Thursday, October 18, 2018


当サイトでもちょこちょこと取り上げているウキ系リグ「Sキャリー」。フロートリグの派生型の仕掛けではあるものの、その性格は遠投重視である今までのフロートリグとは全くの別物。今回は開発者である家邊さんが、その違いと使い方を解説されているのでご紹介。新たなコンセプトのアイテムなので、とくにビギナーさんには分かり難いかもしれません。今ひとつピンと来ないって方は今回のエントリーを是非読んでみてくださいませ。
極軽量のジグヘッドを「あとちょっと遠くに投げられれば…」の「ちょっと」の部分を実現する、「プチ遠投リグ」 とでも申せばよろしいのでせうか?


スポンサードリンク

スポンサードリンク


過去にはこんな記事も

コメントをどうぞ

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]