トルザイトの特性やラインとの相性も視野に入れないと高い買い物になっちゃうかも…

メバルとアジの情報を主軸に、海のライトゲームの旬をお届けするブログです!

みんなのブログ オススメ タックル

トルザイトの特性やラインとの相性も視野に入れないと高い買い物になっちゃうかも…

投稿日:


c8ea9f4b0427a0589e68186c9611efa27edc1686.15.2.9.2


「トルザイトリング」が登場した時ってのは衝撃的で、次世代ガイドなんて言われてましたね。
SiCガイドに比べて、「薄くて軽くて高強度なんで、飛距離や感度がアップ! そしてラインに優しい」なんて夢のようなスペックで話題になったものです。
最近ではそんなトルザイトリングを標準装備したロッドが普通に流通し、アジングやメバリングの高性能ロッドにも搭載されるようになりました。
その性質上、まさに繊細な釣りに向いているガイドなんですが、ちょいと「良いことでだけではない」ってお話を目にしたんでご案内。
今回紹介するのは月下釣人さんのブログでして、トルザイトリングはSiCガイドに比べて「糸鳴りがひどい」というお話。
僕はトルザイトリングを採用したロッドを使ったことがないので、実際にどうなのかは分かりません。
しかし、その疑惑の質問をGoogle先輩に問い合わせしてみると、やはりおなじように感じている方ってのは結構いらっしゃるみたいなんですね。
ヘタすれば「実釣に差し支えが出るレベル」って方も居るので、これは無視できません。
反面、「そこまで気にするレベルではない」ってコメントもあるので、個人的な感覚の問題って部分もあるようです。
「糸鳴り」の原因がラインとの相性だったり、ガイドセッティングやバランスにも問題があるみたいなので一方的に「トルザイトリングが悪い」ということではないようですが、僕らユーザーは、トルザイトにはこのような一面があるということを理解したうえで、慎重にロッドを選ぶ必要があるかなと。
購入の際は、直接メーカーさんに問い合わせてみたり、実際に使ってる人の話を聞いたり、可能であれば使わせてもらって自分で確認するのが1番。
僕もトルザイト仕様のロッドってのに憧れてたんですが、購入の際はちょいと慎重にならないと残念な結果になるなので、注意が必要だと感じた次第です。
大抵の場合、製品のデメリットな部分は広告や宣伝には出てきませんからねぇ…。
あっ、トルザイトリングやトルザイト搭載モデルを否定しているワケではないので、そこは勘違いしないでくださいな。


スポンサードリンク



関連記事
【総復習】トルザイトの一番濃い解説動画を紹介
ガイドの進化が止まらない! 新トルザイト「TORZITE-F」が登場
進化し続ける富士工業のガイドを詳しく紹介


スポンサードリンク

過去にはこんな記事も

-みんなのブログ, オススメ, タックル
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

塗るだけでノットの結束強度をアップさせる身近なアイテムを紹介&その強度を検証

アジやメバルなどの小型魚を対象とするライトゲームでも、チヌやマダイ、シーバスクラス相手のミドル級、はたまた強烈なファイトが魅力なブルーランナーと対決する時でも、ゲームの行方を左右する重要な要素のひとつ ...

NORIES × ECOGEAR アジングロッド「KATSU-AJI 69」を発表

エコギアさんとこのオフィシャルサイトを訪ねてみたら、ノリーズさんとのコラボなアジングロッド「KATSU-AJI 69」が公開になっていたのでご報告。 正直なところアジング専用ロッドってやつは市場に溢れ ...

カラー選択でシルエットを調節するという考え方

 ワームのカラーってヤツはすごく罪作りな存在でして、各社これでもかって程のカラー展開で商品を販売しています。個人的にはこのようなやり方はユーザーを翻弄し、釣りを難しくするだけのような気がして好きじゃな ...

【フィッシングショー速報】最先端をいくGo-Phish 「のべ竿アジングロッド」&「チヌ釣るやつ」を紹介

LureNewsさんの動画よりフィッシングショー大阪2016に出展された、武田さんのGo-Phish製品紹介動画です。 「チヌ釣るやつ」と「チヌ釣るやつにつけるやつ」は以前コチラでちらりと取り上げてい ...

金丸竜児が教えるハタゲームのあれやこれや

ハタって言うと僕の場合はキジハタしか釣ったことがなくて、それも狙って釣ったわけではなくメバリングのスペシャルゲストとしてご登場頂いたことがあるくらい。 友達には年間通してほぼスズキとキジハタオンリーっ ...

follow us in feedly