Wednesday, November 14, 2018

ポッキンさんとこのブログに新技が公開されているので、ワーム大好きっ子のみんなにご案内です。
今回アップされているのは、以前コチラで紹介した ワームの刺し方によるチューニング方法「リップス」のバルキースクリューバージョン。
スクリューテールグラブを使ったものよりも波動が大きくなり、そのアクションはエビや小魚チックになるんだとか。
リトリーブだけでなくダートさせてもOKということなんで、流行りのワインド釣法にも使えますな。
ツンツンとダートさせて、フォールでプルプルってのが良いかも。
ほかのワームでも、いろいろと試してみるのも楽しいかと。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



過去にはこんな記事も

Comments are closed.

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]