹介。
作り手の気持ちがこもった製品ってのは、使っているとその気持が伝わってくるも。
もうじき発売ということなんで、今からリリースが楽しみですね!

関連記事
メバルに効果的なストリームドライブに追加モデルが仲間入り
美味しいゾーンを狙い撃つワンダーライト50
ワンダー45ライトウェイトチューンが良さ気な件




6f1a6390

各メーカーさんから発売されているワームにはいろいろなカラーがありまして、正直どんなんが良いのか迷ってしまいます。
カラフル&キラッキラで艶っぽく妖しい光を放つカラーは本来魚を魅了するためのものですが、いつの間にか僕たちアングラー側がターゲットになっちゃうという悩ましい現象がおきちゃうほど魅力的。
んで、色に惑わされ色欲に駆られてあれこれ手を出すと財布へのダメージは蓄積し、釣り場での迷いは増すばかり。
しかし、やはり色々と揃えておきたいのがアングラーの悲しい性…。
ってな具合いで僕たちはカラーという魔物に、取り込まれちゃうワケです。

ってなワケで今回は、とりあえずクリアだけ買っとけば自分でオリジナルの色付けができちゃうんだぜって技を健太郎さんとこのブログからご紹介。
お手軽簡単に、しかもリーズナブルに自分だけのオリカラワームが作れちゃうので、欲しいカラーがないって人や少しずつカラーを揃えて試してみたいって方は必見。
いろんなパターンが作れちゃうんで、ワーム大好きっ子にオススメな小技ですよん。

ブリーデン(BREADEN) NejiNeji(ネジネジ) 50mm 01 オーロラサイダー
by カエレバ
 

関連記事
「もう迷わない!」カラーセレクトに悩まないために覚えておくと役に立つ考え方
このルアー、このカラーだから釣れたの真実
カラーローテは釣果に影響を及ぼすのかを検証

 




sp-066480100s1442931068


ヤマガブランクスさんのライトロッドのインプレを複数書かれているスパイクさんとこのブログに、限定モデルである「ブルーカレント 73TZ/NANO Professor」のインプレがアップされていたんでご案内。
限定モノのロッドらしいので現在入手できるのかどうかは不明ですが、このロッドが気になっている方も居らっしゃるかと思うのでピックアップしてみました。
キャスト性能やルアーの操作感、魚とのファイトやタックルとの相性など、気になることが書かれているので参考にされてくださいませ。
オフィシャルの実釣動画もありますんで、下に貼っつけておきますね~。


★限定ショップモデル★YAMAGA Blanks(ヤマガブランクス)BlueCurrent(ブルーカレント)BLC-70/TZ NANOPROFESSOR(プロフェッサー)【ライトゲームロッド】【ルアーロッド】05P24Oct15
by カエレバ
 

関連記事
ブルーカレントシリーズの特性を紹介
ブルーカレントのトルザイトモデルを2本まとめてインプレ
ブルーカレント 66/TZ LTDと77M/Tiをインプレ




大寒波が来てもウズウズしちゃう! アナタのための道路情報リンク

日本列島が大寒波の襲来でガクブルしてますね。 今年は暖冬だとか言ってたんで「恒例の道路情報リンクはいいかなぁ?」って思ってたんですが、一応再掲載しておきます。 こんな状況でも、とりあえず釣りしたい。 行ける時に行きたい。 […]

お役立ち気象情報「GPV 気象予報」をスマホで見やすくする裏技を伝授

日々の釣行の際に必ずチェックする情報と言えば、釣り場の潮汐と気象情報ですね。 とくに軽いリグを扱うライトゲーマーが気にするのは、やっぱり風向きや風の強さ。 良い天気でも風がビュービュー吹くような日は釣り難いし、風の影響を […]

釣人マナー悪化でアジングの聖地が釣り禁止へ

ついにこの時が来たかと、なんとも残念な気持ちでいっぱいです。 上関に釣りに行かなくなって、もうずいぶんと時間が経ちます。 僕がアジングという釣りにハマったのが約7年前。 その頃の上関は今ほど人や車、ゴミも少なく、快適に釣 […]

ご活用ください! ルアーメーカーリンク集

アングラーの皆さんの気になる情報のひとつである、新製品情報やメーカー情報。 新しい話題は何かと心踊るものがありまして、それが知りたくて当サイトに訪れてくださる方も多いかと存じます。 さてこの度、年末年始の休みを利用しつつ […]