Monday, July 23, 2018

sumoh001


健太郎さんのブログに、いよいよ発売となったブリーデンさんのジグヘッド「SUMO HEAD」に関するログがアップされたのでご案内。
メバリングやアジングというカテゴリーが確立されて以来、いろんなメーカーさんから多種多様なジグヘッドが発売され、最近では「アミパターン」や「ダート性能」、「掛けやすさ」などのひとつの性能に秀でた特化型の製品が数多くリリースされています。
この度ブリーデンさんからリリースされた「SUMO HEAD」は「ジグヘッドの基本性能と安定感」に重点をおいた逸品でして、ジグヘッドに求められる基本性能のクオリティーが高いモデルのようです。
見た目は平凡で地味なフォルムですが、実はこれがキモでしてスイミング、フォール、ボトムステイ、そしてスナッグレス(根掛かり難さ)効果など、全てを実現させる「奇跡のバランス」を凝縮したカタチがすばりこのヘッド形状。
そしてジグヘッドの安定した操作感だけでなく、フックにもこだわっているという抜かりのなさは流石。
特筆すべきはフックが伸されてしまいがちなライトターゲットのランカーにも負けない「太軸」の存在。
この「太軸」に関する使用上の注意も本文中に書かれているので、ライトなビッグゲームを楽しむアングラーさんはご一読を。

エクセレントな使いやすさを追求したこの「SUMO HEAD」、僕も山陰メバル&ヒラセイゴ釣行、そしてライト級ヘビーゲームのお供に使ってみたいと思います。
普段使いのノーマルタイプのジグヘッドに迷ってるなら、これで決まりかも。
環境問題が気になっているアングラーさんも要チェックですよん!

そうそう、健太郎さんブログのタイトルにある「ジグヘッド&ワーム発売開始!」の「ワーム」の件ですが、おそらく13luepearのブログにあるコチラのことと思われます。
下の関連記事にも、ちょいと目を通しておくと、いろいろ面白いかも。


スポンサードリンク



【ブリーデン】SUMO HEAD(スモウヘッド)[ネコポス:2]
by カエレバ
【ブリーデン】SUMO HEAD(スモウヘッド)「太」[ネコポス:2]
by カエレバ

関連記事
なぜフックが伸されバレるのか? その理由を解説
バーブレスってどうよ? その貫通力を数値で計測
デカメバルを確実に獲るためのフック考察を紹介
新フックの尺ヘッドDXをレオンさんが解説


スポンサードリンク

スポンサードリンク

過去にはこんな記事も

Comments are closed.

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]