忘れがちな灯台下暗し的ハニースポットを再確認

メバルとアジの情報を主軸に、海のライトゲームの旬をお届けするブログです!

オススメ テスター

忘れがちな灯台下暗し的ハニースポットを再確認

投稿日:2013年1月27日 更新日:



しんどい仕事が終わり車やバイクを転がし、または自転車とか混みあった電車なんかに乗って釣り場に着くとテンションが上がります。もうワクワクが止まらないワケです。そして僕たちは目の前に広がる海原に向かってストレスを解消するかのごとくキャストし、リールの巻き心地を噛み締めながら、ラインから伝わるルアーの引き抵抗と魚信に癒されるワケです。そしていつしかキャストを繰り返していくうちに沖目のヨレや流れ、藻場や岩場に意識は向かっていきます。「もっと沖へ、遠くへ、深い場所へ」となぜか自分のいる場所から離れたポイントにキャストしまいます。しかし、ここでスイッチを切り替えて、視点を変えることを忘れちゃいけません。今回はつい忘れてしまう、見逃してしまう美味しいスポットのお話。どんな時でもチェックしておきたい、防波堤の基本のポイントです。



スポンサードリンク

スポンサードリンク


過去にはこんな記事も

-オススメ, テスター
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

フィールドスタッフが語る長いワームの利点

アジングって釣りが進化していく過程で現れ、現在ではスタンダートとなっているロングワーム。 いつ頃からリリースされて、最初に出したのがどのメーカーかは覚えていませんが、長いワームを見た時は正直使う気がし ...

PEのラインシステムの回収率についての考察

PEラインを使う上で避けては通れない「ラインシステム」、僕なんかは夜のライトゲームでの結束が正直面倒なので、現在ではほとんどフロロを使うようになってしまいました。もちろんデカイ獲物を狙いたい時やエギン ...

【フィッシングショー 2017速報】 シマノの「スコーピオンDC」など新型ベイトリール4機種をズラッと紹介

釣報さんが『フィッシングショー 2017 横浜』のシマノブースから新型ベイトリール4機種を紹介。 動画で紹介されているのは「スコーピオンDC」、「スコーピオンBFS」、「カルカッタコンクエストBFS」 ...

フックカバーをする理由と、その収納場所

フックカバーをされている方ってあまり見かけなくて、たまに遭遇すると几帳面な人なんだなぁと思う程度でその理由を深く考えたことありませんでした。整理整頓が苦手な僕も昔は使ってましたが、脱着の手間が掛かるの ...

TICT スラムUTR-75のプロトを動画で解説

現在TICTさんとこで開発が進められている、「スラム UTR-75caro-TOR」のプロトモデルを松浦さんが解説。 キャロ用にセッティングされたチューブラートップのロッドで、深場からでも金属的なアタ ...

follow us in feedly