Saturday, July 21, 2018


原点回帰というか、そのシンプルさゆえの奥深さなのか、最近ではジグヘッド単体の釣りが見直されています。
そしてその主役であるジグヘッドは現在、各メーカーから釣るための性能に磨きをかけられた製品が数多くリリースされ、あらゆるシチュエーションの釣りに対応できるようになっています。
一方、ワームの進化も目覚ましくカラーや素材、フォルム、サイズ、フォーミュラーなどにこだわり、これまた魚の捕食本能を刺激する高性能なモノたちがたくさんラインナップされています。
一見、この 高性能かつ高機能な二者の組み合わせは普通に釣れるし、死角など存在しないと思われがちですが、実はそこに隠された盲点があることにお気づきの方がいったいどれほどおられるのでしょうか?
この盲点に気がついていらっしゃるのかどうかはわかりませんが、たまにこの部分を解消するチューンを施したジグヘッドを紹介されているブログを見受けますが、この度紹介する梶本さんとこのエントリーほど鋭く、そして詳細に検証している記事は見たことがありません。
基本的にものぐさアングラーの僕ですが、これからはちょいとひと手間加えたジグヘッドで釣りをするのも面白いかなぁって思っています。
とくに自作派の方には試行錯誤というお楽しみがプラスされるので、是非ご覧くださいませ。
あっ、そうそう、メーカー関係者の方もこのエントリーはチェックしといたほうが良いかも。
コチラでは動画も紹介されてますんで、気になる方は是非ご覧ください!


スポンサードリンク

スポンサードリンク


過去にはこんな記事も

コメントをどうぞ

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]