あのスプールやあのロッド、ちょっと気になるアイテムの情報をちょっぴり紹介

メバルとアジの情報を主軸に、海のライトゲームの旬をお届けするブログです!

オススメ タックル

あのスプールやあのロッド、ちょっと気になるアイテムの情報をちょっぴり紹介

投稿日:


pknws001


ここ数日の間に見つけた気になるアイテムたちの情報をサラリと紹介。

まずはTICTさんちのカスタムスプールのお話。
同社のカセットボビンシステム搭載のスプールは、発売前からかなり話題となり注目を集めた製品。
しかし、残念なことに対応するのがダイワ製オンリーだったことで、シマノ製のリールを愛用しているアングラーさんにはガッカリでした。
だがしかし、そんなシマノユーザーに朗報です。
現在TICTさんでは、シマノ用の開発が着々と進んでいるそうですよ~!

お次はオリジナルティー溢れるアイテムを作り続ける、マグバイトさんから新型ワーム「ブーティーシェイク」の生産開始情報。
近頃のワームは味と匂いが配合された「フォーミュラーもの」も多くなってきました。
通常ですと、エビとかイカとかの海産物メインですが、やはりここはやることがちょいと違っておりまして、ニンニク配合です(笑)
パッケージを開けると、エビとニンニクの匂いがたちこめるそうです。
ニンニク大好きな僕ちゃんは、もうそれだけでご飯がいける感じがしちゃいます。

スポンサードリンク



そして、こちらは個人的に超気になってるブリーデンさんのロッドの発売時期について。
以前コチラで紹介したロッドがいよいよリリースされるそうです。
発売されるのはTREVALISM "KABIN"とTREVALISM "YOGI" の2モデル
詳しいスペックなどが知りたい方は、コチラの製品ページをどんぞ。
しかし最近のブリーデンさんのネーミングセンスとかキャッチコピーの選び方はちょいと「うーん」な感じ。
「SUMO」とか「虹虹」、「KABIN」とか「真恋人」って、ちょっと…。
って思ってるのは、僕だけじゃないはず。

最後は「間違いないルアー」を開発し続ける、スミスさんの復刻プラグのお話。
メバルプラッギングを以前からずっとやっている人ならば「シラスミノー」はご存知のはず。
地味な存在ゆえ、最近ではあまり見かけることがありませんが定番プラグであります。
そんな「シラスミノーシリーズ」のなかに実は廃盤になっていたモデルがあったらしく、今回めでたくカムバックです。
ラインナップに復活したのは「シラスミノー48 リップレス」のシンキングモデル
ペンシルのシンキングを廃盤にしちゃうってのは、シンペン好きとしてはちょっと理解できませんな。
っていうか、スミスさんは良い製品をたくさん作ってるんだから、もっとしっかり宣伝すれば良いのに。
ホント、もったいないなぁって思うんですな。

以上、ちょいと気になるニュースでした。

by カエレバ

関連記事
マグバイト こだわりの新型ライトゲームフック本生産へ!
ブリーデンで開発中のアジングロッドを3種類のティップ別に紹介!
TICTの新作メバルロッドである2本の「アイスキューブ」をの特徴を詳しく解説


スポンサードリンク

スポンサードリンク

過去にはこんな記事も

-オススメ, タックル
-

執筆者:

関連記事

「その手があった!」と感激した お手軽な自作チヌリグのネタを紹介

近頃、チヌゲーアイテムの進化具合ってのがすごくって、「またやってみようかなぁ…」って思い始めているのです。 しかし、どうしても根掛かりに対する恐怖心やストレスが先行してしまって、なかなか踏ん切りが付か ...

ワンランク上のビッグサイズと出会うために

海にしても川にしてもそれほど大きくはならないけれど、釣ったら一目置かれるサイズの目安として「尺」という区切りがあります。約30cmという大きさですが、なぜかそのサイズに1cm満たないだけでも扱いが変わ ...

アブガルシア キス用ルアーロッドを動画で解説

以前コチラで紹介したキス用ロッド「KR-X キスゲーム」、その紹介動画がアップされているのでピックアップです。 ワームで狙うシロギスのために開発されたちょっと酔狂なこのロッド、さすが専用ってだけあって ...

比重の違うシンカーでフォール速度を調節しよう

現在のアジングシーンで最も熱いのがジグヘッド単体ゲームでして、その釣りに特化した専用ロッドなどもリリースされているので、繊細で奥の深い世界を楽しんでおられる方も多いかと思います。しかし、元祖アジングリ ...

【ビギナー必見】 流れと地形を読んで魚の居場所見つける技術を身につけよう

当サイトでちょこちょことご案内してきた健太郎さんの「SALT WATERの連載企画」が終了なんだそうです。 非常に楽しみにしていたので、もう読めなくなってしまうのは残念ですな。 健太郎さんの鋭い観察眼 ...

follow us in feedly