海の今を知るための海洋状況表示システム「海しる」爆誕!

メバルとアジの情報を主軸に、海のライトゲームの旬をお届けするブログです!

Webサイト オススメ

海の今を知るための海洋状況表示システム「海しる」爆誕!

投稿日:


スマホ全盛の世の中、釣りの情報はネットで集めて出発するのが息をするくらい当たり前の時代となりました。
その昔、当サイトがまだ使える釣り情報サイトだった頃、それはそれは皆さんに重宝がられておりました。
今やアングラーの常識となった「GPV気象予報」をはじめ「Windyty」をいち早く紹介したのも当サイトだったと自負しております。
そして今回は更新再開第一弾として、海の釣りに役立つこと間違いなしの濃いめのWebサービスをお友達のみんなにご紹介です。

スポンサードリンク

なんと最近、日本近海の平和と秩序と人命を守る海上保安庁さんが、あらゆる海の情報を網羅した海洋状況表示システム「海しる」を公開しちゃったんですね!
その情報の濃さと多さはビックリもので、アングラーが喜ぶ気象海象から素人さんには理解できないデータ、そして学者さんからその道のプロたちもウハウハな情報までギュッと凝縮してあるんですな。

 

瀬戸内海の海流がチェックできるは嬉しい限り!

まぁ詳しい内容は直接リンクから「海しる」に飛んでいじってもらうとして、僕が個人的に感動した情報を下でちょろっとご案内。
まず、入口から入ると左側にずらりと見られる情報が並びます。

『海象』では「水温」、「海流」、「潮流」、「潮汐」、「波」などが見られ、「潮流」では瀬戸内海、東京湾、伊勢湾アングラーに嬉しい湾内の潮流が見られます。(相模湾は海流で確認できます)
他の海域は「海流」でチェックできるので、潮が当たっているエリアを見つけるのに便利かと。

『海洋生物・生態系』では藻場や干潟の場所が確認できるのでポイント選定に役立つし、動物好きには「ウミガメ産卵地」や「海獣・哺乳類生息地」なんかも見られます。

『地形・地質』の「底質」では、海底が砂なのか岩なのか泥なのかが表示され、「等深線」では海域のおおまかな深さがわかるので、これも釣りの作戦を練るのに重宝しそう。

『気象』に関してはちょいと残念で、正直ほかの気象情報サイトで確認した方が分かりやすいです。

また『防災』や『安全』も海で遊ぶ際には目を通しておきたいところ。
ほかに海水浴場や潮干狩り、名所旧跡や文化財なんかも見られちゃうので、釣行ついでの観光なんかにも良いかも。

 

「藻場」と底質の「石・岩」&「礫」を表示。もちろん更に拡大も可能

ただ注意したいのは一度に多くの情報を開いてしまうと異常に読み込みに時間が掛かるので、必ず各項目の「+」をクリックして確認したい情報だけを選んで表示させること。
各情報は地図上に重ねて表示させることもできるので、欲張りな方はたくさん選んでしまうかもしれませんが気を付けましょう。
まだオープンしたばかりで使い勝手がイマイチで粗削りな部分もありますが、それはおいおい改善されていくと思います。
たぶん…。


今回は速足で紹介しましたが更新をお休みしていた間、他にも使えるサイトをチェックしていたので、また次の機会にでもお知らせしたいと思っております。
お楽しみに~!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

過去にはこんな記事も

-Webサイト, オススメ
-

執筆者:

関連記事

ソルト対応のダイワ ブレイゾン100Hをインプレ

以前紹介した、ダイワのお手頃ベイトリール「ブレイゾン」のインプレを、当サイトではお馴染みのいまたろうさんがアップされているのでご案内。 すでにお約束となった動画をはじめ、本機のウリの部分を解説。また気 ...

バブルサーディン2インチの泳ぎっぷり動画公開

fimoさんとこのルアー研究所に、バークレイのバブルサーディン2インチのスイミング動画がアップされているのでご紹介。 1g前後の超軽量ジグヘッドを使う場合、リグの存在感を感じられるか感じられないかって ...

メバルプラッギングで重要なフッキングを成功させるためのロッドワーク

プラグでメバルを釣る際に「なかなかフッキングが決まらない」、「甘掛かりが多くでバレてしまう」ってことがありませんか? この原因はフックポイントが単純に鈍っているだけだったり、ルアーのサイズやレンジがマ ...

回遊するアジを迎え撃つ際に知っておきたい釣り場のピンとメタルジグの使い分け

アジって魚はライトゲームのターゲットとして親しまれていますが、手軽にできる釣りなだけにナメてかかると手痛い目に会っちゃう油断ならぬお魚です。 活性の良い時はポンポン釣れて大爆釣を味わえますが、少しでも ...

期待のロッドTE74fortunateの使用感を紹介

ブリーデンのオフィシャルページに、期待のロッド「TEシリーズ」のページがオープンしています。 今回は現在鋭意開発中の 「TE 74fortunate」の使用感をお伝えしている、同社のフィールドスタッフ ...

follow us in feedly