Monday, July 23, 2018

2ef8cc30

健太郎さんのブログに魚釣りでとっても重要な「釣れる魚の見つけ方」についてのエントリーがアップされているのでご紹介。
「たくさん魚を釣るためには、大きな獲物を釣るためには、もっと上達したいのなら」、良い道具を手に入れるよりもまずするべきことは「釣れる魚」を見つける方法を身につけることです。
目の前に広がる広い海のどこに魚が潜んでいるのか、風や流れなどの自然現象はどのようにして起こり、そして魚たちにどのような影響を与えるのか。
魚釣りはターゲットのことだけではなく、彼らを取り巻く環境に気を配ることができれば、より一層楽しめる趣味です。
魚からベイトへ、そして釣り場とその周辺の地形、さらに釣り場の立地やその付近の環境や気象条件、さらに視野を広げ季節風や海流など。
始めは難しいかもしれませんが、徐々に視点を広げていくと思わぬ発見があったりしますんで、是非心掛けてみてください。
僕もなかなかそこまで考えが及びませんが、風や流れ、地形を意識し始めてから少しづつ釣果も上がりましたんで。

ブリーデン(BREADEN) グラマーロックフィッシュ GRF−TR85「PEスペシャル」 ホウリアイランド
by カエレバ

関連サイト
めばるing 流れと魚の関係 / 風の反転流 / 帰納法

関連記事
「透けているのになぜ釣れる?」 クリアカラーの正体とリブの秘密を解き明かす
このルアー、このカラーだから釣れたの真実
尺超えがヒット! そのドラグ設定って大丈夫?
食おうと思ったけど近くに餌いたからソレ食った





過去にはこんな記事も

コメントをどうぞ

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]