バークレーからアミパターンに効きそうなティンセル付きワーム「サビキー」が登場

メバルとアジの情報を主軸に、海のライトゲームの旬をお届けするブログです!

オススメ タックル

バークレーからアミパターンに効きそうなティンセル付きワーム「サビキー」が登場

投稿日:


Sabiky_CLSA

ピュアフィッシングジャパンさんとこのバークレーから、ティンセルのテールを持つワーム「サビキー 1.8インチ」が登場
パッと見た第一印象は「ピュアフィッシングジャパン製のフラッシャーワーム」だったんですが、ダートアクションを可能にするボディーデザイン、ボディーに深く入ったリブ、テール部分のフィンなどのオリジナル要素を盛り込み、ライバルである「フラッシャーワーム」との差別化を図っています。
ルアーの世界はひとつ優れた製品がリリースされれば、他メーカーが改良やアイデアを付け加えた製品をリリースするのが常。
ある意味、弱肉強食的な部分があって優れているものが残り、ただのコピーでしかないものは市場から淘汰されていきます。
そうやってルアーは進化し、使いやすく良く釣れるルアーが定番として生き残ります。
なかには良いルアーでありながら宣伝方法がまずかったり、時代を先取りしすぎて消えていく残念なモノもありますが…。
今までにない画期的なアイデアをカタチにした製品ってのは、非常にインパクトが大きいもの。
個人的にはオリジナリティで勝負しているピュアフィッシングジャパンさんには、「どっかで見たな?」って思うのはやってほしくなかった…てのが正直な感想。
ですが、ユーザーとしては釣れる個性的なワームが増えるのは嬉しいところ。
果たしてこの「サビキー」は、元祖ティンセル付きワームである「フラッシャーワーム」を越えられるでしょうか?



スポンサードリンク





関連記事
アングラーも魚も即バイトしちゃいそうな「見た目からして釣れそうなワーム」がいよいよ発売
「そりゃ釣れるやろ」というコードネームを持つ「そりゃ釣れる」ワームを紹介
脱着可能なティンセルが何かと面白そうな件


スポンサードリンク

過去にはこんな記事も

-オススメ, タックル
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「その手があった!」と感激した お手軽な自作チヌリグのネタを紹介

近頃、チヌゲーアイテムの進化具合ってのがすごくって、「またやってみようかなぁ…」って思い始めているのです。 しかし、どうしても根掛かりに対する恐怖心やストレスが先行してしまって、なかなか踏ん切りが付か ...

【フィッシングショー速報】エバーグリーンの豪腕尺メバロッド&新作ワームを山城剛が解説

アングリングソルトのフィッシングショー2016動画より、エバーグリーンのイチ押しライトタックルの紹介動画です。 本動画は伊豆のゴロタで多くの尺メバルを釣る山城剛さんがオススメする豪腕ロッド「PSSS- ...

キジハタにより近づくためのブレードチューン

パゴスのバンダナさんが、キジハタに有効なチューンを紹介されています。 こちらのリグはフックにブレードを追加をするというもので、波動とフラッシング効果で魚を魅了しちゃおうという作戦。僕もスピンテールジグ ...

「軽さ」だけで選んでない? ライトゲームでのリール選びをもうちょっと深く考えてみよう!

ライトゲーマーがリール選ぶ基準として重要視しているひとつの要素に「軽さ」ってのありまして、できるだけ軽いものを選んで使うといった傾向があるようです。 ロッドにしてもリールにしても、とりあえずライトタッ ...

F-Evolution2 「釣的進化論 Lv.00」

情報を発信する側として、F-Evolution2のHIROさんのブログに共感するモノがありましたのでご紹介致します。詳しい内容は下記のリンクで読んで頂くとして、釣りに関するマナーの向上、釣り場を取り巻 ...

follow us in feedly