随一の鋭さを持つJH「レンジクロスヘッド」登場

メバルとアジの情報を主軸に、海のライトゲームの旬をお届けするブログです!

みんなのブログ オススメ タックル

随一の鋭さを持つJH「レンジクロスヘッド」登場

投稿日:2014年11月12日 更新日:


6pnn745oex3kcbdj3zjb-450d52e3
明治25年創業の老舗釣り針メーカーである土肥富さんとこのルアーブランドであるODZから、新型ジグヘッド「レンジクロスヘッド」が発売されます。
日々いろいろとネタ収集をしておりますが、このジグヘッドの存在には全く気が付いていませんでした。
んで、当サイトを見てくださっている方から「素晴らしいジグヘッドが出ますんで、是非紹介してください」ってメールを頂いたんですね。
それで検索して辿り着いたのが、今回紹介するジグヘッドの開発を担当したあおむしさんとこのブログなんですな。
このレンジクロスヘッドですがかなり拘って作られたようで、完成度が非常に高そうな感じ。
とくに注目したいのがフックポイントでして、その鋭さは業界随一ではないかと思われるほどギンギンに研ぎ澄ませれている様子。
たしかに画像を見た感じ、その切っ先は鋭く細くなんの抵抗もなく刺さっていきそうな雰囲気を醸し出しています。
さすが釣り針を120年に渡って作ってきたメーカーだけあって、その職人魂と技術の高さを感じずにいられない、そんな製品に仕上がっているようです。
ジグヘッドのこだわり部分についての詳細はコチラの方に綴られていますんで、じっくりとその作り込みの良さを噛み締めてくださいませ。
ブログ中で製品名が変わっていますが、メーカーさんの事情で名前が変わっただけでおなじ製品なのでご安心を。
土肥富さんって良い製品作ってるのに、あんまり宣伝しないんですねぇ…。
ホント、もったいないですよ!
せめて自社のサイトには掲載するべきかと。

メールをくださったタナカさん、ありがとうございました!


odz レンジクロスヘッド ZH−38−N 1.0g M(4号) NS【釣具のポイント】
by カエレバ

関連記事
ダイヤモンドヘッドから学ぶアジのバイト違い
なぜフックが伸されバレるのか?その理由を解説
光学顕微鏡でのフックポイント画像とその考察




過去にはこんな記事も

-みんなのブログ, オススメ, タックル
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

開発者が語る「Sキャリー」の基本的な使い方

いよいよ発売となったSキャリーですが、今までにない発想で開発されたリグなので、使い方がイマイチ分からないという方が多いとか。今回はそんなニューアイテムの基本的な使い方を開発者である家邊さんが 伝授。せ ...

【フィッシングショー速報】藤原慎一郎がオススメするライトなアイテム「宵姫EX」&「トレモロ」

アングリングソルトのフィッシングショー2016動画より、がまかつインストラクターの藤原慎一郎さんがオススメするライトゲームアイテムの動画です。 藤原さんのイチ押しはアンダー1gのジグヘッドを操るために ...

期待のブランド「34」のWebサイトがオープン!

いよいよアジングマイスター家邊さんの立ち上げたブランド「34」が動き始めるようです。 製品情報のページは今のところありませんが、イベント情報やスタッフ紹介、ブログへのリンクとブランドコンセプトが閲覧可 ...

待望のヴァンキッシュ2000Sの実釣レビュー

先日コチラでお伝えしたken39さんとこのヴァンキッシュインプレ記事。前回のお約束通り、実釣編をアップされているので、皆さんに早速ご報告です。先のブログでのインプレはラインを巻き、グリグリと回した感触 ...

ブルーカレント 66/TZ LTDと77M/Tiをインプレ

近頃気になっているロッドメーカーさんがいくつかありまして、そのひとつにヤマガブランクスさんがあるんですね。 釣りが上手な仲間が使っているっていうのも理由のひとつなんですが、なんというかモノ作りのこだわ ...

follow us in feedly