エギの原型「薩摩烏賊餌木」のルーツを探る

メバルとアジの情報を主軸に、海のライトゲームの旬をお届けするブログです!

オススメ 動画

エギの原型「薩摩烏賊餌木」のルーツを探る

投稿日:2013年5月12日 更新日:



そもそもエギングというスタイルの釣りが広く浸透しメジャーになる前までは、エギング専用ロッドというものはなく、シーバスロッドで餌木をキャストして釣っていました。また、エギも現在のようなに沈下スピードを細かく選べたり、ダートに特化したような製品はなく、カラーも少なくシンプルだったように思います。PEラインだって、それほど普及していなかった、そんな記憶があります。僕がルアーに興味を持ち始めた頃のお話なんで記憶が定かではないのですが、それでも楽しく釣りができていた大らかな頃のエギングはこんな感じでした(笑)
現在、僕らアングラーが好んで使っているエギはプラスチック素材のモノが多く、それにテープやらカラフルな布系素材が巻かれたヤツが一般的ですね。もともと漁具として生まれた餌木が、ルアーフィッシングの道具としてのエギに至るまでの短期間の変化と進化には、眼を見張るものがあります。今回はそんなエギのルーツを探る動画がシマノさんとこにあったので、ピックアップしてみました。知的好奇心旺盛なエギングファン必見の動画でございます。
しかしこうやって「薩摩烏賊餌木」って書かれると、なんだか食べ物っぽいね。 ご贈答に「薩摩烏賊餌木」みたいなw



スポンサードリンク

スポンサードリンク

過去にはこんな記事も

-オススメ, 動画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自宅でも出来る 超簡単ゴアテックスのメンテ法

先日Twitterでレオンさんがリツイートしていた、革製品などのクリーニング専門店 HANAKOYAさんとこのブログが、ちょいとアングラーさん向きの役立つ情報だったのでピックアップです。 ロッドやリー ...

生粋のアジング好きがフィッシングショー2017でチェックしたアジングロッドを紹介!

いつもアジング関係のネタやアジングロッドのインプレをアップしている矢野さんが、フィッシングショー2017でチェックしたアジングロッドを紹介しているのでご案内。 ブログで紹介されているのは、ちょいとマニ ...

「その手があった!」と感激した お手軽な自作チヌリグのネタを紹介

近頃、チヌゲーアイテムの進化具合ってのがすごくって、「またやってみようかなぁ…」って思い始めているのです。 しかし、どうしても根掛かりに対する恐怖心やストレスが先行してしまって、なかなか踏ん切りが付か ...

こんな使い方があったんだ! 「S.P.M 55」でバーチカルプラッギング

「プラグは巻いて泳がせて使うもの」プラグの釣りを楽しんでいる人だったら大抵はそう考えているはず。 しかし今回紹介する古賀さんのブログは、バーチカルなプラッギング。 「メタルジグならわかるけどプラグで? ...

流れのあるエリアで実力を発揮するベイトタックル使い方講座

当サイトでは以前からちょこちょことベイトタックルに関する話題を紹介してきましたが、今回また梶本さんのブログにベイトタックルの利点について書かれた記事がアップされているのでご案内です。 普通に防波堤なん ...

follow us in feedly