随一の鋭さを持つJH「レンジクロスヘッド」登場

メバルとアジの情報を主軸に、海のライトゲームの旬をお届けするブログです!

みんなのブログ オススメ タックル

随一の鋭さを持つJH「レンジクロスヘッド」登場

投稿日:2014年11月12日 更新日:


6pnn745oex3kcbdj3zjb-450d52e3
明治25年創業の老舗釣り針メーカーである土肥富さんとこのルアーブランドであるODZから、新型ジグヘッド「レンジクロスヘッド」が発売されます。
日々いろいろとネタ収集をしておりますが、このジグヘッドの存在には全く気が付いていませんでした。
んで、当サイトを見てくださっている方から「素晴らしいジグヘッドが出ますんで、是非紹介してください」ってメールを頂いたんですね。
それで検索して辿り着いたのが、今回紹介するジグヘッドの開発を担当したあおむしさんとこのブログなんですな。
このレンジクロスヘッドですがかなり拘って作られたようで、完成度が非常に高そうな感じ。
とくに注目したいのがフックポイントでして、その鋭さは業界随一ではないかと思われるほどギンギンに研ぎ澄ませれている様子。
たしかに画像を見た感じ、その切っ先は鋭く細くなんの抵抗もなく刺さっていきそうな雰囲気を醸し出しています。
さすが釣り針を120年に渡って作ってきたメーカーだけあって、その職人魂と技術の高さを感じずにいられない、そんな製品に仕上がっているようです。
ジグヘッドのこだわり部分についての詳細はコチラの方に綴られていますんで、じっくりとその作り込みの良さを噛み締めてくださいませ。
ブログ中で製品名が変わっていますが、メーカーさんの事情で名前が変わっただけでおなじ製品なのでご安心を。
土肥富さんって良い製品作ってるのに、あんまり宣伝しないんですねぇ…。
ホント、もったいないですよ!
せめて自社のサイトには掲載するべきかと。

メールをくださったタナカさん、ありがとうございました!


odz レンジクロスヘッド ZH−38−N 1.0g M(4号) NS【釣具のポイント】
by カエレバ

関連記事
ダイヤモンドヘッドから学ぶアジのバイト違い
なぜフックが伸されバレるのか?その理由を解説
光学顕微鏡でのフックポイント画像とその考察




過去にはこんな記事も

-みんなのブログ, オススメ, タックル
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ブリーデンのチタンソリッドティップのメリット&デメリットを解説

毎度おなじみブリーデンの健太郎さんのブログに、チタンソリッドティップのメリットとデメリットを解説しているブログがアップされているのでご案内。 ブリーデンさんとこの新作ロッドのラインナップはなんと13本 ...

大型アジの激ムズローカルパターンを紹介

レオンさんとこのブログに、尺超えサイズのアジについてのエントリーがアップされているのでご案内。 今回レオンさんが紹介しているのは、通常のアジングでは辿り着けない大型アジのパターンでして、かなり難易度の ...

シマノ 15ツインパワーを比較インプレ

最新リールのインプレと言えば、当サイトでは既にお馴染みのいまたろうさんですね。 今回もまたシマノの15ツインパワーのインプレがアップされているのでご案内です。 記事で紹介されているのはツインパワー30 ...

ロックな魚にぴったりなスタッガーワイドにソルト用1.2&1.5インチが追加

結構前にソルトの根魚に使ったら楽しんじゃないかな?って感じでコチラで紹介したハイドアップさんとこのワーム「スタッガーワイド」。 バス用ワームなんですがそのテロテロした動きに僕自身が魅了されて紹介しちゃ ...

冬本番! 寒さに負けないアングラーのためのレイヤード術

いよいよクリスマスがやって来ました。 このイベントが終わった途端に年末感が加速度的に増しまして、年の瀬に突入していきます。 しかしこの冬はまだ「寒くて寒くてブルッっちまうぜ!」っていう日がない気がしま ...

follow us in feedly