Thursday, November 22, 2018

RIMG0675


出だしからいきなり小汚いプラグの画像で失礼しちゃったんですが、実はこのギガスクリューは僕が長年使っているプラグのひとつなんですな。
んで、上の画像を見てお分かりのようにラインアイの部分とフロント&リアのフックのアイの付け根のサビがボディーに浸透しているのが分かりますね。
これは一番極端なやつを引っ張りだして撮影したんですが、皆さんのプラグのなかにもこんな感じになってるヤツがいると思うんですな。
もちろんこれは毎回使用後にしっかりと水道水で洗って乾燥させているもの。
にも関わらず、やっぱり錆びてきてしまいます。
とくにこの錆がクリアのプラグに出てくるとイヤなもんで、それを見るたびにちょっと不愉快な気持ちになっちゃいます。
ってなワケで今回は、この不愉快極まりない錆の原因とその対処法を紹介しているちゃんまいさんのブログをご案内。
僕とおなじく「付け根のサビが気に入らないのよ!」って方はご覧くださいませ。
100%とは言いませんが、不快な錆の発生がかなり減ると思いますよん。
古いプラグほど塗装が剥げたり弱くなっていると思いますんで、ボディーとアイとの隙間はキッチリと塞ぎましょう。

オフィスアクセル ウレタンコートLRプラス/URETHAN LR+(100ml)
by カエレバ
 

関連記事
サビと木工用ボンドのただならぬ関係とは!?
プラグのお色直しに活躍するカー用品を紹介
ひと手間でルアーの輝きを長持ちさせちゃおう



過去にはこんな記事も

コメントをどうぞ

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]