Tuesday, September 25, 2018

スイミングレンジとバイトの深さの関係

Posted by tomoshow On 2月 - 21 - 2013


ゴールデンミーンのテスターを務める加地さんとこのブログに、ちょっと気になる記述があったのでご紹介。
サラリと書かれている友人との釣行記ですが、その釣りの濃さは濃厚過ぎて羨ましくなっちゃうほど。さり気な~く、ベテランのメバリストもびっくりしちゃうほどのサイズを釣っているあたりが流石です。が、注目して頂きたいのは他にもありまして、後半の3枚のメバルの画像が本日のメインディッシュ。 魚の反応は良いのになかなか乗らなかったり、針掛かりしてもすぐにバレちゃうってことありますね。その原因は様々なんですが、そのうちのひとつが今回取り上げているケース。ちょっと工夫するだけで、ヒット率もキャッチ率も変わってきてしまうあたりが、釣りの面白いところ。もどかしいけれど、答えを合わせをしていく釣りってのも、やっぱり楽しいんですな!


関連記事
シンペンを駆使してバチメバルを攻略しちゃおう
加地武郎が伝授する磯の尺メバルタクティクス





※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

過去にはこんな記事も

コメントをどうぞ

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]