Sunday, December 16, 2018

なんだか「ピンキー」の宣伝みたいな感じになっちゃってますが、他社のラインでも通用するお話。(家邊さんブログなんであたりまえなんですがw)
最近はなにかと細いラインでの釣りの話題が多いんですが、太いラインの出番がないのかと言えば決してそんなことはなくって、時と場合によっては強い味方になります。そこらへんの太いラインと細いラインの性質を利用した釣りのことが書かれているので、ラインに悩むアングラーさんは是非。
釣り場の状況に臨機応変に対応できるように、替えスプール持参で釣り場に挑みたいものですな!


関連記事
フロロラインのトラブル対処法と防止法
フィネスな釣りは「クラゲの触手」にご用心の巻





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

過去にはこんな記事も

コメントをどうぞ

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]