激流ポイントは複数のタックルが必要な件

メバルとアジの情報を主軸に、海のライトゲームの旬をお届けするブログです!

みんなのブログ オススメ スキルアップ テスター

激流ポイントは複数のタックルが必要な件

投稿日:2015年3月24日 更新日:


a5f79eb2


「激流の釣り」ってのは難しいけど実は大好きで、僕がいつも通うフィールドってのは川のような流れが存在するテクニカルなエリア。
だからと言ってちゃんと攻略出来ているのかって言えば、答えは「NO」で何時間も投げてようやくひとつの答えが見つけられ、ポツポツ釣って食べる分だけ持って帰るって釣りをしています。
相棒が居ればいろいろとその場で情報交換しながら、攻略法を探し出してもっと釣れる釣りができるのかも知れませんが、あいにく山道を歩いたり足場の悪い地磯を歩きまわったりするスタイルを好む釣友が側に居ないので、いつも「ぼっち釣行」です。
んで、そんなポイントで釣りするので基本的に身軽なワンタックル釣行になるワケです。
しかし、今回の梶本さんのブログを読んでみて、やっぱり激流エリアってのはワンタックルってのは限界があるんだなと思った次第です。
激流エリアってのは全国的にみても少ないと思いますが、釣りをするには難しくも面白く、そして魅力的な場所です。
そんなポイントに通うアングラーさんは必見の内容ですよん。

★即納★ YAMAGA Blanks (ヤマガブランクス) BlueCurrent TZ (ブルーカレント TZ) 72/TZ 【アジングロッド】【アジング 専用ロッド】〔分類:ルアーフィッシング〕
by カエレバ

YAMAGA Blanks (ヤマガブランクス)Acroba 65LF(アクロバ)”Exact Barrage”(エグザクト バラージ)【バスロッド】【ルアーロッド】【ベイトキャスティングロッド】【ベイトフィネスロッド】

ベイトタックルの選択肢と特化能力の優位性。”立体的軌道伝達能力”と”ゼログラビティフォール”の威力(ショアゲーム編)

暴れ狂う激流攻略方と捕食対象サイズの認識

関連記事
当たり前すぎて気付かなかったジグヘッドの盲点とは?
SWベイトフィネスの可能性と問題点を考察
ボートアジングにおけるベイトフィネスを検証
ソルトベイトフィネスの可能性を探る第3弾



過去にはこんな記事も

-みんなのブログ, オススメ, スキルアップ, テスター
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【メバル実釣動画】ウッドでもプラでもない、マドネスの柔らか系新作プラグに興味津々

プラグという言葉を聞いて連想するのは、プラスチック製のヤツやバルサ等のウッドのモノを連想するのが、まぁ一般的。 しかしながら、ちょいと異なるマテリアルで独自路線のプラグを作っているメーカーさんもござい ...

もう一度チェックしたい レオン流アジングテク

すでにご存知の方も多いかと思いますが、レオンさんとこのブログにLureNewsのアジング動画を1本に編集したモノがアップされているのでご紹介。 LureNewsの動画ってのはブツ切りが多くて再生に手間 ...

ルアーの視認性を上げる安価でシンプルな方法を伝授

照明のない薄暗い波止や磯、デイゲームでも視認性の低いカラーのプラグなんかを使っているとその存在を見失ってしまうことって結構ありますよね。 これってちょっとストレスでラインを巻きすぎてプラグをティップガ ...

慣れれば1分! 金丸流お手軽FGノットを伝授

ルアーフィッシングのビギナーの前に立ちはだかる難問のひとつに、メインラインとリーダーを結ぶノットがあります。僕も始めたばかりの頃に、本や雑誌の記事を前に何度も何度も練習した思い出があります。対象魚が小 ...

ジグヘッドのフック形状に拘るように、アシストフックも自作して用途別に拘ってみよう

各メーカーさんが発売しているジグヘッドには様々なフック形状が存在します。 それはアジやメバルなどのターゲットの捕食スタイルに合わせていたり、貫通性や耐久性を考慮していたり、簡単にバレないようにしていた ...

follow us in feedly