Wednesday, December 19, 2018

ライトゲームと言えばすぐに思い出すのが、メバリングやアジング等の小型の魚を相手にする釣り。しかし、この「ライト」って言葉がクセモノでして、どっからどこまでが「ライト」なのかの線引きがよく分かりません。 僕個人で言えばマックスで60cmくらいのターゲットを相手にするのが「ライトゲーム」なんかな?って考えています。んで、それくらいの魚から、もう少し大きめサイズを相手にするのに持って来いの、楽しげロッドが登場するようなのでご紹介。その楽しげロッドというのがゴールデンミーンの新製品「スローダンサーⅡ ライトキャスト(製品ページ最下段)」なのです。
ちなみに高木さんは、先日紹介したブービーバードの新色の解説をコチラでしておられるので、シーバスルアーが大好物な方は是非。


関連記事
ロッドポストSPの使い勝手を向上させちゃおう
偏食アジの悩ましいバイトとフック考察





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

過去にはこんな記事も

コメントをどうぞ

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]