流れ攻略のキモ 「無抵抗状態」を感じ取る

メバルとアジの情報を主軸に、海のライトゲームの旬をお届けするブログです!

みんなのブログ オススメ テスター

流れ攻略のキモ 「無抵抗状態」を感じ取る

投稿日:2012年9月28日 更新日:



どんな魚でもそうですが、水が動いていない状態だと反応が悪く、総じて活性が低い。この水流こそが釣りの勘所なワケでして、それをいかに読み、感じ、攻略していくかによって釣果が違ってきます。エサにしてもルアーにしてもそうですが、この流れを上手く利用して自然にリグやルアーを魚たちの目の前にアプローチ出来ればしめたもの。あとは魚の本能に任せるのみ。って文章にすれば至って簡単ですが、実際に流れのあるエリアで釣りをするとなるとコレが意外に難しく、慣れていないとリグやルアーがどんな状態にあるのか把握できません。今回は流れに上手く乗せた時、同調させた時に、どの様にそれが手元に伝わるのかってコトが書かれている34スタッフブログを紹介致します。
つーか、「考えるな、感じろ ~ Don't think, feel. 」ってことなワケです。


関連記事
スプールから出るラインで潮流の変化を探す小技
ビギナーからの脱却「反転流」を意識しよう
アジを見つけるための「レンジと潮目の関係」

 






※ランキングに参加しております。記事が参考になりましたら、下のバナーへクリックをお願い致します。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ GyoNetBlog ランキングバナー

過去にはこんな記事も

-みんなのブログ, オススメ, テスター
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

下糸不要! ライン交換の際に役立つ裏技を伝授

ライン交換の際にスプールに下糸を巻いてる方って多いと思うんですね。メーカーやラインの種類によっては太さも違うし、巻いている長さもいろいろあってベストの巻き量を掴むのって大変です。余ったラインなんかを巻 ...

スマホ時代のアングラー向けタフネスデジカメ

デジカメやらモバイル端末やらが日々進化していくなかで、僕たちアングラーの楽しみ方も変化してきています。 つい数年前まで考えられなかったことがデジタル技術の進化と普及によって可能となり、個人がリアルタイ ...

ワンランク上のビッグサイズと出会うために

海にしても川にしてもそれほど大きくはならないけれど、釣ったら一目置かれるサイズの目安として「尺」という区切りがあります。約30cmという大きさですが、なぜかそのサイズに1cm満たないだけでも扱いが変わ ...

アジングマイスターのジグヘッド必釣講座

アングリングソルトの動画より、家邊克己さんによるジグヘッド単体のテクニック動画です。 ちょっと前まで一般的にアジングといえば、ライトなキャロライナリグかスプリットリグがスタンダードでした。しかし極細の ...

クロススリットのシートを利用して、レイアウト自由なルアーケースにカスタムしちゃおう!

パゴスさんとこのブログに、レイアウトを自分好みに変えられるルアーケースのカスタマイズがアップされているのでご案内。 当サイトではルアー収納ネタをチョコチョコ紹介しておりますが、今回のカスタムルアーケー ...

follow us in feedly