イラッとする「ハンドル逆回転」を解消するために参考にしたブログをご案内

メバルとアジの情報を主軸に、海のライトゲームの旬をお届けするブログです!

みんなのブログ オススメ 小技・自作

イラッとする「ハンドル逆回転」を解消するために参考にしたブログをご案内

投稿日:


2012102116145372b


先日、愛用の「セルテート フィネスカスタム」が持病の「逆回転現象」を起こしました。
ダイワのリールユーザーを悩ませる、通称「ダイワ病」って呼ばれる困ったヤツです。
懐事情が厳しい庶民派アングラーの僕としては新しいリールを買うのもなかなか難しいので、今ある道具でなんとか釣りを楽しみたいワケです。
そして長年愛用してきたフィネスカスタムを使い続けたいって気持ちもあるんですな。
そんな事情でダイワさんにメンテナンスをお願いしようと思ったんですが、メインで使用しているんで長いこと手元にないのはイヤなんですな。
つーことでGoogleさんに問い合わせたところ、「ふぁんきいさんのブログ」 と 「Red Headsさんのブログ」が参考になったので、おなじ持病を抱えたリールを使うアングラーさんのお役に立てると思うのでご紹介。
リールの分解、洗浄は慣れればそれほど難しくはないですが、素人が弄ると場合によっては調子悪くなることもありますんで、そこんとこはくれぐれも自己責任で。
リールの世界もメンテナンスフリー化が進みテクノロジーの進歩ってのは素晴らしいし有り難いことですが、自分の手で直すことが出来るローテクやアナログってのも、もっと見直されても良い気もしますな。
「便利」ということは、必ずしも良いことではないのです。

タックルメンテナンスの基礎知識(2)
by カエレバ

関連記事
シマノ スピニングリールの分解メンテ動画公開
自分でやりたい人のちょい古リールメンテ講座
メンテのプロが教えるダイワリールの洗い方




過去にはこんな記事も

-みんなのブログ, オススメ, 小技・自作
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

実は美味しい「小場所ランガン」という選択肢

「ワーム+ジグヘッド」というお手軽で楽しい釣りがスタンダードとなって、どれくらい経つんでしょうか? 今や平日の夜でも人気ポイントにはアングラーの姿を見かけ、週末や休日となれば満員御礼的な光景を目にする ...

ちょい重ジグヘッド&太長4インチのバスワームで挑むギガアジングなお話

現在のアジングのスタンダードといえば1g前後のジグヘッド単体で、3インチくらいまでのワームを使うスタイル。 2グラム以上になってくると「重い」ってイメージがあるみたいで、敬遠しちゃう人もいるそうですな ...

4/1実施される「つり環境ビジョン」って何だ?

「つり環境ビジョン」って言葉を初めて目にしたのは、ブリーデンの社長さんとこのブログでありまして、一体何だろう?って思っていたワケですが、いつの間にやら忘却の彼方へ…。んで、本日その記憶が蘇ってきました ...

新フックの尺ヘッドDXをレオンさんが解説

フッキングの良し悪しってのは実は意外とフック形状によることが大きくって、いくらアングラーの腕が良くっても、どーにもならんことだってあるんだと思うのです。 フックはお魚さんとのファーストコンタクトを担う ...

タップクラフトのイカ系プラグが良さ気な件

ネットサーフィン中になんだか艶かしくって、ステキなルアーをみつけちゃったのでご紹介。ツヤツヤしててリアルなこのイカ型プラグはタップクラフトという富山の小さなメーカーさんの商品。ホタルイカパターンがある ...

follow us in feedly