Tuesday, August 21, 2018

ビギナーからの脱却「反転流」を意識しよう

Posted by tomoshow On 6月 - 5 - 2012

アジングやメバリングの鉄板ポイントとして上げられるのが常夜灯の灯る防波堤。灯りにつられてやってくる小魚やアミ系のベイトを目当てに、そいつらを捕食するアジやメバルなんかがやって来ます。そしてさらに彼らをターゲットとする僕らアングラーが、夜な夜な灯りに誘われてフラフラとやって来るワケですな(笑) しかし、そんな釣り場でもただ闇雲に投げるだけでは釣果に差が出てきちゃうもんで、おなじ場所でやっているのに釣る人とは何が違うの?って疑問が湧いてきちゃうのは当然のこと。そんな疑問や悩みのひとつの解決の糸口が、34スタッフブログにアップされているので、ステップアップしたい方は参考にされてくださいませ。


関連サイト
めばるing 流れと魚の関係  / 風の反転流



過去にはこんな記事も

コメントをどうぞ

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]