Sunday, December 16, 2018

シラスミノーと言えば、メバリングがライトゲームの定番として認知され始めた頃に登場した息の長いプラグですね。今もなお売れ続けていることからも分かるようにその性能は折り紙付きで、釣りウマのルアーケースの中には大抵その姿が確認できます。最近のメバリングプラグと比べると飛距離で劣りますが、魚を魅了する能力は最新鋭プラグを凌駕する事も少なくなく、「困った時のシラスミノー」的に切り札ルアーとして使う方も多いようです。本日はそんなシラスミノーのインプレをみったんさんとこのブログでどうぞ。



by カエレバ

関連記事
釣れ筋アイテム「シャローマジック」をインプレ
魅惑のメバリングプラグvol.1
魅惑のメバリングプラグvol.2
藻からぶち抜く! カバーメバリングのすすめ



スポンサードリンク

スポンサードリンク

過去にはこんな記事も

コメントをどうぞ

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]