Saturday, July 21, 2018

藻からぶち抜く! カバーメバリングのすすめ

Posted by tomoshow On 4月 - 25 - 2011

メバルを釣るにあたって餌場であり、隠れ家である「藻場」は無視できない存在のひとつ。そこをピンポイントで攻めるとするならば、通常は海水が藻の背丈を超えるタイミングで狙うのがベスト。それ以外ではルアーやリグが藻に引っ掛かるストレスを理由に、なんとなく敬遠する方も多いはず。しかし、そんなハニースポットを指を咥えて眺めているのはもったいないよ!ってことで、またまた、みったんさんのブログ「GLOW」のエントリー紹介です。
テキサスリグを知っていてもメバル狙いで使用する方は少ないと思いますが、普通の釣り方で釣果を伸ばすのが難しくなってきた昨今のメバリングの世界。発想の転換こそが、良い釣りをする上でのキーポイントになるんじゃないかな? なんて思う今日この頃なのです。


関連記事
簡刺しワームの可変レングスシステムとアミーゴ





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

過去にはこんな記事も

コメントをどうぞ

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]