Friday, November 24, 2017

pknws001


ここ数日の間に見つけた気になるアイテムたちの情報をサラリと紹介。

まずはTICTさんちのカスタムスプールのお話。
同社のカセットボビンシステム搭載のスプールは、発売前からかなり話題となり注目を集めた製品。
しかし、残念なことに対応するのがダイワ製オンリーだったことで、シマノ製のリールを愛用しているアングラーさんにはガッカリでした。
だがしかし、そんなシマノユーザーに朗報です。
現在TICTさんでは、シマノ用の開発が着々と進んでいるそうですよ~!

お次はオリジナルティー溢れるアイテムを作り続ける、マグバイトさんから新型ワーム「ブーティーシェイク」の生産開始情報。
近頃のワームは味と匂いが配合された「フォーミュラーもの」も多くなってきました。
通常ですと、エビとかイカとかの海産物メインですが、やはりここはやることがちょいと違っておりまして、ニンニク配合です(笑)
パッケージを開けると、エビとニンニクの匂いがたちこめるそうです。
ニンニク大好きな僕ちゃんは、もうそれだけでご飯がいける感じがしちゃいます。

スポンサードリンク



そして、こちらは個人的に超気になってるブリーデンさんのロッドの発売時期について。
以前コチラで紹介したロッドがいよいよリリースされるそうです。
発売されるのはTREVALISM "KABIN"とTREVALISM "YOGI" の2モデル
詳しいスペックなどが知りたい方は、コチラの製品ページをどんぞ。
しかし最近のブリーデンさんのネーミングセンスとかキャッチコピーの選び方はちょいと「うーん」な感じ。
「SUMO」とか「虹虹」、「KABIN」とか「真恋人」って、ちょっと…。
って思ってるのは、僕だけじゃないはず。

最後は「間違いないルアー」を開発し続ける、スミスさんの復刻プラグのお話。
メバルプラッギングを以前からずっとやっている人ならば「シラスミノー」はご存知のはず。
地味な存在ゆえ、最近ではあまり見かけることがありませんが定番プラグであります。
そんな「シラスミノーシリーズ」のなかに実は廃盤になっていたモデルがあったらしく、今回めでたくカムバックです。
ラインナップに復活したのは「シラスミノー48 リップレス」のシンキングモデル
ペンシルのシンキングを廃盤にしちゃうってのは、シンペン好きとしてはちょっと理解できませんな。
っていうか、スミスさんは良い製品をたくさん作ってるんだから、もっとしっかり宣伝すれば良いのに。
ホント、もったいないなぁって思うんですな。

以上、ちょいと気になるニュースでした。

by カエレバ

関連記事
マグバイト こだわりの新型ライトゲームフック本生産へ!
ブリーデンで開発中のアジングロッドを3種類のティップ別に紹介!
TICTの新作メバルロッドである2本の「アイスキューブ」をの特徴を詳しく解説


スポンサードリンク

スポンサードリンク

過去にはこんな記事も

Comments are closed.

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]