激流ポイントは複数のタックルが必要な件

メバルとアジの情報を主軸に、海のライトゲームの旬をお届けするブログです!

みんなのブログ オススメ スキルアップ テスター

激流ポイントは複数のタックルが必要な件

投稿日:2015年3月24日 更新日:


a5f79eb2


「激流の釣り」ってのは難しいけど実は大好きで、僕がいつも通うフィールドってのは川のような流れが存在するテクニカルなエリア。
だからと言ってちゃんと攻略出来ているのかって言えば、答えは「NO」で何時間も投げてようやくひとつの答えが見つけられ、ポツポツ釣って食べる分だけ持って帰るって釣りをしています。
相棒が居ればいろいろとその場で情報交換しながら、攻略法を探し出してもっと釣れる釣りができるのかも知れませんが、あいにく山道を歩いたり足場の悪い地磯を歩きまわったりするスタイルを好む釣友が側に居ないので、いつも「ぼっち釣行」です。
んで、そんなポイントで釣りするので基本的に身軽なワンタックル釣行になるワケです。
しかし、今回の梶本さんのブログを読んでみて、やっぱり激流エリアってのはワンタックルってのは限界があるんだなと思った次第です。
激流エリアってのは全国的にみても少ないと思いますが、釣りをするには難しくも面白く、そして魅力的な場所です。
そんなポイントに通うアングラーさんは必見の内容ですよん。

★即納★ YAMAGA Blanks (ヤマガブランクス) BlueCurrent TZ (ブルーカレント TZ) 72/TZ 【アジングロッド】【アジング 専用ロッド】〔分類:ルアーフィッシング〕
by カエレバ

YAMAGA Blanks (ヤマガブランクス)Acroba 65LF(アクロバ)”Exact Barrage”(エグザクト バラージ)【バスロッド】【ルアーロッド】【ベイトキャスティングロッド】【ベイトフィネスロッド】

ベイトタックルの選択肢と特化能力の優位性。”立体的軌道伝達能力”と”ゼログラビティフォール”の威力(ショアゲーム編)

暴れ狂う激流攻略方と捕食対象サイズの認識

関連記事
当たり前すぎて気付かなかったジグヘッドの盲点とは?
SWベイトフィネスの可能性と問題点を考察
ボートアジングにおけるベイトフィネスを検証
ソルトベイトフィネスの可能性を探る第3弾



過去にはこんな記事も

-みんなのブログ, オススメ, スキルアップ, テスター
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【フィッシングショー速報】 ライトゲーマー注目の34(サーティーフォー)製品をドビャ!っと紹介

fimoさんの動画に、フィッシングショー2016で収録された34(サーティーフォー)のプロトアイテムや新作を紹介する動画がアップされています。 プロトのミノーやプロトのアジングロッド「DFR-511」 ...

【再掲】ライジャケの膨らみっぷりをタイプ別に紹介

事故ってヤツは突然起きるものでして、何時いかなるときでもその対策はとっておくべきです。 「俺は大丈夫」、「ここは安全」、「みんな居るから平気」などの過信が一番危険。 足場の低い場所でも、転んで頭を強打 ...

全てのアングラーが心に刻むべきこと

最近僕のフィールドである山口県東部でも目にすることが多くなってきた「釣り禁止」。ネット上の釣りブログでもこの言葉を目にする機会が増えてきて、残念な気持ちでいっぱいになる昨今。当サイトでも右側のスペース ...

新発想のシンカーで姿勢も重さも自由にアレンジ

ティムコから、今までにない発想のキャロシンカーがリリースされるようなんで、アジングが大好きなみんなにご報告。 今回紹介する「クオータームーン・システムアジングシンカー」は、球状のウェイトをお好みで入れ ...

流れのあるエリアでボトムを狙う際のJHチョイス法&ワームを変えてフッキング率をアップ

レンジにシビアな魚を相手にする釣りってヤツは難儀なものでして、とくにアジなんかはレンジとジグヘッドの重さ、それにフォールスピードなんかも絡んでくるので厄介ですね。 さらに上記の要素に「流れ」や「風」が ...

follow us in feedly