Tuesday, July 4, 2017

フロートリグの可能性と瀬戸内尺メバル

Posted by tomoshow On 3月 - 22 - 2012

瀬戸内の尺メバルを陸っぱりで仕留めるってのは結構難しいことでして、先日のレオンさんの記事を読んで頂ければ分かっていただけるかと思います。そして今回エバーグリーンのスタッフである黒原さんが「瀬戸内の尺」をキャッチした模様をブログにアップされているのでご紹介。
フロートリグってヤツは僕のなかではどうもヤル気が起きなくって、いつもタックルケースの隅っこで来るはずもない出番を待ち続けている浮かぶクセに浮かばれないリグなんですな。でも今回紹介するお話は、そんなフロートリグがエキストラから主演に抜擢されるようなサクセスストリー。しかも舞台となっているのが普通の漁港ってんだから、なんともドラマチックですな。いやはや、今までのフロート系の釣りのイメージが覆されちゃいましたよ!


関連記事
BJ的フロートリグの誘い方をちょこっと紹介
チューブラーは「本当に弾くのか?」というお話
フォール中の小型アジにお悩みのアナタに朗報



※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

過去にはこんな記事も

コメントをどうぞ

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]