Sunday, September 23, 2018

Sabiky_CLSA

ピュアフィッシングジャパンさんとこのバークレーから、ティンセルのテールを持つワーム「サビキー 1.8インチ」が登場
パッと見た第一印象は「ピュアフィッシングジャパン製のフラッシャーワーム」だったんですが、ダートアクションを可能にするボディーデザイン、ボディーに深く入ったリブ、テール部分のフィンなどのオリジナル要素を盛り込み、ライバルである「フラッシャーワーム」との差別化を図っています。
ルアーの世界はひとつ優れた製品がリリースされれば、他メーカーが改良やアイデアを付け加えた製品をリリースするのが常。
ある意味、弱肉強食的な部分があって優れているものが残り、ただのコピーでしかないものは市場から淘汰されていきます。
そうやってルアーは進化し、使いやすく良く釣れるルアーが定番として生き残ります。
なかには良いルアーでありながら宣伝方法がまずかったり、時代を先取りしすぎて消えていく残念なモノもありますが…。
今までにない画期的なアイデアをカタチにした製品ってのは、非常にインパクトが大きいもの。
個人的にはオリジナリティで勝負しているピュアフィッシングジャパンさんには、「どっかで見たな?」って思うのはやってほしくなかった…てのが正直な感想。
ですが、ユーザーとしては釣れる個性的なワームが増えるのは嬉しいところ。
果たしてこの「サビキー」は、元祖ティンセル付きワームである「フラッシャーワーム」を越えられるでしょうか?



スポンサードリンク





関連記事
アングラーも魚も即バイトしちゃいそうな「見た目からして釣れそうなワーム」がいよいよ発売
「そりゃ釣れるやろ」というコードネームを持つ「そりゃ釣れる」ワームを紹介
脱着可能なティンセルが何かと面白そうな件


スポンサードリンク

過去にはこんな記事も

コメントをどうぞ

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]