Sunday, June 24, 2018


以前からちょこちょこ紹介しているアブガルシアのニューロッド「エラディケーター シリーズ」。そのメバル用である「メバルカスタム」の製品ページが、オフィシャルサイトに追加されたのでご紹介。このロッドの開発にはオヌマンこと小沼正弥さんが関わっており、開発に3年という月日が掛けられた逸品だそうで、「手のひらにも満たないメバルも全てフッキングに持ち込めないと気が済まない」という氏のコダワリが凝縮された製品なんだとか。ちなみに「エラディケーター」とは「根絶する者」という意味だそうで、その名前からもこのロッドのキャラクターが伺えますな。ちょっと物騒なネーミングですが、あくまでもイメージなんで小沼さんのコダワリ共々、勘違いなされぬように(笑)
ちなみに製品の画像は、ゲンキマンさんとこのブログ「八武海」からお借りしております。こちらもエラディケーターの記事ですので、ご覧になられてくださいな。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


過去にはこんな記事も

コメントをどうぞ

【ハタゲーマー必見】 ロック野郎の嗜み キジハタのエア抜き方法を動画で解説

マグバイトさんのオフィシャル動画に、テスターの伊藤さんが解説するキジハタのエア抜き動画がアップされているのでご案内。 ここんとこずっとソルト業界ではキジハタゲームから端を発した「ハタゲーム」が盛り上がっており、メーカーか […]

山口県 30cm未満のキジハタを捕獲禁止に

キジハタ(アコウ)といえば言わずと知れた高級魚で、「幻の」なんてキャッチフレーズがつくほど有難がられるお魚ですね。ルアーフィッシングの世界でも最近ではいろいろとメソッドが確立されてグッと身近な存在となり、そのファイトと食 […]