Tuesday, July 17, 2018

j3tthmytcy6uoc3on58h-8d933c65


アジングやメバリングといったワームの釣りを楽しむアングラーを悩ませる、フグやベラの猛攻。
柔らか素材のワームだと数投しただけでテールは齧られ、ボディーはボロボロに。
これじゃワームが何個あっても足りませんね…。
今回はそんな悩めるアングラーさんにちょっとした発想の転換で釣りを楽しんでいる石田さんのブログを紹介。
今まで齧られたワームや保管方法が悪くテールが曲がったヤツは捨ててたんですが、この方法ならば役目を終えた彼らにもう一度チャンスを与えることもできるし、お財布にもちょっぴり優しくなれます。
また波動やアクションも変わってくるので、いろいろと試してみるのも面白いかもしれませんね!
テールやボディーにダメージを負ったワームを簡単にポイッとしちゃうのは、もったいないですな。

【モリックス】Molix サターワーム2.5インチ「NEWカラー」[ネコポス:4]
by カエレバ
 

関連記事
サターワームとRAシャッドのカラー解説がとっても親切だと思った件
使用済みワームで楽しむリサイクルフィッシング
ガルプの保管容器とワーム再生について



過去にはこんな記事も

コメントをどうぞ

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]