Wednesday, September 26, 2018

チヌ(クロダイ)のボトムゲームの発祥は広島で「Mリグ」が最も有名だけど、今回紹介するリグも広島生まれなんだとか。僕はこのリグの存在を最近知ったんだけど、マッキンリグとかマッキーリグ、MKリグなんて名前で呼ばれているらしく、検索すれば結構ヒットします。正式にはマッキーリグと呼ぶようで、発案者さんの名前をとって命名したとか。
前置きが長くなっちゃいましたが、このリグは何かとロストの多いボトムゲームでは救世主的な存在で、手間もかからず安価で良く釣れるという良いまさにトコ取り。そんなサイフに優しいマッキーリグの情報はマッハさんのブログ「Real & Fake」でどうぞ! しかし、どこかで見たようなリグだなと思ったら「直リグ」だったんですね。考案者のマッキーさんは先見の明があったんですなぁ!


スポンサードリンク

スポンサードリンク


過去にはこんな記事も

コメントをどうぞ

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]