Saturday, October 20, 2018

PEのラインシステムの回収率についての考察

Posted by tomoshow On 2月 - 11 - 2012

PEラインを使う上で避けては通れない「ラインシステム」、僕なんかは夜のライトゲームでの結束が正直面倒なので、現在ではほとんどフロロを使うようになってしまいました。もちろんデカイ獲物を狙いたい時やエギングでは、今でもPEのお世話になっています。が、風の強い時、暗い場所、時合い真っ只中の時に、編み込んで編みこんでさらにハーフヒッチを繰り返したりするのは「ムキー!」ってなります。大嫌いです。そんな編み込むラインシステムに疑問を持ったアングラーken39さんが、興味深いことを書かれているのでご紹介です。


関連記事

超簡単!超速FGノットの編み込み法を伝授!!

トーナメンター御用達「速攻8の字結び」を伝授

3.5ノットの強化版「サージェンスノット+ハーフヒッチノット」




※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー



過去にはこんな記事も

2 Responses to “PEのラインシステムの回収率についての考察”

  1. ひろぽん より:

    私の場合は、FGノット改(ひろぽんノット)です。
    編みこみ6回のハーフヒッチ3回でやってます。

  2. tomoshow より:

    @ひろぽんさん
    編み込の回数は相手にするターゲットの大きさによって、変更しても良さそうですね~。
    6回の3回なら我慢できそう(笑)
    今度FGノット改を試してみようと思います!

コメントをどうぞ

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]