シャローの岩場を浮き系虫ワームで攻める! 新たなデイチヌゲームを紹介

メバルとアジの情報を主軸に、海のライトゲームの旬をお届けするブログです!

みんなのブログ オススメ スキルアップ テスター

シャローの岩場を浮き系虫ワームで攻める! 新たなデイチヌゲームを紹介

投稿日:


cngz001


ルアーによるチヌ釣りの歴史は「Mリグ」から始まって、それとほぼ同時期にトップでの釣りも現れて、それぞれメジャーになっていきました。
それがどれくらい前なのかと気になってGoogleで検索してみたところ、「Mリグ」というワードが引っかかるのが2005年から。
僕たちアングラーがチヌゲーを楽しみ始めてから、もう12年ほど経つんですな。
その間にメソッドが確立されチヌ用リグやプラグも進化して、今では手軽に楽しめる癒やしのターゲットとして親しまれる存在になりました。
基本的にチヌゲーは「トップで釣るか、ボトムを探るか」の釣りなんですが、ストラクチャーにつく個体を狙った玄人好みのフォールゲームもあったりして、これはこれで楽しそうです。
んで、今回はそれらの釣り方と違う「新たなチヌ釣り」を紹介してくれている、エバーグリーンのプロスタッフである木下さんのブログをご案内。
シャローな磯場に点在する岩についたチヌを拾い釣りしていくという、渓流釣りのようなスタイルでして、使うルアーはなんとバスに使う虫系のフローティングワーム「ギズモ」
岩から落ちるフナムシなどをイメージし、ここぞと思った場所にキャストしてシェイク。
反応がなければ次へというテンポの速い釣り。
読み通りに魚がヒットした時の快感はひとしおだそうです。
トッププラグの釣りが「動」ならば、こちらは「静」の釣り。
ちょっと地味な感じですが、これはこれでマニアックで楽しげですね!
(防波堤際のシェードに隠れたヤツで試してみるのも良いかもしれません)
興味のあるアングラーさんは、是非トップの釣りの合間に試してみてください。
ちなみに上記のワームの釣りとは関係ありませんが、木下さんがトップチヌで使ってるコチラのプラグはチヌがガンガン釣れちゃうみたいですよ~。
今度、使ってみよっと!


スポンサードリンク


エバーグリーン ギズモ (ブラックバスルアー)
by カエレバ


関連記事
トップでもボトムでもない黒鯛の岸壁ゲーム
まんま「フナムシやん!」的なワームが誕生
まるで専用! あつらえたようにピッタリなビーローチにオススメなジグヘッド


スポンサードリンク

スポンサードリンク

過去にはこんな記事も

-みんなのブログ, オススメ, スキルアップ, テスター

執筆者:

関連記事

フロロラインのトラブル対処法と防止法

最近のアジング&メバリングのひとつのトレンドとして、極細フロロラインによるフィネスフィッシングがあげられます。 フロロラインや極細PEラインの扱いに慣れた方なら、あまりライントラブルに見舞われることも ...

フィネッツァの期待の新作を馬上憲太郎が紹介

広島の貴公子馬上憲太郎さんがオリムピックの新作ロッド「ヌーボ フィネッツァ プロトタイプ」を動画で解説。 オリムピックのフィネッツァと言えば、ライトゲームロッドを語る上では外せない逸品ブランドですね! ...

悪天候でも地合いがくれば釣りは成立する

加地武郎さんと広川嘉孝さんが悪天候のなか、地合いを見事にキャッチしてメバルを釣っていくという動画がアップされているのでご紹介。 暴風雨って状況は正直萎えますが、人の気持ちとは裏腹に魚は逆に超高活性なん ...

春~初夏の瀬戸内メバルのベイトパターンを解説

そろそろメバルシーズンもラストスパートで、梅雨明けまでが勝負となってまいりました。個人的にこの時期のメバルっていうのが一番美味しくて元気があり、釣っても食べても楽しめるメバルのハイシーズンではないかと ...

海面で無数に蠢く浮遊性微生物群の正体とは

アンソルさんちの動画にライトリガーなら見過ごすことが出来ない、ちょいと興味深いものがアップされたのでご紹介。 釣りをしていると、なにやら極小の生き物が海面下で音もなくうごめいているという光景に出くわす ...

follow us in feedly